眉のコリを放置すると、顔の左右差など色々なマイナスを引き起こすことも…😥💦
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

肩や首がこるように、眉周辺の筋肉もこることをご存じですか?

肩と比べて眉はこっていても気づきにくいため、こりを放置しがちですが、実は眉がこっていると色々と不都合なことが…

そこで今回は、眉のコリがもたらすデメリットと、コリをとる眉マッサージ方法をご紹介します。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4145.JPG




■眉のコリを放置すると左右差につながる

眉のがこっている状態とは、眉付近の筋肉がガチガチにかたくなっている状態。

眉付近の筋肉の動きが悪くなり、
眉の高さに左右差が出てしまうことも。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4148.JPG

また、眉付近の筋肉の動きが悪くなることで、まぶたも開きづらくなり、目が小さく見えてしまうことも…。

眉のコリは自分では気づきにくいので、週に1~2回はマッサージする習慣をつけるのがおすすめです。



■15秒でできる簡単眉マッサージ

眉マッサージはとてもシンプル。

親指と人差し指で眉を挟み、グッと圧迫します。

これを眉頭~眉尻に向かって
3~4ヶ所程度ずらしながら行います。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4151.JPG

一回3セットでOK。
私は夜のスキンケア後に行っています^ ^


マッサージを動画でも撮ってみたので、
こちらも是非ご覧ください。




goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter