朝にやるとメイクが崩れやすくなる、NG行動を3つご紹介🙌🏻💦
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

夏は特に汗や皮脂分泌が盛んになるため、メイク崩れしやすい時期。

メイクの持ちをよくするには、朝のスキンケア&メイクの方法がとても大切です。

そこで今回は、メイクが崩れやすくなってしまう朝のNG行動をご紹介します。



■メイク崩れを招くNG行動3つ

NG1:保湿不足

_var_mobile_Media_DCIM_192APPLE_IMG_2130.JPG

肌は水分やうるおいが不足すると皮脂分泌が盛んになり、メイク崩れしやすくなります。

朝は肌がひんやりするまで
念入りに保湿することが大切。

また、「夏はべたつくから乳液を使わない」という人もいらっしゃいますが、肌の水分やうるおいを守るためにも、乳液は使用してください^ ^

※乳液の役割があるオールインワン化粧水や
日焼け止め乳液、下地等を使用されている場合は不要です。


NG2:スキンケア後すぐにメイク

_var_mobile_Media_DCIM_192APPLE_IMG_2127.JPG

スキンケアの後すぐにメイクをするのはNG。

スキンケア直後は化粧品が肌になじみきっておらず、肌表面が化粧品の油分でペトペトしていることも。

そんな状態でベースメイクをはじめると、ファンデーションがズルズル上滑りして密着しにくくなったり、メイクがヨレやすくなったり、崩れやすくなったりしてしまいます。

スキンケア後は朝食を食べたりして化粧品を肌になじませてからメイクをはじめるのがおすすめです。

ただ、「そんな時間ない!」という人は、ベースメイクをはじめる前にティッシュで顔全体を軽くおさえると、肌表面の油分をティッシュが吸い取ってくれます。

_var_mobile_Media_DCIM_192APPLE_IMG_2129.JPG

ただし、ティッシュは吸収率が高いため、おさえすぎると肌表面の油分や皮脂をとりすぎてしまうこともあります。

軽く一回オフする程度にとどめておくのがポイントです。


NG3:暑い部屋でメイクする

_var_mobile_Media_DCIM_192APPLE_IMG_2126.JPG

体を冷やさないために冷房は極力使わない…という人もいるかと思います。

冷えは健康・美容の大敵のため、体を冷やさないことはとても大切。

ただし、汗がにじむほど暑い部屋にいるということは、皮膚表面の温度が上がっている状態。
毛穴も開きやすいです。

そのため、メイク崩れしやすく、メイクの毛穴落ちも引き起こしやすくなります。

メイクをするときは、体が冷えない程度の心地よい室温にしておくのがオススメです。


この他、外出中にテカリが気になったときはすぐにあぶらとり紙で余分な皮脂をオフすることも大切。

テカリを放置すると皮脂とメイクが混ざり合ってどんどんメイク崩れが加速するので、テカッてきたらすぐにオフすることもメイク崩れを防ぐポイントです。


次回は夏におすすめの、崩れにくいベースメイク方法をご紹介します^ ^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter