眉頭の描き方を変えるだけで、やさしい顔立ちをつくることができるんです☝🏻✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

「やさしそうな顔に見せたい」そんなときは眉メイクを変えてみるのがおすすめ!

ほんの少しのコツで、やわらかな表情に見せることができます^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_190APPLE_IMG_0951.JPG

そこで今回は、やさしい顔を作る眉メイクをご紹介します。



■意識すべきは眉頭の位置!

まず、何よりも意識したいのが眉頭の位置。

左右の眉頭同士が近いとキリリと意思が強い顔立ちに、

左右の眉頭同士が離れていると肩の力が抜けたような、やわらかな顔立ちになります。

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1068.JPG

やさしい顔に見せたいときは、眉頭が目頭の真上にくるようにするののがポイント。

それより内側には、眉メイクをしないようにします。

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1067.JPG

もし眉頭の毛が濃くて眉メイクをしなくても主張する場合、不要な毛を軽くカットしてもOKです。

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1065.JPG



■やさしい顔を作る眉メイク手順

(1)眉下ラインを床と平行気味に描く

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1072.JPG

やさしい顔に仕上げたい場合、
眉に角度のない平行眉がおすすめ。

眉下ラインを床と平行気味に描きます。
(平行+2度くらいが理想)

ペンシル、パウダー、どちらを使ってもOKです。


(2)眉山~眉尻をつなげる

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1066.JPG

眉山~眉尻をつなげるように描きます。
眉山はなだらかになるように描くとより顔がやさしく見えます。

これもペンシル、パウダーどちらでもOK。


(3)目頭の真上~眉山をつなげる

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1069.JPG

(1)と平行になるように、目頭の真上~眉山をパウダーでつなげます。


(4)輪郭の内側に色をのせる

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1070.JPG

パウダーで(1)~(3)で描いた輪郭をぼかしながら、内側にも色をのせます。


(5)眉頭を描く

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1071.JPG

目頭の真上にブラシをおき、眉尻の方向にスライドさせて色をのせます。

目頭よりも内側にパウダーをのせないことが重要です。

このときパウダーは取りなおさず、(4)で使用したブラシに残ったパウダーをなじませる程度でOK。

仕上げにスクリューブラシで眉頭をしっかりぼかします。


(5)眉マスカラで眉色緩和

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1073.JPG

仕上げに眉マスカラで眉色を緩和させます。

黒々とした眉色がほんの少し緩和するだけで表情がやわらかく見えます。

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1074.JPG


これで完成。

_var_mobile_Media_DCIM_191APPLE_IMG_1075.JPG


簡単にプロセスを動画でも撮ってみましたので、是非こちらもご覧ください^ ^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter