私が描きやすいと感じた眉ブラシを5つご紹介💁‍♀️✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

眉メイクの仕上がりを左右するアイブロウブラシ。
前回はアイブロウブラシの選び方をご紹介しました。


今回はそれらのポイントを踏まえ、私が描きやすいと感じたブラシを5つご紹介します。(順不同)

_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9028.JPG



■1:シュウ ウエムラ/ブラシ 6 OB N

_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9032.JPG

「小回りヘッドで細部まで美しく描ける」
◆ヘッドの大きさ・・・4.5mm  
◆肌当たり・・・ソフト
◆素材・・・合成毛

《こんな人におすすめ》
・眉を細部まで美しく仕上げたい
・きれいめのきちんと眉に仕上げたい

私が長年愛用しているこのブラシ。
最大の特徴はヘッドが小さいこと。

小回りがきき、眉尻も眉頭も繊細に描き足すことができるので、ピンポイントで眉の微調整をしやすいです。

適度なコシがありラインが描きやすく、
肌当たりもよいです。

_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9033.JPG

毛先のおさまりがよく、
長く使っても毛先がバラつきません。

左右非対称の眉を細かく調整するときは
このブラシがおすすめ。

_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9031.JPG

ただし、こちらはヘッドが小さいので、地肌部分に描く面積が大きい人はもう少しヘッドが大きいものを選んだ方がよいです。

その方が、少ない回数で眉に色をのせることができます。



■2:ディオール/バックステージ アイブロウ ブラシ ダブル

_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9026.JPG

「シルクのようななめらかな描き心地」
◆ヘッドの大きさ・・・6mm  
◆肌当たり・・・ソフト
◆素材・・・馬

《こんな人におすすめ》
・やわらかで自然な眉に仕上げたい
・眉尻を細めに仕上げたい

毛先がやわらかくしなやかで、
肌に吸い付いてくるような描き心地。

適度なコシがありつつ肌当たりはソフトで、
眉尻もキュッと細く描けます。

_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9027.JPG

描いた眉の輪郭が際立ち過ぎず、
パウダーが肌に溶け込むような仕上がりに。

_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9029.JPG

やわらかでふわっとした眉に
仕上げたい人に特におすすめです。  

地肌部分への色ののりはソフトなので、地肌に描く面積が多い人は、眉ペンシルとの併用がおすすめです。



■3:エスティ ローダー/ダブル ブロー ブラッシュ

_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9030.JPG

「羽のようなやわらか感触でふわふわ眉に」
◆ヘッドの大きさ・・・6.5mm  
◆肌当たり・・・ソフト
◆素材・・・ナイロン

《こんな人におすすめ》
・ふんわりやわらかな眉に仕上げたい
・肌が刺激に敏感な人

毛先がとてもやわらかく、まるで羽で描いているようななめらかな描き心地。

描いたラインが出にくく、パウダーが肌に溶け込むようなふんわりとした眉に仕上がります。

_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9035.JPG

今回おすすめする中では、一番輪郭が出ないカジュアルなふわ眉に仕上がります。

_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9037.JPG

そのため、きちんと眉に仕上げたいときは眉尻をペンシルで描くなど、アイテムの併用が必要です。

また、スクリューブラシはかなり硬いので、別で用意した方がよいかと思います。



文字数の関係でこれ以上のせられなかったので、続きはこの後ご紹介します!



goodbye with a smile. ☺︎



◆『眉メイクセミナー無料ご招待企画』実施中!
詳しくは以下をご覧ください^ ^

【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter