汗や皮脂で眉メイクが落ちちゃった…そんなときはこのお直し方法がオススメ😊‼️
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

これから暑くなる時期は汗や皮脂の分泌が盛んになり、「気づいたら眉メイクがとれていた」という人も多いはず。

そこで今回は、キレイに仕上がる眉メイクのお直し法をご紹介します。

_var_mobile_Media_DCIM_187APPLE_IMG_7872.JPG


■まずは土台のケアから!

眉メイクがはげていたとき、
すぐに上から描き足すのはNG。

皮脂や汗とまざりあって眉メイクがムラになりやすかったり、色がのりにくかったりします。

そこで、まずは表面の余分な皮脂をとることが大切。

あぶらとり紙でテカッている部分を一度優しく押さえると、不要な皮脂のみとりさることができます。

_var_mobile_Media_DCIM_187APPLE_IMG_7873.JPG


次にメイク崩れしている部分にフェイスパウダーを軽くなじませ、肌表面を整えます。

_var_mobile_Media_DCIM_187APPLE_IMG_7870.JPG

このときメイク崩れしていない部分は  
特に触る必要はありません。



■お直しはペンシルで部分足し!
「眉底」を描き足すと目ヂカラUP

_var_mobile_Media_DCIM_187APPLE_IMG_7871.JPG

消えた部分を描き足すときは
先が細めのペンシルがおすすめ。

眉尻をはじめ、消えた部分のみピンポイントで描き足します。

そしてこのとき眉の底辺である「眉底」を軽いタッチで描き足すのがおすすめ。

眉底に改めて色がのることで目と眉の距離が縮まって見え、目ヂカラがアップします。

_var_mobile_Media_DCIM_187APPLE_IMG_7869.JPG

「お昼過ぎるとだんだん顔が疲れてくる…」
そんな人は是非メイク直しで眉底を描き足してみてください。

眉全体がキレイに見え、
目もイキイキとして見えます^^

_var_mobile_Media_DCIM_187APPLE_IMG_7872.JPG


眉は皮脂分泌が盛んなので、
メイク崩れしやすいパーツ。

定期的に鏡を見てテカッてきたと思ったら、
あぶらとり紙でサッと皮脂を押さえると眉メイクの持ちがよくなります^ ^

是非試してみてください。


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter