私のUVアイテムのひとつ、紫外線97%カットする「貼る日焼け止め」をご紹介🌞🕶
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

これからグングン強くなる紫外線。

私は35歳を過ぎたあたりからシミや肝斑が気になりはじめたので外出時の紫外線対策は入念に行っています。

できてしまったシミは、「薄くする」ことと「濃くしない」の両方を意識することが大切。

濃くしないための鉄壁アイテムとして、昨年から取り入れているのがフィルムタイプの貼る日焼け止め。

『FIRMOR』のUVブロックフィルム

_var_mobile_Media_DCIM_185APPLE_IMG_5850.JPG

7ミクロンという極薄の透明フィルムで、
紫外線を97%カットしてくれるそう。

大小2サイズ展開で、
場所によって使い分けできます。

Mサイズ: 1.5㎝
Lサイズ: 2.3㎝

_var_mobile_Media_DCIM_185APPLE_IMG_5851.JPG

普段のお出かけや仕事のときは日焼け止め+日傘や帽子ですが、

BBQ、海、プールなど紫外線の影響を受けやすい
環境で長時間屋外で過ごすときは、シミが気になる部分のみこちらを使用しています。

また、家の中でも窓から紫外線が入ってくるため、
家ですっぴんで過ごすときは日焼け止め+気になる部分にこのフィルムを貼っています。


手軽で便利で面白いアイテムなので、
今回は頬のほくろをシミに例えて使い方をご紹介します^ ^


①貼る部分の油分をオフ

スキンケア→日焼け止めまで塗ったら、先を水で濡らしためん棒でシミとその周辺の油分をオフします。

_var_mobile_Media_DCIM_185APPLE_IMG_5852.JPG


②フィルムを貼る

シミ部分にフィルムを貼ります。

_var_mobile_Media_DCIM_185APPLE_IMG_5859.JPG

ピンクの持ち手部分から、
ゆっくり台紙を剥がします。

_var_mobile_Media_DCIM_185APPLE_IMG_5853.JPG

こんなかんじです。

_var_mobile_Media_DCIM_185APPLE_IMG_5854.JPG

光りの加減によってはフィルムが分かりやすくなることもありますが、かなり肌になじんで目立ちにくいです。

ちなみにこの上からファンデーションを重ねるとこんなかんじに。

_var_mobile_Media_DCIM_185APPLE_IMG_5855.JPG

ファンデーションを重ねると、先程よりもフィルムの境目がやや分かるようにはなります。

ちなみにパウダー、リキッド、クッションと重ねるファンデーションを変えて試してみたところ、

リキッドかクッションが馴染みやすかったです。

_var_mobile_Media_DCIM_185APPLE_IMG_5856.JPG

ただ、リキッドはスポンジでポンポンするとフィルムの上のファンデーションがとれてしまうことがあり、私は普段クッションタイプを使用しています。


上記で使用したのは小さいMサイズ。

大きめのシミや、シミが密集している部分には
Lサイズがおすすめ。

Lサイズならシミをコンシーラーでカバーした上から使用できます。

_var_mobile_Media_DCIM_185APPLE_IMG_5857.JPG

ただ、Lサイズの方が貼っている部分が目立ちやすいかな…と思います。

_var_mobile_Media_DCIM_185APPLE_IMG_5858.JPG

と、こんなかんじで

ピンポイントで気になるシミや肝斑はこちらでしっかりUV対策しています^ ^

極うすフィルムなので貼っていても目立ちにくいのですが、間近で見るとフィルムが分かるので、家の中や、ちょっとそこまでのお買い物、家族との屋外レジャーのときなどに使用しています。

日焼け止めは塗りムラが心配になったり、塗り直し問題も発生しますが、こちらは貼るだけで「97%紫外線カット」という安心感があります。


ちなみに貼るところを動画で撮ってみたので、よろしければこちらもご覧ください💁‍♀️↓




気になった方はチェックしてみてください^ ^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter