2ヶ所意識するだけで、眉を左右バランスよく見せることができます😊✌🏻
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

眉メイクのお悩みで最も多いのが
「左右対称に描けない」というもの。

"左右対称に描く"と聞くと難しそうに思えますが、いくつかコツを掴むだけで、誰でも眉を左右バランスよく見せることができます。

_var_mobile_Media_DCIM_182APPLE_IMG_2482.JPG

そこで今回は、眉を左右バランスよく描く秘訣をご紹介します。



■鏡は大きめ!顔全体に光が当たる場所で

まず左右バランスよく仕上げるには、
メイクする環境が大切です。

まずは鏡。

常に左右の眉が確認できるよう、
顔全体が映る大きめの鏡を
使用することがポイントです。

次にメイクする場所。

光りの当たり方が左右異なると
骨格や眉色が左右異なって見えるためNG。

_var_mobile_Media_DCIM_182APPLE_IMG_2440.JPG

左右の顔に同じように光が当たる
明るい場所がおすすめです。



■ポイントは眉頭と眉山!

左右のバランスをとるためには、
「眉頭」と「眉山」が大切。

まずチェックしたいのが眉頭。 

左右の眉頭が揃っていると
それだけで左右のバランスが良く見えます。

_var_mobile_Media_DCIM_182APPLE_IMG_2483.JPG

逆に左右の眉頭の高さや形がチグハグだと、

他の部分がどれだけ合っていても
バランスが悪く見えてしまいます。

_var_mobile_Media_DCIM_182APPLE_IMG_2566.JPG

眉頭のチェックポイントは以下3つです。

・左右の眉頭の高さが合っているか
・中心からの距離が同じか
・左右の眉頭の角度が同じか

_var_mobile_Media_DCIM_182APPLE_IMG_2481.JPG

上記3つを確認し、異なっている場合は不要な部分を眉はさみでカットしたり、

逆に足りない部分はアイブロウパウダーで少しずつ描き足して調整したりするとよいです。


次にチェックすべきは眉山の位置。
 
眉山の位置がズレていると、
左右の眉の長さが変わってしまいます。

眉山は「なんとなく」ではなく、
より具体的に位置を決めます。

例えば先に描いた方の眉山を見て、
「黒目と目尻の間」「目尻の真上」など、

具体的な位置を把握し、もう片方も眉山を同じ位置に持ってきます。

_var_mobile_Media_DCIM_182APPLE_IMG_2484.JPG

慣れるまではペンシルで目安の位置に
印をつけておくと分かりやすいです。


「眉全部を左右対称に…」
と考えると難しそうに思えますが、

眉頭・眉山の位置を合わせるだけで十分左右の眉をバランスよく見せることができます。

_var_mobile_Media_DCIM_182APPLE_IMG_2482.JPG

また、描き進める際に「右の眉山~眉尻を描いたら、左も同じところまで描く…」など左右同時進行に描き進めるとよいです。

是非試してみてください^ ^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter