どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

前回までは眉頭の理想の位置や
角度についてご紹介してきました。

今回はいよいよ眉頭メイク編。

眉メイクの際に
「眉頭をどうしてよいか分からない」
という人も少なくないため、

今回は自然に見える
眉頭メイクについてご紹介します。

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7059.JPG




■眉頭は「整える」ことから意識すべし

眉頭は描けば描くほど
不自然に仕上がってしまうため、

必要最低限の眉メイクで済むように
眉カットの段階で左右バランスよく整えることが大切。

カットの際に意識すべきポイントは以下3つ。

①高さ
②中心からの距離
③形

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7058.JPG

これら3つが左右同じに
なるように整えることが大切です。

眉頭のはじまりの位置や
角度については以下をご覧くださいませ^^





■眉頭を描くのは最後

眉頭から描くとパウダーの色が
しっかりのりすぎてしまいがちなので、

眉メイクで眉頭を描くのは一番最後。

眉頭は眉尻や眉中を描いた後、
ブラシに残ったパウダーをなじませる程度でOKです。


このとき意識したいのが眉ブラシの角度。

描きたい眉頭の角度を意識して
その形に合わせてスタンプするようにブラシをのせます。

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7065.JPG

その後、眉中に向かって横にスライド
させるように色をなじませます。

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7066.JPG

このようにブラシを使用することで
眉頭の角度を決めやすくなります。


そして仕上げにスクリューブラシで
鼻側に数回ぼかすとより肌となじみ、

自然に仕上がるのでおすすめです。

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7060.JPG

これで完成!

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7061.JPG



■3:足りない部分はパウダーやリキッドで足す

眉頭の高さや形が左右異なる場合は、
アイブロウパウダーやリキッドで足りない部分を描き足します。

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7063.JPG

アイブロウパウダーで描き足すときは
パウダーを少しブラシにとり、
ブラシを床と平行にして持ちます。

眉頭→眉山の方向へスライドさせるように
色をのせていきます。

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7056.JPG

描いた後はスクリューブラシで
鼻側に軽くぼかすことも忘れずに!

眉下頭を描き足したいときも
同様の方法で行います。

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7064.JPG


アイブロウリキッドは、

足りない部分に一本一本
自然に毛を描き足すことができます。

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7062.JPG


リキッドで描き足した後、

2:の手順で眉頭メイクをすると
自然に仕上げることができます^^

_var_mobile_Media_DCIM_157APPLE_IMG_7051.JPG


眉頭は眉の中でも
顔の印象を左右する重要な部分。

眉メイクの際はこれらを参考にしてみてください^ ^



【関連記事】

goodbye with a smile. ☺︎



◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』

(法人のお客様専用になります)