どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

眉の中でも、
顔の印象を特に左右するのが眉頭。

だからこそ眉頭の描き方で
損をしてしまっている人も多数。

そこで今回はよく見かける
残念眉頭メイクを5つご紹介します。



■NG1:左右の高さが異なる

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6475.JPG

左右の眉頭の高さが異なると、

それだけで左右の眉が
チグハグに見えてしまいます。

眉カットで眉の高さを整えたり、
足りない部分は描き足したりして、

左右の高さを合わせることが大切です。



■NG2:左右の形が異なる

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6477.JPG

眉頭の形も大切なポイント。

左右異なっていると
バランスが悪く見えてしまいます。

左右同じような形になるように
カットしたり描き足したりしてみてください。



■NG3:描き過ぎ

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6476.JPG

眉頭は描けば描くほどベタッとした
海苔眉に見えてしまいます。

眉メイクで眉頭を描くのは一番最後。

眉尻や眉中を描いた後、
ブラシに残ったパウダーをなじませる程度でOK。

仕上げにスクリューブラシで
鼻側に数回ぼかすとパウダーが肌となじみ、

自然に仕上がるのでおすすめです。

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6478.JPG



■NG4:角度が90度以上の強過ぎ眉頭

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6479.JPG

眉頭の角度ひとつで
顔の表情がガラリと変わります。

女性の場合、
眉頭の角度は45~80度が理想的。

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6474.JPG

90度にしてしまうと
凛々し過ぎる表情に仕上がったり、
険しい表情に仕上がったりすることも。

〜80度を目指すのがオススメです。

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6481.JPG



NG5:眉頭が丸い

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6485.JPG

眉頭が丸いと垢抜けない印象に…

眉頭は斜めにすると洗練された雰囲気になり、
眉頭と鼻筋と自然につながるので
目鼻立ちがハッキリして見えます。

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6484.JPG

45~80度の角度を意識して
斜めになるようにしてみてください。



これら5つに当てはまった人は
これから少し意識してみてください^ ^

次回からは、
自然に仕上がる眉頭メイクのポイントを
3記事にわたりご紹介させていただきます!



goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)