どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

眉メイクの色が明るすぎる人や
自眉が薄いのに描き足していない人は要注意。

見た目で損をしてしまうことも!

そこで今回は、

薄眉が引き起こす可能性がある
4つのデメリットをご紹介します。


■1:顔がぼてっと大きく見える

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5883.JPG

眉色が薄すぎると顔全体がぼやけて見えます。

その結果、顔が膨張して見えたり、
顔がのっぺり平面的に見えたりしやすくなってしまいます。



■2:老けて見える

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5884.JPG

年齢を重ねると髪が白髪になったり
毛髪の量が減ったり、
髪の毛が細くなったりするように、

眉毛も白髪になったり毛量が減ったり、
一本一本が細くなったりして
眉が薄くなって見えがちです。

眉を薄くするということは、
この状況を自ら作り出しているということ。

実年齢よりも老けて見えやすくなってしまいます。



■3:幸が薄く、不健康に見える

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5883.JPG

眉は意思を表すパーツ。

眉色が薄くなると顔から意思や覇気が
感じられなくなり、

幸が薄く不健康に見えることも…。



■4:表情が乏しく見える

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5885.JPG

眉は表情を作るパーツでもあります。

怒っているときは眉がつり上がり、
悲しいときは眉が下がります。

そんな眉の存在感が薄くなるということは、
喜怒哀楽の表情が乏しく見えることも…。



このように、

薄眉は顔が大きく見えたり
表情が乏しく見えたり、

見た目で損をしてしまう可能性が高いです。


眉は髪色よりもワントーン明るい色が理想的。

極端に明るく薄くしすぎず、
髪色とバランスがとれる色味を使用してみてください^ ^



goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)