どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

昨日に引き続き、
眉マスカラの色選びのコツをご紹介します。

_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4973.JPG



◼︎3:アイカラーに合わせて選ぶ

髪色が極端に黄みや赤みがかっていない
ブラウンやベージュの場合は、

アイカラーに合わせて眉マスカラの
色を選ぶのもおすすめ。


眉と目は近い距離にあるため、

色の系統が互いに異なっていると
チグハグ感が生まれてしまいます。

_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4975.JPG

アイカラーと眉色を合わせると
統一感が出るのでおすすめです。


アイカラーがゴールドやカーキ等
黄みよりの色合いの場合、

眉メイクアイテムも黄みよりの
イエローブラウンやアッシュ系が似合います。

アイカラーがピンクブラウンやボルドー等
赤みよりの色合いの場合、

眉メイクアイテムも赤みよりの
ブラウンやピンクブラウンが似合います。

_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4977.JPG


特に気をつけたいのがブラウンのアイカラー。

同じブラウンでも黄味よりか
赤味よりかによって色が異なるため、

髪色・眉色と同系色を選ぶのがポイントです。

_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4974.JPG

黄み・赤みよりの眉マスカラを
それぞれ手元に置いておき、

その日のアイカラーによって
使い分けるのもよいかと思います^ ^



眉マスカラで有名な『キスミー ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ』のパッケージの裏側にはこのようなチャートが記載されています。

_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4976.JPG

このようにパッケージや店頭にチャートが
記載されている場合も少なくないので、

それらを参考にするのもオススメです。



◼︎4: イメージに合わせて「質感」も選ぶ!

さらに、眉マスカラは色だけでなく
質感も重視したいところ。

特にパールタイプとマットタイプでは
仕上がりイメージが大きく異なります。

_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4978.JPG


過去記事で詳しくご紹介しているので、

なりたいイメージやシーンに合わせて
選んでみてください~。




これらを参考に、
眉マスカラを楽しんでみてください!



goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(3月2日発売 / KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)