どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

眉メイクアイテムの中でも
主流となりつつある眉マスカラ。

眉メイクの仕上げに使用すると
眉色が緩和することから、
「あか抜ける」と人気を集めています。


しかし眉マスカラは種類が多く、
色が違うだけで仕上がりもこんなに違います。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2198.JPG


どのような色が自分に合うのか
分からないという人も少なくありません。

そこで今回は、自然に仕上がる
眉マスカラの色選びをご紹介します。



◼︎1:髪色の「明るさ」を参考にする

眉色は髪色よりワントーン明るい色になると
自然に見えるので、

まずは髪色の明るさを参考に、
眉マスカラの色の明暗を選びます。


髪色が明るめの人は眉マスカラの中でも
やや明るめの色から選ぶのがポイント。

髪色が暗めの人は、
やや落ち着いた色からを選ぶのがポイントです。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2200.JPG



◼︎2:髪色の「色味」を参考にする

髪と眉は近い位置にあるため、
髪色と眉色の系統が異なると違和感を生みます。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2201.JPG

そこで眉メイクアイテムや
眉マスカラの色を選ぶときは、

髪の色味を加味することも大切です。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2204.JPG


黄みが強いブラウンの髪色の人は、

ライトブラウンやイエローブラウン、
アッシュ系のブラウンの眉マスカラが似合います。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2202.JPG


赤みが強いブラウンの髪色の人は、

ナチュラルブラウンやピンクブラウン、
オレンジブラウン等のあたたかい色の眉マスカラが似合います。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2203.JPG


このように、

髪色が黄みよりか赤みよりかを判断し、
眉マスカラの色を選ぶのがポイントです。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2199.JPG


「髪色がイマイチ分からない」
「黄みも赤みも強くない」という人は、

ナチュラルブラウンやライトブラウンの
記載があるものを選ぶとよいです。

誰でも似合いやすい平均的なブラウンを
ナチュラルブラウン・ライトブラウンという
位置づけにしているメーカーが多いので、

迷ったときはこれらを選ぶと失敗が少ないです^ ^



その他、

アイカラーを参考に選ぶ方法もあるので
続きは明日後編でご紹介します!



goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(3月2日発売 / KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)