どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

今人気の眉メイクのひとつが
ヌケ感たっぷりの"ふんわり眉"。

ナチュラルでやわらかな質感が、
大人カワイイ魅力につながります。

_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1203.JPG

ただ、簡単そうに見えて
意外と簡単ではないのがこのふんわり眉。

輪郭がくっきりし過ぎてしまったり
ふんわり感が出なかったり…。


実はそんな人におすすめなのが
チップタイプのアイブロウパウダー。

_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1209.JPG

誰でも簡単にふんわり眉に
仕上げることができます^ ^

そこで今回は、

チップタイプを使用した
ふんわり眉の作り方をご紹介します。



◼︎チップタイプで輪郭ふんわり!

チップタイプには先がやわらかな
クッションになっているものと、

リップグロスのチップのように
ややしっかりしたものがあります。

_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1204.JPG

クッションタイプはやわらかな感触で、
自眉をなぞるようにして色をのせると
ふわっと色がのります。

ややしっかりしたチップタイプは、
色をのせたい部分にピンポイントで
色をのせることができます。


どちらを使ってもふんわり仕上がりますが、

チップタイプの方がパウダー自体が
きめ細かく軽いため、
仕上がりのふんわり感が出やすいです。



眉メイクの際はまず眉の形に沿って
中心部分に色をのせます。

_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1205.JPG

その後、パウダーを取り直さず、

チップで上下のアウトラインを
ぼかすように色をなじませます。

_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1206.JPG

これで完成!

上下をぼかしたことでホワッと
膨張効果が生まれ、

ふんわり感のある眉に仕上がります。

_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1207.JPG
※使用したのは『CANMAKE』のもの



眉尻をはじめ、
眉が一部生えていないという人は、

パウダーだけでメイクしようとすると
色がのりづらいので、

先にリキッドアイブロウで
毛を描き足してからパウダーをのせると
自然に仕上がります^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1208.JPG
※使用したのは『INTEGRATE』のもの



今回使用したアイテムは以下です。

◆クッションタイプ
→『INTEGRATE』
ビューティーガイドアイブローN BR671

◆ややしっかりしたチップタイプ
→『CANMAKE』
クイックエアリーアイブロウ 02


ふんわり眉が難しい…という人は、
是非チップタイプを使ってみてください^ ^



goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(3月2日発売 / KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)