どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

自分で自分の顔を見るときは
正面から見ることがほとんどですが、

人からは横顔の方が見られてるため、
横顔も意識したいところです。


横顔の美しさの決め手となるのが眉尻!

キュッと細くくびれた眉尻は、
横顔を魅力的に見せてくれます。

そこで今回は、眉尻をキレイに描く
コツについてご紹介します。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6941.JPG



◼︎キレイな眉尻を描くコツ

(1)先が細いペンシルを使用する

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6935.JPG

眉尻をキュッと細めに仕上げるには
アイブロウペンシルを使用するのがおすすめ。

繰り出しタイプのアイブロウペンシルには
先が太めの楕円形のタイプと、
アイライナーのような細めのものがあります。

これは後者の細めタイプの方がよりオススメ。

眉尻を細めに描きやすく、
形の微調整がしやすいです。


また、鉛筆タイプは先が丸いと
眉尻が太く仕上がってしまうので、

使用前に少し削って細くするとよいです。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6940.JPG


(2)先が細いブラシを使用する

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6936.JPG

パウダーのみで眉メイクする人は、
先が細くコシがあるブラシを使用するのがオススメ。

どのような線が描けるかは
ブラシによって異なります。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6937.JPG

太くやわらかなブラシだと
眉尻がボサッと太く仕上がりがち…。

キュッとくびれた細い眉尻を描くには
先が細くコシがあるブラシがオススメです。


(3)綿棒で微調整する

「眉尻のラインが太くなってしまった」
「眉尻のラインがガタガタに…」

そんなときは綿棒の出番です!

鉛筆を持つように綿棒を持ち、
先で不要な部分を削り取ります。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6938.JPG


何度も少しずつ…ではなく、

一度でグッと余分な眉メイクを
取り去るようにすると上手くいきます。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6939.JPG


これらを参考に、

是非毎日の眉メイクで
眉尻も意識してみてください^^



goodbye with a smile. ☺︎




◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(3月2日発売 / KADOKAWA)