どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

眉は顔の印象をガラリと変えるパーツ。

それだけに、眉の描き方ひとつ間違えると
実年齢よりも老けて見えてしまうことも…。

そこで今回は、
老けて見える残念眉を3つご紹介します。


◼︎老けて見える眉の特徴3つ



老けて見えがちな眉の特徴は、
大きく分けて以下3つです。


(1)眉が全体的に細過ぎる



眉は太めに描くと快活で若々しい印象に、
細めに描くと色気が出て大人っぽい印象になります。

ただし、細くし過ぎはNG。
大人っぽいを通り越して老けた印象に。

眉の太さは目の縦の幅の半分以上は
保つようにするのがおすすめです。





(2)眉色が薄過ぎる



最近は一部の女性の間で
薄眉が人気を集めています。

「目が大きく見える」とも言われていますが
薄くし過ぎるのは逆効果。
目ばかりが目立ち、不自然な印象に。

また、眉色が薄すぎると顔がぼやっと見え、
顔にメリハリがなくなってしまいます。

弱々しく見えたり、不健康に見えたり、
若さがなくなって見えたりもします。



眉は髪色よりワントーン明るい色を目安に
描くのがポイントです。



(3)輪郭をハッキリ描き過ぎる



ペンシルで輪郭をハッキリと描き過ぎると、
明らかに「描きました!」という眉になってしまいます。

最近は自眉を活かしたナチュラル眉が
人気を集めているだけに、

輪郭クッキリの眉は"古い・時代遅れ"だと
思われてしまいがちです。


特に眉中、眉頭はペンシルを使わず、

アイブロウパウダーを眉毛と眉毛の隙間を
埋めるようにのせるだけで十分。



輪郭を描き過ぎてしまった場合は、

スクリューブラシで2~3回ぼかしてあげると
自然に仕上がります。



以上、
老けて見える眉を3つご紹介しました。

是非参考にしてみてください~^^



goodbye with a smile. ☺︎