どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

今回は自然に見える
基本的な眉の描き方をご紹介します〜。


ざっくり言うと、ポイントは以下です。

・ペンシルとパウダー両方使う
・描きやすい方の眉から描く
・眉山から描きはじめる
・眉尻、眉頭でパウダーを使い分ける
・眉頭を揃える

本当はナイショにしたい眉テクです

それでは早速、
描き方のポイントをご紹介します



①描きやすい方の眉から描く

眉の形は、もともと左右生え方が違う人がほとんど。

形が気に入っている方や
描きやすい方から描きはじめ、

もう片方の眉を先に描いた眉の形に
合わせるのが一番失敗しにくいです。


②眉山から描きはじめる

アイブロウペンシルで眉山を作ります。

眉山の位置は「なんとなく」ではなく
「目尻から少し内側の真上」など、

より具体的に決めて描くと、
左右の眉山の位置が合いやすくなります。



次に、その流れで眉尻まで描きます。

眉山〜眉尻は徐々に細くすると
格好よい仕上がりになります。



眉が生えていない部分がある場合は、
このタイミングで描き足しておきます。


③パウダーで毛と毛の隙間を埋める

次に、眉山〜眉尻にアイブロウパウダーをのせます。

今回私はKATEのアイブロウパウダーの
中間色を使用しました。



コシのある方のブラシを使用し、
②で描いたペンシルのラインをぼかすように色をのせます。



眉山〜眉尻に色をのせたら
パウダーを取り直し、

眉山〜眉頭手前まで毛と毛の隙間を
埋めるように色をのせます。


④眉頭は薄い色のパウダーを使用

眉頭は濃い色で描いてしまうと
顔の印象が強くなり過ぎてしまうので、

③のブラシに残ったパウダーで
毛と毛の間を埋める程度で十分。


仕上げに眉頭に薄い色のパウダーを軽くのせます。

パウダーの一番明るい色を使用し、
柔らかい方のブラシでふんわりと色をのせています。



この工程をはさむだけで眉頭の色が柔らかくなり、一気に垢抜けるのでオススメ!

この手順でもう片方の眉も描きます。


⑤左右の眉頭を合わせる

意外と気にする人が少ないのが眉頭。
でも実は眉頭こそ大切な部分。

左右の眉頭の高さや太さが違うと、

他が合っていても左右チグハグに見えてしまうんです…なんたる悲劇だ!


そこで最後に
左右眉頭の高さや太さをチェックして、

異なる場合は眉をカットしたり、
足りない部分を描き足したりして、

左右の眉頭を合わせるのがポイント。



これで完成〜。


以上、きほんの眉の描き方でした。

やってみると意外とカンタンです!
是非一度試してみてください〜。



goodbye with a smile. ☺︎ 





◼︎Instagram

◼︎執筆媒体
小学館 美容情報サイト『美レンジャー』