月別アーカイブ / 2019年10月

メイクを全部変えなくても、リップの色ひとつで特別感を演出できるんです💄✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

昨日は友人とランチを楽しみました。

ハロウィンということもあり、簡単なヘッドアクセでプチ仮装を楽しむことに。

ただヘッドアクセをかぶるだけでは「特別感」がなかったので、鮮やかなピンクのリップをチョイス。

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7762.JPG

普段つけることのない高発色のリップは、一気に非日常的な空気を作り出してくれます。

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7771.HEIC

私が使用したのは、
KATE/カラーハイビジョンルージュ PK-4

パキッとした青みピンク。

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7758.JPG

真っ赤な口紅よりもポップで
遊び心が感じられる仕上がりに。

こういう挑戦カラーも、
プチプラ価格だと手にとりやすいです。

ちょっとしたイベントやパーティーで黒ワンピースやモノトーンコーデを着るときも、この印象的なピンクが合いそうだと思いました^ ^


青みピンクなのでアイカラーは
ブラウンではなくグレーをチョイス。

眉はアッシュブラウンで。

唇の印象が強いので、
眉は輪郭をハッキリ描きすぎないように。

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7763.JPG

メイクを変えなくても、リップの色味ひとつ変えるだけで特別感が生まれるので、

ハロウィンをはじめとしたイベントではリップの色も意識してみるのがおすすめです。


ちなみに逸材も一生懸命オバケのような「怖い顔」をしていました。

逸材なりの怖い顔↓

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7764.JPG

٩( ᐛ )و



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

ヘア、指先、服…初対面でズボラ認定されやすい4つのNG項目をご紹介🙌🏻💦
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

人の第一印象は出会って数秒で決まると言われており、そのほとんどが見た目の印象で決まります。

初対面で好印象を持たれる人もいれば、「あれ?この人ズボラ?」とあまりよくない印象を持たれてしまう人も。

そこで今回、メイク講師や企業でのマナー講師の経験を踏まえ、ビジネスジャーナル様にて「初対面でズボラ女子認定されやすい4つのNG」をご紹介させていただきました。

記事はこちらから↓

初対面で「ズボラ女子認定」される4つのNG…メイク、ヘア、ファッション、ネイル
人の第一印象は出会って数秒で決まるといわれており、そのほとんどが見た目の印象です。初対面で好印象を持たれる人もいれば、「あれ? この人ズボラ?」とあまりよくない...
biz-journal.jp


特に「顔の額縁」とも言えるヘアスタイルや、
洋服のシワなどは人の目につきやすいので要注意。

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7654.PNG

そして仕事の打ち合わせや、友人と食事を楽しむときなど、意外と見られているのが指先。

指先がきちんとしている人は「手入れが行き届いた人」という印象にうつるので、私も普段から指先のケアは特に意識しています。


是非ご覧くださいませ^ ^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

ゾンビメイクの完成度を左右するのは…実は眉なんです🎃👻
・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

明日はハロウィン本番。
様々な仮装を楽しむ人も多いかと思います。

ここ数年人気なのがゾンビメイク。

実はゾンビメイクの完成度を高めるには、眉メイクがとても重要なんです!

そこで今回は、昨年ご好評いただいた「ゾンビになりきる眉メイク」を再掲載させていただきます^ ^


◼︎眉の存在感を薄くするのがカギ

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7749.JPG

ゾンビとは"生ける屍"であり、
喜怒哀楽がなく無感情なのが特徴です。

眉は人の表情を作るパーツであり、
喜怒哀楽を表すパーツのため、

ゾンビになりきるときは
眉の存在感を消すのがポイント。

眉の存在感が薄まることで
"何を考えているのか分からない"
不気味な雰囲気になります。

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7751.JPG

逆に眉がしっかりしていると
人としての意思が感じられるようになり、

ゾンビとしての完成度が低くなってしまいます。


眉が濃くない人は、
眉を描かず、ファンデーションを眉の上に
しっかりのせると存在感が薄くなります。

眉がやや濃い人は、
かなり淡い色の眉マスカラで眉色を消したり、眉の上にコンシーラーをのせて指で軽くぼかし、その上からファンデーションやパウダーを軽くのせると存在感が薄くなります。

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7750.JPG

同時に、コンシーラーの上からお粉をしっかりのせるとゾンビのような粉っぽいボソボソ肌を演出できます。

眉の存在感が薄くなるだけで顔に覇気がなくなり
不健康でゾンビらしくなります。

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7749.JPG

今年のハロウィンで
ゾンビメイクを楽しむときは、

是非眉も意識してみてください^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_197APPLE_IMG_7752.JPG

goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

↑このページのトップへ