月別アーカイブ / 2019年09月

GU&UNIQLOコーデ☺︎ bonnsylph様との16,000円コラボダウンが今年も再販決定😂✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4801.JPG

UNIQLO & GUコーデ。

Tシャツとデニムというラフな組み合わせも、
ベルトをするときちんと感が出ます^ ^

ちなみにベルトもGU。
GUのベルトは手頃な価格で種類も多いので、よく購入しています。



昨年『bonn sylph』様とコラボさせていただいたショート丈のダウンジャケット。

今年も同じデザインの発売が決定し、本日から一週間だけ先行予約販売になります^ ^

色はネイビーとベージュ。
価格は16,000円(税別)です。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4802.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4803.JPG

軽くてあたたかいのに着膨れせず、
かなりコンパクトなシルエット。

ショート丈は自転車にも乗りやすく、
スカートコーデにも合わせやすいです。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4804.JPG

詳細&ご注文は以下になります。


昨年売り切れで購入できなかったという方から、再販のリクエストを多数いただいたとうかがい、とても嬉しくなりました^ ^

今年も多くの方に着ていただけると嬉しいです。


goodbye with a smile. ☺︎



tops: #UNIQLO
cardigan: #UNIQLO
bottoms: #GU
bag: #tottie
(height: 162cm)



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

女性らしいふんわり眉を描くのにピッタリの眉パウダーをご紹介😊✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

「やわらかで女らしい雰囲気に仕上げたい」そんなときは眉の描き方を変えるのがおすすめ。

優しい雰囲気に仕上げたいときは、
眉もふわっとやわらかに描くことが大切。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4740.HEIC

今回そんな「やわらかで女らしい雰囲気」を作るのにピッタリの眉パウダーを見つけたのでご紹介させていただきます^ ^



■ほんのり血色を感じるレッドブラウン

今回ご紹介するのは、フーミー/アイブロウパウダー(+ red brown)。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4736.JPG

A.アッシュ系のブラウン、
B.深いレッドブラウン、
C.淡いピンクの3色のパレット。

ブラシは太ブラシと細ブラシの
2種類ついています。


女らしさを醸し出したいときは、ほんのり赤みが感じられるレッドブラウンがおすすめ。

顔に血色がプラスされ、
顔立ちをやわらかく見せてくれます。


以下の手順で眉メイクしました。

①太ブラシで眉全体に色をのせる

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4734.JPG

AとBを5:5の割合でブレンドし、太ブラシで眉全体にざっくり色をのせます。

このときブラシを小刻みに左右に動かしながら眉頭手前~眉尻に向かって色をのせるのがポイント。

眉頭は最後にブラシに残ったパウダーをなじませる程度でOK。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4739.JPG

こちらの太ブラシはコシとやわらかさのバランスがよく、輪郭が際立ちすぎずふんわり眉に色をのせることができます。


②細ブラシで描き足し

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4735.JPG

細ブラシにAとBを同じようにとり、色のりが甘い部分や形の微調整したい部分を描き足します。


③眉下にピンクをぼかす

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4738.JPG

太ブラシにCのピンクをとり、眉下ラインをぼかすように色をのせます。

眉下ラインがほわっと自然にぼけ、
眉にやわらかさが出ます。

また、淡ピンクのパウダーで血色が加わることでより女っぽい目元に。


これで完成。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4737.JPG

ほのかに赤みが感じられる
レッドブラウンは使いやすい色。

ブラウンやボルドーといった
秋カラーのトップスとの相性も抜群。

太・細ブラシも使い勝手がよく、
やわらかな眉が描きやすいです^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4740.HEIC

Aのアッシュブラウン系を単体で使うこともできるので、色々な眉メイクを楽しめるパレットだと思いました。


使用動画も撮ってみたので、
是非こちらもご覧ください。


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

SNSでも人気、フーミーの眉ブラシ🙌🏻短時間でラフなナチュラル眉が描けます😊✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも美眉アドバイザーの玉村です。

今若い世代を中心に、SNSで人気を集めている眉ブラシがフーミーのアイブロウブラシ。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4689.JPG

誰でもナチュラルな眉が簡単に描くことができると言われているこのブラシ。

今回私も試してみました^ ^



■安定感のある描き心地の太ブラシ

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4688.JPG

こちらのブラシは熊野筆。
適度なコシがあり、肌あたりはとてもよいです。

ヘッドはかなり大きめ。

私が普段使用しているスックのものと比べると、ヘッドの大きさがかなり大きいことが分かります。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4687.JPG

眉頭に当ててみるとこんなかんじ。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4693.JPG

太く大きいブラシなので、一度でざっくりと一気に眉を描くことに適している反面、

小回りがきかないので繊細に描き足したり、眉を微調整するのは難しいです。

そのため、こちらのブラシは「ざっくりとしたラフな眉を描きたいとき」「時短である程度自然な眉を描きたいとき」などにおすすめになります。



■短時間でナチュ眉を描く手順

まずブラシにパウダーをとり、眉頭手前からブラシをジグザグと小刻みに動かしながら眉尻に向かって色をのせていきます。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4690.JPG

ブラシに残ったパウダーを眉頭になじませたら完成。

一度でざっくり全体に色をのせることができるので、片眉10~20秒程度で仕上がりました。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4692.JPG

ブラシがしっかりパウダーを含むため、パウダーを何度も取り直さなくても一回でキレイに色がのりました。

また、ブラシに適度なコシがあり、安定感のある描き心地のため、高いテクニックがなくてもそれらしい自然な眉に仕上がります。

ただし、やはりブラシが太い分、眉尻がボサッと太くなったり、眉頭~眉尻がすべて同じ太さになったりも…。

そこで私は描いた後に、綿棒やスクリューブラシで眉尻をはじめとした部分の形の調整を行いました。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4694.JPG

これで完成。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4691.JPG

使用動画も撮ってみたので、
是非詳細はこちらをご覧ください。



短時間でラフな眉が描けるというのが
このブラシの魅力だと思いました。

よかった点、気になった点それぞれありましたので、感想を以下にまとめます^ ^


【よかった点】
・一度でざっくり眉全体を描ける
・短時間でナチュラルな眉が描ける
・安定感のあるブラシで、テクニックがなくても描きやすい
・自然な太眉を描きたいときには○
・ラフな眉を描きたいときには○

【気になった点】
・ブラシが太く、小回りがきかないので
眉の微調整や細かい描き足しができない
(描いた後に他のブラシやペンシルで微調整が必要になることも)
・ブラシが太く、眉尻がボサッと太くなる
・ブラシが太いため眉頭が描きづらい
左右対称に描くことが難しい
・きれいめ眉、きちんと眉を描きたいときには×

きれいめ眉やきちんと感のある眉を描きたいときはこれ一本だと厳しいかな…と思いますが、

休日や忙しい朝に、細かいことは気にせず短時間でパパッと眉をそれらしく仕上げたいときはとても活躍してくれるアイテムだと思います。

お値段も手ごろなので、気になった方は是非試してみてください^ ^


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

↑このページのトップへ