月別アーカイブ / 2018年12月

コーデに困った日の必殺ブラック💪‼️ 逸材が黙々と釜めしを作っていました😦
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7326.JPG

コーデを考える時間がないときは…
必殺「上下ブラック」のワントーンコーデ!

モジモジくんにならないように、
ベルトをしてメリハリを出しています^ ^

バッグはモコモコのフェイクファー。
触って癒されています。



アンパンマンミュージアムにはお店やさん気分を味わえるブースもあり、子どもたちで賑わっていました。

bcRnOMFs73.jpg

逸材は“かまめしどん”の
釜めしを作るエリアにハマっていて、

繰り返しコンロの火をつけたり
消したりして遊んでいました。

_var_mobile_Media_DCIM_176APPLE_IMG_6957.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_176APPLE_IMG_6956.JPG

…もはや職人の顔w


goodbye with a smile. ☺︎



coat: #bonnsylph
tops: #UNIQLO
bottoms: #gu

bag: #tottie



◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)

簡単キレイに仕上がるアイシャドウのぼかし方をご紹介😊✨ 動画もあります🙌🏻
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。 

眉レッスンやメイクレッスンでよく耳にするお悩みが"アイシャドウのぼかし方"に関するもの。

「そもそもぼかし方が分からない」
「上手くぼかせない」
「どれをどの範囲にぼかすか迷う」

といったお悩みを持つ人も少なくありません。


そこで今回、小学館が運営する女性に嬉しいライフスタイル情報サイト『kufura』にて、

私が普段から取り入れている簡単でキレイに仕上がるアイシャドウのぼかし方」をご紹介させていただきました。

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7368.JPG

ポイントはのせる場所やのせる色によって使用アイテムを変えること。

今回は効率よくキレイにぼかすために、
"指"を効果的に使用しています。





ちなみに、

アイシャドウは「何でのせるか」によって仕上がりが変わります。

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7371.JPG

ふわっとやわらかく色をのせたいときは
「アイシャドウブラシ」で。

ツヤやかに見せたいときは「指」で、

しっかりハッキリ色をのせたいときは
「アイシャドウチップ」がおすすめです。

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7372.JPG


使う場所や範囲に合わせて
メイク道具の使い分けをしたり、

仕上げたい理想の雰囲気にあわせて
使い分けをしたりするのもおすすめです。

是非試してみてください^ ^


goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)

眉ブラシを洗わずに使うとデメリットが…😱 簡単な洗い方もご紹介😊✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

アイブロウパウダーをのせるときに
使用する眉メイクブラシ。

「買ってから一度も洗っていない」
という人も多いのではないでしょうか。

しかし眉ブラシは洗わずに使い続けるとデメリットが生じることも…。

そこで今回は、汚れた"汚ブラシ"を使い続けることで生じるデメリットをご紹介します。



■汚ブラシを使うデメリット2つ

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7358.JPG

眉ブラシはつい洗わずに
使い続けてしまいがちですが、

洗わずにずっと使い続けることで
以下のようなデメリットが生じることも。

・ブラシに余分なパウダーや皮脂、ホコリがこびりつき、眉メイクがムラになりやすくなる

・ブラシに菌が繁殖しやすくなり、使い続けると眉ニキビの原因になることも

眉ブラシは汚れていないように見えても、実は結構汚れています。

一ヶ月に一度は洗いたいところです^ ^



■簡単ブラシの洗い方

天然獣毛はデリケートなため、専用クリーナーを使用するなどお手入れも慎重に行う必要がありますが、

市販の眉パウダーの付属ブラシや人口毛のブラシであれば、洗顔石鹸で簡単に洗うことができます。

洗顔石鹸はできるだけ無添加のものを使用するのがおすすめです。


洗う手順は以下です。

(1)ブラシと石けんを水で濡らし、ブラシで石鹸の表面をなでるように泡立てる

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7351.JPG


(2)指でブラシを優しく揉み洗いし、ぬるぬる感がなくなるまで水洗いする

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7350.JPG


(3)タオルで軽く挟み、水気を拭き取る

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7352.JPG


(4)タオルの上に置いて乾かす

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7353.JPG

乾いたときにバサバサにならないよう、
必ず毛並みを整えてから乾かします。

ブラシの先が出るように置くと
早く乾くのでオススメです^ ^


スクリューブラシを洗う場合は、

ブラシに絡まっている汚れやほこりを
まずティッシュで軽く取り去ります。

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7354.JPG

次に塗らした手に石鹸をなじませ、

塗らしたスクリューブラシを
やさしく揉み荒いします。

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7355.JPG

その後は眉ブラシと同様です。


「もっと簡単にケアしたい」という人には
スプレータイプのクリーナーもおすすめ。

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7357.JPG

イプサのメイクブラシクリーナーは、スプレーしてティッシュで汚れをふき取るだけというお手軽さ!

速乾性に優れていて、使用後すぐに眉メイクすることも可能です。

私は3日に一度のペースで
ブラシ表面をササッとキレイにしています。

_var_mobile_Media_DCIM_177APPLE_IMG_7359.JPG

ただし、ブラシ内に入り込んだガンコな汚れはこれだけでは落としきれないので、

やはり一ヶ月に一度は洗顔石鹸や専用クリーナーでお手入れするのが理想です。



このように、ブラシは意外と簡単に洗えるので、
一年のメイク汚れをスッキリ掃除してみてください^ ^


goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)

↑このページのトップへ