月別アーカイブ / 2018年05月

UNIQLO×トーマス・マイヤーのワンピースが可愛い😍 金沢のレッスン後は実家でのんびり☺️
・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9085.JPG

久しぶりにワンピース。
UNIQLO×トーマス・マイヤーのもの。

生地はシースルーで
星の砂のような柄が控えめで可愛い^ ^

ウエストは紐で絞り加減を
調節できるようになっています。

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9086.JPG

クラシカルなデザインがたまりません^ ^



金沢でのレッスンの後は、
祖母の家で束の間の休息。

公園でのびのび遊んできました。

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9089.JPG

私の父母にたくさん遊んでもらい、
逸材は終始楽しそうでした^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9090.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9087.JPG

こんなに楽しそうだったのに、

帰宅後に写真を見返したところ
信じられない表情を浮かべた一枚が…

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9088.JPG

試合に負けた選手かと思ったw


goodbye with a smile. ☺︎



one-piece: #UNIQLO
bag: #GU



◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)

金沢で念願の「金箔ソフト」を食べてきました😍見た目のインパクト大‼️‼️
・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


金沢でのメイクレッスン後、

念願だった箔一様の
『金箔ソフト』を食べてきました^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8962.JPG

金箔を惜しみなく一枚ベロッとのせた
究極のソフトクリーム!!!

_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8959.JPG

メディアでも度々取り上げられていて
ずっと気になっていたので、

今回絶対に食べて帰ろうと
心に決めていました^ ^


ソフトクリーム自体にも
かなりこだわっているそうで、

濃厚な味わいがたまらなく美味しかったです。

_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8425.JPG

そして食べるときのお約束が
唇にペタリとくっつく金箔。

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9027.JPG

通称『金のくちづけ』だそうです٩( ᐛ )و


goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)

「眉色がキレイにのらない…」そんな人に共通する4つのNGをご紹介😱
・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

眉メイクをしているときに、
「眉に色がのりにくい」「キレイに色がのらない」という人も少なくありません。

そこで今回は、

眉に色がのらないNG理由を4つご紹介します。



■NG1:肌がベタついている

最近はツヤ肌ブームということで、
リキッドやクッションファンデーションを
使用している人も少なくありません。

ツヤ肌重視のためにお粉類は
使用しない人も多いようですが、
実はそれが眉色がのらない原因に!

肌がベタッとしているとペンシルやパウダーをのせたときにズルズルと上滑りしてしまい、
眉色がきれいにのりません。

また、描いた眉が落ちやすくもなってしまいます。

_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8931.JPG

リキッドやクッションタイプを使用する場合、
眉付近の肌をルースパウダーなどで
サラサラにしておくのがオススメ。

付属のパフやブラシでのせたり、
眉の中は小さめのブラシを使用したりして
パウダーを仕込んでおくとよいです。

_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8932.JPG

肌がサラサラになると色のりがよくなり、
眉メイクのもちもよくなります。

_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8933.JPG



■NG2:汗や皮脂のケアをしていない

_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8930.JPG

汗や皮脂が分泌された肌の上に
メイクをしてしいまうと、

メイクが密着しづらくなり、
メイク崩れを引き起こしてしまいます。

特に眉は皮脂が分泌されやすいパーツ。

これからの季節は汗や皮脂が増えるので、
テカリが気になったときは眉付近の皮脂や化粧品の余分な油分をあぶらとり紙で軽くオフしてからメイクするのがおすすめです。

ティッシュは皮脂を取り過ぎる可能性も
あるのであぶら取り紙がおすすめ。



■NG3:ブラシが汚れている

_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8935.JPG

毎日使用する眉メイクブラシは、
使えば使うほどファンデーションや
皮脂、汗、ホコリが混ざり合って汚れてきます。

長期間使うとブラシの毛がゴワゴワになってきたり、毛並みが乱れてくることも。

そうなるとパウダーがキレイにのらなくなってきます。

眉ブラシのメンテナンスは
意外と簡単にできるので、

眉ブラシは一ヶ月に一度は
洗うことをおすすめします^ ^




■4:ペンシルの芯が硬すぎる

芯が硬めのペンシルには
地肌に色がのりにくいものも少なくありません。

無理に力を入れて描こうとすると
肌を痛めてしまうことも。

ペンシルを選ぶときは必ずテスターを試し、
力を入れなくても肌に色がのり、
「描きやすい」と感じるものを選ぶのがポイントです。

また、

鉛筆タイプを使用している人の中には
先が丸い状態で描いている人も。

しかし先が丸いと色がのりづらくなってしまいます。

_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8934.JPG

毎回軽く削ってから使用すると
かなり描きやすくなるのでおすすめです。


眉に色がのらないと感じている人は
これらを試してみてください^ ^


goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)

↑このページのトップへ