月別アーカイブ / 2018年03月


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

忙しい朝は一分一秒でもメイク時間を
短縮させたいと思っている女性も多いはず。

そこで今回は、

時短を目指すときに意識したい
眉メイクのポイントを2つご紹介します。


■眉は「時短」してほしくないパーツ

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4997.JPG

眉は顔の印象の8割を決めると
言われている重要なパーツ。

形、角度、太さ、色…

どのように描くかによって
顔がガラリと変わるため、

時短を意識して適当に描くのではなく、

毎日「今日はどのように見せたいか」
を意識して丁寧に描いてほしいところ。

しかしながら、

左右バランスよく見せるのが難しく、
時間がかかりすぎて困っているという人も。


そこで、限られた時間内で
左右バランスよく見せるコツをご紹介します。



■押さえるべきは「眉山」と「眉頭」

まず意識すべきは眉山の位置。

片方の眉山~眉尻を描いたら、
眉山の位置を具体的に把握します。

例:「目尻の真上」「黒目の外側のフレームと目尻の中間の真上」など。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4999.JPG

次にもう片方の眉山を同じ位置に
なるように目安の点を打ちます。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4998.JPG

点から眉山~眉尻を描きはじめると
眉山の位置が左右同じになり、

同時に眉の左右の長さの
バランスがよくなります。

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5003.JPG


もうひとつ意識すべきは眉頭。

左右の眉頭の高さや距離が合っていると、

多少他の部分が左右異なっていても
左右の眉のバランスがよく見えます。

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5006.JPG

逆にどれだけ他の部分を
左右対称に描いても、

左右の眉頭が異なっていると
左右チグハグに見えてしまいます。

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5004.JPG


眉頭メイクをするときは
左右の眉頭の以下3つを合わせるようにすると、

短時間でバランスよく見せることができます。

①高さ
②形
③中心からの距離

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5002.JPG

日頃の眉カットでこの3ヶ所を
意識してケアしておくと、

毎日の眉メイクの時間が
短縮できるのでオススメです^ ^


このように眉山と眉頭の位置を
バシッと決めておくと、

短時間で左右バランスよく
眉を描くことができます。

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5005.JPG

是非試してみてください!



goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)


『bonn sylph』様とのコラボアイテムが
本日発売になりました^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4802.JPG

今回はこちらのトップスとスカート、

そしてパンツの計3種類を
プロデュースさせていただきました。


バルーンスリーブのトップスは、
袖部分を花柄のシースルーに。

色はオフホワイトとブラックの2色展開。
オフホワイトは春らしい印象になります。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4961.JPG

デニムと合わせてカジュアルに
着るのもオススメです。


パールがポイントとタイトスカートは
ハイウエストで膝下の長め丈。

パンプスにもスニーカーにも
合わせやすい丈を意識しました。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4953.JPG

こちらはサックス、ブルー、ベージュの3色展開。

サックスは明るく爽やかで
これからの季節にピッタリ^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4777.JPG

ベージュは上品な雰囲気に。
仕事のときも活躍してくれそうです。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4962.JPG


そしてボトムスがもう一種類。

前回プロデュースさせていただいた
センタープレスのパンツが、

ご好評につき春夏仕様にリニューアルして
あらためて発売されることに。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4958.JPG

秋冬タイプと比べて丈が短くなり、

ミュールやサンダルと合わせやすく
より軽やかな雰囲気になりました^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4963.JPG

色はブラックとサンドベージュの2色。
ストレッチがきいていて、履きやすいです。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4966.JPG


これらのアイテムは
以下からご覧いただけます。

チラ見していただけると嬉しいです^ ^



ちなみに今回写真を撮ってくれたのは
私がいつもお世話になっている

彼女が所属する『蕾写真館』では
アンティーク着物で素敵な記念写真を
撮ることができるので、

こちらも是非ご覧ください〜^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7741.JPG

goodbye with a smile. ☺︎




◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(3月2日発売 / KADOKAWA)

(法人のお客様専用になります)


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

毎週1,500円以下のプチプラ眉コスメを
使用した感想を5段階評価でご紹介しています^^

今回試したのは3COINSのコスメ
『MAGIC CLOSET』のペンシルアイブロウ BR。

3COINSのコスメということで、
お値段はもちろん300円!

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4820.JPG

ペンシル、クリーム、スクリューブラシの
3機能が一本に備わっている3WAYタイプ。


パッケージに記載されていた
推奨手順は以下です。

①スクリューブラシで毛流れを整える
②ペンシルで眉尻を描く
③クリームで眉全体をふんわり描く

この手順に従って使用してみました^ ^


まずはスクリューブラシで毛流れを整えます。

ブラシは想像よりも肌当たりが優しく、
使いやすい印象。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4823.JPG


次にペンシルで眉尻を描きます。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4821.JPG

ペンシルは先の形が特徴的。

二等辺三角形になっていて、
先を使うと細いラインが描け、
等辺部分を使うと太めのラインが描けます。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4822.JPG

今回は先を使用して
眉尻を細めに描きました。

芯がかなりやわらかく、
軽いタッチで色がしっかりのります。

ただ個人的に芯がやわらか過ぎるかな…と感じました。

芯はやわらかいと描きやすいのですが、
やわらか過ぎると色がクレヨンのようにベトッとのる傾向に。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4828.JPG

一部眉尻の毛が地肌にはりつき、
「描きました感」が出てしまいました。

また、二等辺三角形のペンシルは
一度使用すると先が丸くなり、

もう片眉を描くときは眉尻が
やや太めになってしまいました。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4827.JPG

2回目以降は使用する前に
ペン先を軽く削って細くする必要があります。


ペンシルで眉尻を描いた後は、
クリームで眉全体に色をのせます。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4824.JPG

先がクッションタイプになっており
ぼかしながら色をのせることができます。

使いやすくはあるのですが、

1タッチ目以降は色のりがガクンと落ちるため、
やや色ムラになりやすいと感じました。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4825.JPG

ムラになった場合は一度蓋をして
クッションにクリームを補充して描き足すとよいです。


これで完成!

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4826.JPG

やはり眉尻付近にベタッと
色がのっていることで、

描きました感が出ていると感じました。


また、髪や指、服の擦れには弱め。

時間が経つとややテカッてくるなど、
眉メイクの持続性も高いとは言えません。

300円というお得感はありますが、
日常的に使用するのは少し難しいかなと思いました。



各項目の私個人の感想は以下です。

【 ペンシル部分】
_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4818.JPG
・描きやすさ./★★
・色のりのよさ/★★★★☆
・ペン先の折れにくさ/ ★★
・落ちにくさ /★★
・ペン先の細さ/ ★☆☆☆


【クリーム部分】
_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4819.JPG
・色のりのよさ /★★★☆☆
・落ちにくさ /★★☆☆
・カラーバリエーション /★☆☆☆☆
※単色ブラシのため
・ブラシの使いやすさ /★★★
・ブラシの肌あたりのよさ /★★★


眉メイク選びの参考にしてみてください^ ^


goodbye with a smile. ☺︎



◼︎Twitter

◼︎Instagram

◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』

(法人のお客様専用になります)

↑このページのトップへ