月別アーカイブ / 2017年05月


我が家の逸材、
生後5カ月になりました^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7074.JPG

最近はバンボに座れるようになり、
着々と離乳食の準備が整ってきています。


寝返りもお手の物。
右も左もゴロゴロするように。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7011.JPG

ついこの間生まれたと思ったのに、
もうこんなに大きくなったのか…。

逸材の成長に私がついていけてませんw


周囲からは日に日に夫に似てくると言われ、
夫は「大丈夫かな…」と心配しています。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6433.JPG


ベビーカーにも嫌がらずに乗ってくれ、
心地よさそうにしています。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7013.JPG

ただ、

ベビーカーに乗せると、
なぜかいつもバーに片足をのせます。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7078.JPG

既にやんちゃガールの兆しアリw


goodbye with a smile. ☺︎




◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(3月2日発売 / KADOKAWA)

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6993.JPG

昨日は友人の結婚パーティーへ。

ドレスコードが"青"だったので
ブルーのワンピースで出陣。

GWに地元のセレクトショップで
母が買ってくれたものです^ ^



昨日の結婚パーティーは、
笑顔に溢れた素敵な会でした。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7031.JPG

カメラマンさんの指示に従ったところ、
恋のから騒ぎ」のような仕上がりにw


オープニングでは新婦による、

スーパー・ササダンゴ・マシン選手
さながらのプレゼンテーションが炸裂。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7004.JPG


お色直しは新郎新婦と参加者が
オリジナルTシャツで登場しました。

新婦の衣装はご友人の手作りだそう。
後ろ姿も可愛かったです^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7034.JPG

参加者の分のTシャツも
ご準備いたただいていて、

みんなTシャツスタイルでお祝い。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7033.JPG

我々は文字担当で、
私はHAPPYの「P」でした。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6997.JPG

終始あたたかい雰囲気で
とても楽しませてもらいました。


最後には、
デザートビュッフェも!

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6998.JPG

…欲張り過ぎ疑惑。



goodbye with a smile. ☺︎




◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(3月2日発売 / KADOKAWA)


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

自分で自分の顔を見るときは
正面から見ることがほとんどですが、

人からは横顔の方が見られてるため、
横顔も意識したいところです。


横顔の美しさの決め手となるのが眉尻!

キュッと細くくびれた眉尻は、
横顔を魅力的に見せてくれます。

そこで今回は、眉尻をキレイに描く
コツについてご紹介します。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6941.JPG



◼︎キレイな眉尻を描くコツ

(1)先が細いペンシルを使用する

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6935.JPG

眉尻をキュッと細めに仕上げるには
アイブロウペンシルを使用するのがおすすめ。

繰り出しタイプのアイブロウペンシルには
先が太めの楕円形のタイプと、
アイライナーのような細めのものがあります。

これは後者の細めタイプの方がよりオススメ。

眉尻を細めに描きやすく、
形の微調整がしやすいです。


また、鉛筆タイプは先が丸いと
眉尻が太く仕上がってしまうので、

使用前に少し削って細くするとよいです。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6940.JPG


(2)先が細いブラシを使用する

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6936.JPG

パウダーのみで眉メイクする人は、
先が細くコシがあるブラシを使用するのがオススメ。

どのような線が描けるかは
ブラシによって異なります。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6937.JPG

太くやわらかなブラシだと
眉尻がボサッと太く仕上がりがち…。

キュッとくびれた細い眉尻を描くには
先が細くコシがあるブラシがオススメです。


(3)綿棒で微調整する

「眉尻のラインが太くなってしまった」
「眉尻のラインがガタガタに…」

そんなときは綿棒の出番です!

鉛筆を持つように綿棒を持ち、
先で不要な部分を削り取ります。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6938.JPG


何度も少しずつ…ではなく、

一度でグッと余分な眉メイクを
取り去るようにすると上手くいきます。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6939.JPG


これらを参考に、

是非毎日の眉メイクで
眉尻も意識してみてください^^



goodbye with a smile. ☺︎




◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(3月2日発売 / KADOKAWA)


↑このページのトップへ