どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

「眉メイクがどこかあか抜けない」
という女性は少なくありません。

眉は顔の印象を左右するパーツだけに、

眉メイクがあか抜けないと
古臭い顔立ちに見られてしまうことも…。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6179.JPG

そこで今回は、
あか抜けないNG眉を3つ後紹介します。


◼︎NG1:眉尻が太い「だらしな眉」

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6180.JPG

眉尻が太い女性は少なくありません。

しかしボサッと太い眉尻は、

幼く見えたり、
どこかだらしなく見えてしまうことも。


アイブロウパウダーを使用している人も、
眉尻はペンシルでキュッと細くすると眉にメリハリが出て、

大人キレイで清潔な印象に仕上がります。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6183.JPG



◼︎NG2:不自然極まりない「描き過ぎ眉頭」

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6181.JPG

眉頭が濃いとあか抜けない印象に…。

眉頭は描けば描くほど不自然に
仕上がってしまうため、

自眉を活かしてメイクは最小限に
するのがポイント。


眉頭は眉の中でも一番最後に描きます。

アイブロウパウダーは取り直さず、
ブラシに残ったものを軽くなじませ、

スクリューブラシで鼻側に2~3回ぼかすと
自然に仕上がるのでおすすめです。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6176.JPG


◼︎NG3:濃く描き過ぎ「輪郭くっきり眉」

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6182.JPG

ここ数年の流行は、
自眉を活かしたナチュラルな眉。

それに逆行するかのように
輪郭を濃くハッキリ描くと、

海苔がくっついたような眉になり、
あか抜けない印象に…。


まず、眉メイクアイテムの色は
髪色よりもワントーン明るい色を選びます。


そしてペンシルは
眉山~眉尻を中心に使用し、

眉頭~眉中はパウダーでふんわりと
色をのせていきます。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6177.JPG

パウダーは眉毛と眉毛の隙間を
埋めるようにブラシを小刻みに動かして、

色をのせると自然に仕上がります。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6178.JPG

これら3つに注意して
眉メイクを楽しんでください~^^



goodbye with a smile. ☺︎




◼︎書籍
『目元で、美人の9割が決まる』
(3月2日発売 / KADOKAWA)

◼︎Instagram

(法人のお客様専用になります)