月別アーカイブ / 2016年12月

_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9698.JPG

寒い日はストールぐるぐるに。

首には太い血管が通っているので、
あたためると冷え防止にも効果的^ ^

コートはUNIQLO、デニムはZARAです。


この日は友人と原宿の『シャッターズ』でランチ

デザートは名物のアップルパイアラモード。
嬉しいメッセージが書かれていました。

_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9759.JPG

はい!がんばります!
友人の心づかいに感謝。

そして記念写真を撮ってもらいました^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9679.JPG

恐ろしいほどの臨場感…
いや、もはやホラーですw

goodbye with a smile. ☺︎  



coat: #UNIQLO
tops: #PLST
bottoms: #ZARA



◼︎書籍
9月25日発売(株式会社オーバーラップ)
amazon・楽天でも発売中



どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

今回は、眉メイク前に行うと仕上がりがグッと高まる3つのことをご紹介します。

_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9704.JPG

■1:左右の眉頭のチェック

眉を左右対称に見せるために
重要なのが眉頭。

どれだけ左右対称に描こうとしても、

左右の眉頭がチグハグだと
左右対称には見えません。

そこで、まずは左右の眉頭のバランスが
とれているかをチェックします。

チェックポイントは以下3つです。

・左右の眉頭の高さが合っているか
・中心からの距離が同じか
・左右の眉頭の角度が同じか
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9706.JPG
異なっている場合は、

ハサミでカットして左右の眉頭の
高さや中心からの距離を合わせることが大切です。

■2:眉付近の肌をサラサラにする
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9707.JPG
眉を描く前は必ずファンデやお粉で
眉部分の肌をサラサラにしておくことが大切。

パウダーが密着していなかったり、
リキッドファンデをつけただけのベタッとした肌には、

眉メイク自体がのりにくく、
落ちやすくなってしまいます。 

眉付近はお粉で肌をサラサラにしてから
描くことが大切です。

■3:ブラシで毛並みを整える
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9705.JPG
眉メイクをする前に、

眉ブラシやスクリューブラシで
毛並みを整えることも大切です。

左右の毛並みを整えることで
眉メイクがしやすくなり、

毛流れが美しく見えることから
仕上がりも良くなります。

写真の方向に向かって
眉の毛並みを整えてみてください。
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9708.JPG

これら3つをメイク前に行うと
仕上がりや持ちが変わってくるので、

是非試してみてください~^^


↑このページのトップへ