月別アーカイブ / 2019年01月

_var_mobile_Media_DCIM_169APPLE_IMG_9459.JPG
物語に登場する人々、それぞれの"温かい光"と"冷たい影"が上手に描写されている作品。

幼少の頃から、25年もの間知らぬままに偽の両親と暮らし続けてきた主人公。彼の唯一の楽しみはレトロなVHS番組「ブリグズビー・ベア」なのですが、実は偽の父親が制作した番組だったことが明らかになり…。
ここから物語が展開していくのですが、まず主人公のブリグズビー・ベアへの情熱が並大抵ではない。25年間もずっと家に閉じこめられて、それ中心の生活になっていたのだから理解はできるし自然なことですよね…。

『偉大すぎるポップカルチャーは、熱心になればなるほど、もはやその人にとっての人生そのものになる。』という現実世界へ向けたメッセージが込められているようにも思います。
偽の父親役がマーク・ハミルというあたりも…熱心なファンの多いスターウォーズの背景を思い出して、製作陣のこだわりを感じます。(笑)

どう考えても、すべて犯人が悪いんだけど、物語が進むにつれて、不思議とそのことを忘れてしまうという…。
あぁ、序盤に悪い人たちいたな…って"空気"のような扱いにもなるし、「ブリグズビー・ベア」を作った張本人であるからか影を影と思いきれない、なんとも不思議な感覚。
ほかの登場人物に関しても、ほぼ温かい描写が多いけれど、時に影を感じる場面もあったり…。

そういう意味でも、キャラクターそれぞれの"温かい光"と"冷たい影"が上手に描写されている作品だなぁ…と思います。面白かった!


田原舞華

_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8781.JPG
「ホテル」をテーマにした作品に妙にそそられるのは何故なのでしょう…。
更に「マスカレード」という言葉が上乗せして、好奇心は最高潮に。
実際に、ホテルへ宿泊しに行くときと同じようなワクワクとした気持ちで映画館へ足を運びました。

きっと、大まかにはミステリーやサスペンスに分類される作品だと思うのですが、
淡々と事件を描いているだけではなく、様々な登場人物のヒューマンドラマ、そして最高の『ホスピタリティ』が色濃く描かれています。
真摯に、情熱的に、仕事と向き合う姿は、本当に素敵です。


流れてくる音楽は、アラム・ハチャトゥリアンの「ワルツ(仮面舞踏会より)」を思い出す、華やかでありながらどこか冷たく、幻想的な音色の数々…
映画館の大音量で聴くことができて、とても迫力がありました。
ただ、この音色を最大限に活かすには、もう少し豪華絢爛な雰囲気があっても良かったのかもしれません…。
(特に、正面玄関。奥行きや、車・タクシーが停めれるようなスペースなどCGを駆使してでも再現してほしかったなぁ〜〜と。一流ホテルという設定なのなら尚更! →ストーリーの展開上、あれがベストな形だったのかなぁ…とも思いますが。🙇‍♀️)


全体的には、まとまりがあり、非日常的な空間を味わうことができたので良かったです。

友情出演のさんまさんを見つけることができなかったのが悔しい!(笑)これから観られる方は、是非探してみてください…♪



田原舞華

_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8684.JPG
メリーポピンズ リターンズ』特別試写会へ✨🌂👗🌈
日本語吹き替え版を担当された平原綾香さんの歌唱イベントがあり、心温まる歌声に感動しました。
_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8678.JPEG

まず、今回の作品は"リメイク"ではなく"続編"なので、半世紀前の作品とは違った角度から鑑賞した方が物語に入り込みやすいような気がします…♪
といっても、当時の面影は所々に感じられるので、小さい頃に触れた、どこか懐かしい気持ちにもさせてくれます。


個人的には、全体的にふわふわと彷徨った気持ちで観ていました。
これまでに、あまり感じたことのない不思議な感覚。もちろん前作でも。これは…当時に比べて、大人になったからなのでしょうか…!?笑
魔法なのか、イマジネーションなのか、夢の中なのか、現実なのか…
正直、時々いま自分は物語のどの部分にいるのかわからなくなる時があったのですが、物語が終盤になるにつれて、逆にこれが醍醐味なのかも…と思うようになりました。
きっと、誰の心の中にも"魔法"は存在して、"イマジネーション"することで自分のことを自由自在に操れる。行きたいところに行けるし、アニメのキャラクターとも会話できる。
このような描写を用いながら、メリーポピンズという1人の女性を軸に展開させていく……ある意味、大人も子供も一緒になって、魔法をかけられたような気分で観た方が最終的にはより作品を楽しめるのかもしれません♪


そして、ミュージカルの要素はとても濃いです。
ロブ・マーシャル監督の「シカゴ」にみる、あの独特な雰囲気。カラフルな世界と、歌とダンスでハッピーな気持ちになります。音楽も最高に良いです。

今年は、メリーポピンズに始まり、ダンボ、アラジン、ライオンキング(日本公開日は未定)などの作品も新たに実写化されるとのことで、ますますディズニー映画から目が離せません!!!

_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8729.JPG
映画館で発売されるグッズも気になりますが、
ディズニーストアで先行発売されていた、1500個限定の「ピンバッジ」を購入しました✨
ふわりと飛ぶメリーが、とっても可愛い♡
お気に入りです。



最後に…。平原綾香さん『幸せのありか』YouTubeにカバー動画を更新していますので、よろしければ是非ご覧ください♪♪♪


田原舞華

田原舞華 YouTubeカバー 12月更新分です♪

青山テルマ    In This Place
ディズニー映画『シュガーラッシュ オンライン』 日本版エンドソング

MISIA    AMAZING LIFE
映画『劇場版 ダーウィンが来た!アフリカ新伝説』 主題歌


是非、聴いてください


田原舞華

_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8135.JPG
梅田の様々なスポットで、『MARVEL』の世界が楽しめるイベントを開催中✨🎬

_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8137.JPG
アベンジャーズのヒーローラテも可愛かったし、
マーベル展ではアイアンマンの歴代スーツや衣装を間近で見れて嬉しかった😍
_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8136.JPG
3月公開の『キャプテン・マーベル』も楽しみだなぁ❤️👩


田原舞華

↑このページのトップへ