月別アーカイブ / 2020年02月

かもめんたる、う大くんMCの、世界一ゆるいトークショー始めます。と言って笑いがおこります。

う)大ちゃんのカテコの挨拶が、美しいと評判で。
ちょっとやってみて下さい。(笑い)
宮沢さん、ウィンくんも、舞台袖に。
大ちゃん、右うで、大きく振って、流暢なお辞儀。
クラシックバレエでは、ルベランスというが、ミュージカルでは、違うのかな?
全員)おお〜&拍手
いい加減、かえっておいでと、大ちゃんてまねき。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1435.JPG
う)それぞれの役について想うこと
ウィンくん
まだ、9回しかでてないけど、毎回、新しい発見がある。
あまりにも有名な話すぎて、世間の方が、思っているトニーと違うんじゃないかと不安だった。
今でも不安だけど、
このseason2は、僕のままの、トニーで行こうと思う。
キャストが、毎回替わるのは、同じストーリーでも、凄く新鮮。毎回、新たな発見があります。
エマさん
誰かが、マリアのことを、凄く母性本能のあるマリアだと。私母性本能全く無いんです。
もし、そう見えるなら、トニーがいたから、
観客の方がマリアが、母性本能があるように見えたということだと思います。トニーのお陰ですね。
大ちゃん
アニータとは、出番がいっぱいあるけど、実は、
マリアとの出番は、少ない、だから、限られた時間で、家族愛をしっかり出さなきゃ、と思っている。
朝、客席とかでも、アップしていて、会っていても、本番で、初めて会ったかのように感動します。
おお〜〜マリア〜!!とかね。
(エマさんと)それから挨拶するようになったね。と2人で相槌。
う)役づくりについて。
ウィンくん
役者として、発声が良かったとか、技術的な、目標は、あるけど、それ以上に、役のトニーそのものを、お客さんにちゃんと、届けなきゃ、て思います。
エマさん
演出家のフリオさんには、マリアは、あくまで、プエルトリコ系移民と、この時代に差別されていたということを前面に出すように言われていました。
大ちゃん
とにかくたくさんの方々が関わり、この話、この舞台をつくりあげている。そのことを、知って観にきてほしい。

う)相方について
ウィンくん
虹郎はもともとすきです。
今までも、よく話てたけど、更に役について話している。
エマさん、大ちゃんも同じく。

う)この話の見どころ
エマさん
最後のシーンで、さまざまな年号が、締まるカーテンに、投影されていて、
あれは、WSSの関連の年号ではなく、最近までに起こった、差別や乱闘、銃乱射事件の年号だそうです。そういった、細かい演出も、観ていただけたらと思います。

大ちゃん
日本は、移民問題は、縁遠いけれど、
今年は、オリンピックの年でもあり、多くの外国の方々と、どう向き合って行くのかが、試される時でもある。そういう背景の今、この作品に携わること、出演することは、感慨深いことだと思う。

言葉は、ひとつひとつ、覚えてないのですが、そんなような事を仰っていたと思います。

終わりの挨拶で、
ウィンくんが、車内アナウンスみたいな、
本日は、雨で足場も悪く、遠いアラウンドまでお越しいただき、ありがとうございました。
カンパニーが、これからも良いものを創るよう頑張りますので、これからも是非お越しください。
これを何度も噛んじゃってたので、エマさん、大ちゃんも、1字一句同じ言い方で、会場爆笑でした。😅

時間も延長して、う大くんも、ゆるゆる、
けれど、ほのぼのとした素敵なトークショーでした。

 あいにくの雨。
でも、豊洲マンハッタンは、1957に、タイムスリップ。
180度の大型スクリーンは、当時の移民同士の、縄張り争いの社会を、再現。
そして、街の片隅で、対立するグループにスポットライトが当てられる。

ハリウッドを一世風靡した、あまりにも有名な、ミュージカル。現代版ロミオ&ジュリエットと謳われるトニーとマリア。
森崎さんトニーは、好青年、天真爛漫。
めいめいちゃんマリアは、清楚でひたむき。2人ともゆるがない、一途な想いを、見事に表現しています。

大ちゃんのベルナルドは、存在感があり、shanksリーダーとして、立ち姿も美しく、立派で誇らしかったです。
誰もが、知っている、足上げのポーズ。しかもセンターに大ちゃん。
物語とともに、やはり有名な、tonight、mambo、
の楽曲。耳にしたことのある、懐かしさともに、
物語は佳境を迎える。

妹に、目をくばりながら、恋人アニータを、優しくエスコート。大胆不適、かつ、繊細なベルナルドが、大ちゃんに適役。

敵役の、小野賢章くん、リフも、リーダーの、王道を走り続けています。義理堅い仲間想いの、熱い人柄を演じています。

小競り合いから、決闘に。
tonightを、全員で謳い、士気が高まったとき、それぞれのグループが、客席を横断します。
ベルナルド大ちゃんが、上着をぬぎながら、颯爽と足早に歩く姿は、惚れ直します。

マリアの部屋でも、マリアを心配するアニータと、口論になっても意志を貫くマリアを、アニータは、優しく受け止める。
その、掛け合いも、真剣そのものです。美声のソプラノの競演、圧巻です。

凄く、感動して、書ききれないのですが、
このくらいにしておきます。
続きは、また後日。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1434.JPG



↑このページのトップへ