_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1270.JPG

2019年、大晦日
明治座の変、麒麟にの、る  観劇に行ってきました。
前日にぎりぎりとれたチケットで、
たっきーの訃報を、頭では分かっていても、
ただ衝撃に、流されていて、
私なんかよりも、最も近くにいて、仲が良くて、仲間想いだった、たっきーをなくし、悲しみながらもその舞台を懸命に完成しようと、頑張っている仲間の方達に会いたくて。

タクミくんシリーズを1年前に知って、その中で
堅実な風紀委員で、主役の託生とギイの傍らで助言呈す、友人役。
知的で、どこかノスタルジックな安心感。
たっきーの、存在感そのものだった。

訃報をきいて、
信じられなかった。
次の日仕事だったけど、何も覚えていない。
それほど衝撃で、仕事どころでなかった。
私でさえ、こんなだから、ご家族や、仕事仲間、友人の方々の悲しみは、測り知れない。

る、ひまさんの、恒例行事。
明治座のスタッフさんの、粋な計らいで、座長の平野さん、安西さん等とともに、通り側に、たっきーの幟が立てられていました。
少し時間があったので、レターセット買い、たっきーの、代役を、引き受けてくれた、大山 真志さんに、一言、応援していることを綴り、人形町に幾つもある、稲荷神社に、明治座の繁栄をお祈りして
会場入りしました。

幕間2回、30分づつ挟み、たっぷり4時間、
史実をベースに、奇抜なストーリーが展開され
アドリブも加わり、見事な太刀廻りが、随所に組みこまれた迫真の舞台。真志さんが、剣が危うく舞台から、客席側に飛びそうになったと、ツィートされた程、真剣勝負が伝わってきました。

たっきーを偲び、たっきーの分まで
たっきーが、演じるはずだった長政が、
真志さんや、平野さん、安西さん、鳳稀さん
や仲間の方々の、たっきーへの想い、急逝した悼みを、エネルギーに転換した、果てしなく、渾身の迫力の演技に、胸が熱くなりました。
そして、そんな仲間たちを、包み込むように、励ますように、たっきーの眼差しが向けらていることを、確信しました。

泣いている場合ではなく、惜しみない拍手と、声援おくりました。

上の写真は、生前のたっきーがいて、
訂正されたパンフレットには、たっきーの隣に、真志さんがいます。
調理師のたっきーの考案したメニューが、明治座のスタッフさんの計らいで、ラウンジで予約客に振舞われたようです。
仲間の方々のツイートからも、明治座のスタッフの方々や、多くの友人に、どれだけ愛されていたのかが、伝わってきます。

大晦日、明治座に、たっきーと仲間たちに会いに行って良かった。
ありがとう、みんな。
ありがとう、たっきー。
来年も、来ます。その次も、またその次も、
ずっと...。
皆んなに愛された、たっきーの体温が、熱い想いが、そこにはあるから。