こんばんは😊
日々の営み、お仕事、お世話、介護、育児、会議、etc…

お疲れ様です!


上田 一豪さん監督、ブロードウェイミュージカル
NEXT  TO  NORMAL  観劇してきました。
音楽講師の友さんが、久々の質の良い舞台、と大絶賛。
6人のみの舞台が、
その6人たるや想像をはるかに超える、大声量と
迫真の個性の演技のせめぎ合い。
東京シアタークリエは、初日堂々たる大盛況博し
連日大入り、満員御礼。

追加の3公演を得て尚その人気は止まず
チケット難でリピートが叶わず
コロナで中止になる舞台もあるなか、
東京公演、岐阜公演、名古屋千秋楽を無事完走。
並み居る雑誌の舞台高評価のうちに、華々しいフィナーレを飾ったのでした。



この舞台語るにあたり、
ストーリーの核となる、双極性障害という精神疾患の理解が問われます。

米国の極一般家庭、母親ダイアナが遺伝的素因で発病。
それにより家族に暗い影を落とす日常の数々。
傷つき苦しむ夫ダンと娘ナタリー。幻覚として登場する生後4ヶ月で亡くなった息子ゲイブが17歳に成長した姿で母親の前に現れ
傍目にはNormal(普通)に見える家族が心が通わず崩壊してしまう。
それぞれに発する心の叫び、鬱々とした嘆きを
魂のレベルで語りかけています。

傷つき絶望しながらも、
なお前を向き、医師Dr.マッデンとの相性も兼ね薬物療法と共に、自死の危険に対応した電気けいれん療法ECTも加療された。

娘ナタリーに理解の深い恋人ヘンリーにも支えられ
家族が再生する過程が描かれます。
妻ダイアナが見ている息子ゲイブ(ガブリエル)の幻覚を受け入れられない夫ダンも、クライマックスにははっきりと認識し、その影に抱かれながらの歌唱の相乗は胸を打ち涙します。









参考掲載文献

普通という、絵に描いたような理想とは到底かけ離れた人の本質が突きつけられる。
普通でなく、普通の隣りでいいと自分らしく生きられる道を模索する家族。


2チー厶制で、同じ役のキャスト同士が楽屋が重ならない配慮で、
誰がコロナに感染しても、舞台そのものは中断しないという、秀逸な感染対策。
そのAチー厶は、2013年初演に出演されたベテラン勢。
大ちゃんたちは出演初めての、新顔のまっさらな挑戦のNチーム。
観客は両チーム見比べも楽しめます。
私はAチー厶は見れませんでしたが。


Nチームは望海風斗さんファミリーの、舞台の深刻さと真逆の、大ちゃんとの夫婦漫才カテコが名物になるほど、
深いメッセージ力で考えさせられるストーリーに涙した後の、ほっとする会場の一体感を味わい、劇場を後にする時には熱い高揚感に包まれる。

このような素晴らしい舞台にこの先出会えないかも知れないと思うくらいに、
いっぱいの愛が伝わる舞台でした。

大ちゃん、素敵な舞台をありがとう!
キャストの皆さん、カンパニースタッフ、バンドのみなさん、
感慨深く高い芸術性の舞台、本当にありがとうございました。





ここまで、読でくださり。

ありがとうございます。

みなさんに、幸せが

訪れますように。


心が健やかで、

穏やかに過ごせますように。



それではまた☺️✨

こんばんは🌃

日々の営み、お仕事、お世話、育児
介護、会議etc…

お疲れさまです。

松任谷由美さん作詞作曲の
春よ、来い



淡き 光立つ  俄雨
愛し面影の 沈丁花
溢るる涙の 蕾から
ひとつひとつ 香りはじめる
それはそれは 明日を超えて
やがてやがて 迎えに来る
春よ 遠き春よ
瞼閉じれば そこに
愛をくれし君のなつかしき声がする








君に預けし 我が心は
愛し面影の沈丁花
どれほど月日が流れても
ずっとずっと待っています
それはそれは明日を超えて
いつかいつかきっと届く
春よ  まだ見ぬ春 
迷い立ち止まる時
夢をくれし君の 眼差しが肩を抱く


夢よ 浅き夢よ
私は ここに居ます
君を想いながら  一人歩いています
流るる時のごとく
流るる花のごとく

春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに
愛をくれし君の 
なつかしき声がする

春よ まだ見ぬ春
迷い立ち止まる時
夢をくれし君の眼差しが肩を抱く







誰もが口ずさむ鮮明な春待ち詩
待ち人を待ち続ける決意と
もうひとつ、
叶わなかった命の灯火に抱かれる意味を見出す
解釈があります。
沈丁花の花言葉は不滅、永遠だそうです。


3月も、もうすぐ過ぎ4月が間近く
季節は生命の息吹く春へ、歩を進めています。
1月と3月に
阪神大震災と東日本大震災の追悼の日を迎えていますね。

この間に、更に人類史上深刻な、ロシアによるウクライナ侵攻が現実に起こり今も生命の危険に晒されている市民の姿を、固唾を呑んで見守る現実と向き合っています。

2016息子が宮城の大学に進学し
その時に大川小学校の震災遺構を目の当たりにしました。
石碑に花々と線香の煙が絶えず手向けられ
今どきの可愛いらしい名前が刻まれていて
涙が止まりませんでした。


その近くに2列に並んだ
その一つ一つに
子供さんを型造られた地蔵が添えられた墓石

現実とは到底受け入れ難い光景に言葉を失います。

3月が過ぎようとしている今
もう一度、改めてこの記憶と共に歩む
そんな気持ちを抱きます。

戦争も災害も
もう二度と、涙に暮れる魂を生まない
弛まぬ努力が求められます。









写真 記事はネットから、お借りしています。


最後に、
宮城の輝かしい、金メダリスト羽生結弦さんが、
そのエキシビジョンで流された有名なピアノ曲を
お届けします。







ここまで読んでくださり

ありがとうございます。

いつも、いいね、コメントありがとうございます。
嬉しいです。



皆さんに、幸せが

振りそそぎますように。


心が健やかで

穏やかでありますように。




おやすみなさい。











こんばんは🌆



日々の営み、お仕事、介護、お世話、子育て、家事、会議etc…

お疲れ様です。



年始から、新型コロナウィルス、オミクロン株が猛威を振るい、都心部では爆発的な感染拡大となりました。

直前まで、行かないと決めていた東京日生劇場での大ちゃんの舞台INTO THE WOODS

朝のnews解説番組で、
オミクロン株の新たな新株、ステルス株が市中を既に出回っていると報じていました。

2年前の悪夢が甦り
今の感染状況は序の口で、
ロックダウンしたら、また更に何年も観劇が叶わない焦りが頭をよぎりました。

上司へ電話、東京行きの再再相談、
高速バスの予約取り直し(30分後の)
スーツケースに荷物投げ入れ

気がついたら、東京行きの高速バス🚌に乗っていたという…

人生は何が起こるか、本当にミラクルです。
旦那さんへの承諾は、
新宿にバスが着く手前で、Lineで  『ごめん、やっぱり観劇してきまーす😊」
強制的事後承諾でした。

本題に入ります。
私より前に観劇された観劇に長けた友さんからは、
ソンドハイム氏の楽曲は難解極まり、歌い込んで正確な音程でないと、不協和音になり易く、とても聞けたものではないとのこと。

観劇に目の肥えたライターの方々が、口々に、
ミュージカルの要素を満たしていない、
楽曲を歌いこなせていないミュージカル俳優の素質を持たないキャストの配置などの酷評が
プレビュー公演直後から飛び交い
ラストの高揚感を、分かち合いたい私は
ザワザワする心境で自分の公演をひたすら待ち続けました。

この感染爆発のさなか、1人の感染も怪我や事故もなく、日生劇場から主催である大阪、梅田芸術劇場大千秋楽まで完走し、見事なフィナーレを飾ったのでした。

そんな辛辣なコメントでも、決まって、魔女役の望海風斗さん、大ちゃん、廣瀬友祐さんはその健闘ぶりが高く評価され、大ちゃん推しとしては、安堵しましたが、
チケット払い戻されては大ちゃんの魅力も伝わらない事が、なんとも切ない観劇となりました。









あらすじ
森の小さなパン屋の夫婦にはこどもが授からない。
なぜなら魔女の呪いがかけられていたから。
呪いを解くには、
1.白いミルキーな牛
2.血のように赤いずきん
3.黄色いコーンの髪
4、きらめく金の靴
3日後の鐘が鳴るまでに。
森を目指した夫婦が出会うのは赤ずきん、シンデレラ、ジャックと豆の木、ラプンツェルほか、
それぞれに満たされない人生の宿題を抱えた童話のお馴染みの登場人物たち。
彼らの前には、魔女の呪い、巨人族の怒りが立ちはだかる。
それだけではない、本当の敵は誰もが自分だけの幸せ願うが故の、ジェラシー、妨害、うそ、策略の罠。
チャーミング、ファンタスティック、
だけどちょっびりシニカルでダークなミュージカルを
あなたに…














初のミュージカル出演で主役の、シンデレラ扮する古川琴音さん、初演に比べ回を重ねて、曲調を理解し声も延びているようでした。
パン屋の主人と奥さん渡辺大知さん、滝内さん
声の伸びはまだミュージカル俳優の、聴かせるモノではないものの、本当の幸せを探し続ける立ち回りや演技は胸を打ちました。

新進気鋭の寡作で有名な演出家、熊林弘高さんが銘打っているように、普通のミュージカルでは無い、の言葉があらゆる批判を跳ね除ける盾のようにも思えます。
ストレートプレイとミュージカルの融合。新たな形の芸術への模索。

なるほど、物語の主人公とパン屋の2人は、ホールを震わすような歌唱には程遠い。
なかには福士さんのように、歌唱も演技も上手い方もいるけれど、
それがむしろ、生きづらさや不器用と重なって、
長いトンネルを彷徨うようにも見える。
決して楽ではない人生そのもののように。
対照的に、のっけから妖しい存在感でストーリーを牽引する魔女の、望海風斗さん、
美しい、王道のビジュアルの王子2人の、
大真面目に意表をつくチャラ男ぶり。
だか、その歌唱は驚くほど深くソンドハイム氏を理解し、歌い込まれている。

華麗で完璧な立役者がこれぞミュージカルの舞台と再認識する。

ベテラン勢のあめくさん、鞠谷さん、花王さん、
そしてナレーターの福井貴一さんが、脇を堅め
不完全、迷い、人の闇のエゴさに翻弄されながらも身の丈に合った普遍的な安定を得ることが幸せに繋がる、
中間がいい、というワードが語られる。
求め過ぎることが不幸を呼ぶと学習する。
けれど大きな幸せの代償もまたふりかかる。

ジャックは母を殺されてしまう。
パン屋の主人は子供を授かるが妻を失い、
魔女は娘ラプンツェルに見切られ、孫の2子も木の葉となって幻だったと気付かされる。
2人の王子はそそられる欲望のままに身を持ち崩しそれぞれ妻に見切られる。
ラプンツェル王子は元々腰痛もちである。シンデレラ王子の語彙力の無さは致命的。

個人的には、
予期せぬ展開に、目が離せず、
宝ファンや、梅田本家の関西言葉の飛び交う
小気味よさは地元を大いに湧かせたことだろう。
赤ずきんの劇前後のご挨拶も愛嬌があった。

総じて、若い芽の将来性や、
布石の回収などと難しいことはこの際抜きにして、
楽しめたし、少なからずエゴサーチで嫌でも耳に入る悪評にもめげず、伸び伸びと演じられた主役たちのフィナーレ共有できました。
そのメンタルと集中力きらさなかった、熊林さんの指揮力と思います。
望海さんの黒い妖艶なドレス姿も堪能でき、
舞台格上げする大ちゃんとヒロくんのベテランの力量も再確認して誇らしかったです。

INTO THE WOODSカンパニーの演者の皆さん
ダンサーの皆さん、オーケストラの皆さん、
大変お疲れ様でした。
劇場関係者の皆さん、
細部に気遣う感染対策ありがとうございます。

大ちゃん、素敵な舞台をありがとう…





ここまで、
読んでいただき、

ありがとうございます。

皆さんの、お幸せ
願っています。


穏やかな心で、過ごせますように。
いつの時も、優しさに包まれますように。






おやすみなさい…

↑このページのトップへ