今月はものすごくほめられた。HbA1c NGSPが、6.3だった。あと0.1マイナスになると、基準値だから頑張ってねと、励まされた。

他の数値も、ほぼ基準値だったので、ひとあんしんだ。

しかしながら、1つ治まれば、1つ何かが出てくる。

最近は膝の調子が悪い。
雨が降ると疼くが、晴れると、ただの筋肉痛になる。

親切な友達が、塗り薬と張り薬をくれたので、とても重宝している。

世の中には、心優しくて親切な方がいる。
見習わないといけないなと思った。
人に優しくするって以外と難しいような気がする。
厳しくはしないけれど。

この間病院の待合室で、てんかん発作が出た若い女性がいた。

ギャーァーと、大きな声で叫んだあと、バタリと倒れて痙攣してしまった。

私はビックリして固まってしまった。

病院内だったので、2秒くらいで、看護師さん達や、医者等がストレッチャーに乗せて、体を縛り付けていた。

とっさの時に動けなかった。

看護師さんたちは凄いなと思った。

最近、仕事で、一緒に働いている人からクレームが出て、今日と来週は監視つきで働くことになった。
なんでも、たまたまなのだが、仕事時間が30分余ってしまったのを見られていたらしく、告げ口されてしまったらしい。
どんな仕事をしたら、そんなに時間が余るのか?と、言われた。
私も悪いのだが、髪の毛が、掃除をした場所に落ちていて注意をうけた。

首にならないことを祈ろう。

痩せるために働きだしたのだから、10㎏痩せるまでは首を切られませんように。

ストレスからか?腕から肘にかけて、ブツブツと肌が荒れてしまってかゆいので、ボリボリかきむしってしまい、どうしようもない腕になってしまった。

毎日飲んでいるナイシトールに、副作用で肌荒れが有るときは、服用を避けましょうと、書いてあったので、一応念のため、今は飲まないでおこう。

色んなブログを読んで、癒されてきたので、なんとか心の負担が回復してきた。

明日と明後日は、仕事休みでよかった。

東野圭吾さんの文庫本で読んでいたものの映画化だ。

山田くんが美しかったな。
ストーリーも本よりも映画の方がすんなり分かりやすかった。

東野圭吾さんの本は好きでたまに購入するが、ちょっとSFっぽいところが好きで、広末涼子さん主演の秘密が一番好きだ。

幼い頃から邦画と原作がすきだった。
漫画原作の邦画も好きで、映画になったサトラレも良かった。

心がホンワカする作品に沢山出合いたい。

最近の邦画は、女子高生の無理なシュチュエーションの恋愛話が多い気がする。
おばさんになったからか?あんまり興味が湧かない。

感動ものとか、お涙ちょうだいものがすきだ。
あとは、面白い話もすきだ。コメディは見終わったあと心が軽くなる気がするから。

そういえば最近笑っていないな。漫才やお笑い番組なんかのバラエティーとかをみていても、心が動かされなくなってきていて、全然笑えない。頭の回転も遅くなってるなぁ~何て感じる。心も体も年取ったな。

↑このページのトップへ