3月の終わり、桜の開花予報の頃…

プレデビューイベントと称した初の5人でのトークイベントがポニーキャニオン本社で開催された。

歌もダンスもないイベントだったが、実に多くの方々が朝からタイガーゲートに列を成して集ってくださった。

初めてイベントの流れの書かれた台本のようなものを見て…
目を通せば通すほど初めてのことだらけで緊張ボルテージは上がるばかり…
パニック寸前だった。


当然だが、大丈夫そうなのはレナちゃんだけで…
顔面蒼白なのは私だけ…?
いや、そうではなかった。
ユーナは衣装と同化するくらい(いつも通り)青っ白い顔で固まっているし、
まだあまり自分を出していなかったリーナは口数少なで、
ヒマワリは口を固く結び黙ったまんま。

(みんな緊張してる…一緒だ)

途端に笑みがこぼれてきた。というか吹き出してしまった。

そこからは、どうでも良い会話だったがぺちゃくちゃと出来るだけみんなと話すことを努めた。
→(これが後に空気読めないと言われるとは…トホホ泣)



さてこの日、もう1つ別のドラマが…
もしかしたら私たちよりも、史上最高に緊張したのは、Kマネージャーだったかもしれない。

S村さんが司会進行をする予定だったのだが…

流行に非常に敏感なため(笑)流行りの病にかかり、急きょ司会進行をKマネが任されることになったのだった。
→(今ならお茶の子さいさいだと思いますが…笑)


私たちが舞台袖で待機している時に、アナウンスが聞こえてきた。

(あら?Kマネいつもと何だか声が違うな…大丈夫かな?)

しばらくして、私たちは拍手喝采の中、登壇させて頂いた。

私たちを初めて目の当たりにするファンのみなさんの目は、思っていたよりも優しくてありがたかった。
→(この時の光景は忘れられません)


ふと、司会進行のKマネを見ると…

手に持った紙は小刻みに震え、額には汗がたらたら。
(えっ?大丈夫じゃなさそう…)

歌舞伎役者に似たキリッとした顔立ち、見た目やや怖めだが心底優しい私たちのKマネが…

ふーるーえーてーるぅ〜!

笑顔がぁー声がぁー
ひーきーつーってるぅ〜!

一気に私の緊張は吹っ飛んだ。

(Kマネの方が重症じゃないっ!)



不思議なものでそれから後…私はわりと気丈だった。



このプレデビューイベント、当初予定していた2部制から3部に増やしたのだが…
終わった時にはヘトヘトぐにゃぐにゃな私が居た。

(これじゃあダメだ…)

気持ちに喝を入れた。

また課題が見えた、課題を掴んだイベントになった。



帰る時に、初めてファンレターやデコレーションしたカード、お花やプレゼントを頂いた。

まだ知らない私の為に時間を割いてくださったり、
考えてくださったと思うと嬉しくて涙が溢れてきた。
→(この思いは今でも変わらないです)


(この「ありがとう」の気持ちをどうお返ししたらいいんだろう…)


タイガーゲートからの帰り道、気の抜けた私だったが、笑顔だった。

何かが「開花」した予感…瞳の奥には優しい灯りをともしながら。




To be continued…
続きは5日後❤️


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0213.JPG