ヒーハー!

みなさまお元気ですか?

MAGIC OF LiFEは本日、レコーディングということで都内某所にこもって楽器を弾き倒しておりますっ

MAYからはじまるランデブーということで、ツアーが始まっておりますが、

現在、仙台と横浜公演をとっっってぇも良い形で終わり、3本目となる次は

5/26の新潟CLUB RIVERST公演です!
出演は
ウソツキ、LEGO BIG MORL、MAGIC OF LiFEです!

大好き2バンドと夢の共演


申し遅れました、わたくし、ドラムの翔太朗です!


そんな今日はツアーに出演してくださるアーティストをご紹介!





ドラマチックアラスカ


神戸発の新時代のギターロックヒーローバンド。
ボーカルのヒジカタくんはなんというか一筋縄ではいかない感じ。
というか、直接話して思ったんですが、どアーティストな印象。
僕は突拍子もない感じの方、何を考えているのかわからない人に惹かれる傾向にあるのですが
ヒジカタくんはこの僕のアンテナがビシビシ反応しちゃいます。
気になって仕方ありません。
なんかね、面と向かって話してても何考えてるのかわからないんですよね、いい意味で。
誰とは言いませんが、たまにそういう方にお会いするたび「お〜」ってなります。
興味深い、と。
ドアラはあんなに素晴らしい曲を叩き出しているのだから当然かもしれませんが、彼には、そして彼らには独特の雰囲気があります。
まだきちんと話したことのないメンバーさんもいますが、とても楽しみです。



河原町駅
この曲のMV、映画化を希望しているツイートをかなり前に見たのですが、全く同感です。
ドアラの音楽はもちろん、映像も素晴らしいし、内容も、配役から何か何まで。
スイートピーの花言葉は「門出」「別離」「私を忘れないで」「優しい思い出」などがあるそうです。
本作にはメッセージや仕掛けがふんだんにこめられています。
スイートピーのメッセージ性にしてもそうですが、途中で男の人がヒロインが眠るベッドに潜り込む(というか、中から出てくる?)箇所でも画面の中に仕掛けがあったり。
そして、涙無しでは見れませんね。
最初に見たとき、最後のシーンで「はっ」として、「あ〜やっぱ!だよねだよね〜!だと思ったわー」とかいううざめなわたくし的な感じでもう一度頭から見返しました。
最低でも二回見ることをおすすめします。
ヒジカタくんの声って、優しくて、暖かくて、穏やかで、ナチュラルで、せやけど、時にはヒリヒリしてて、がつっときて、ガッとガガッとガガガッと、気づいたら目の前まで間合い詰められてた!みたいな感じ。
猫かと思っていたら、ライオンに突然変身できちゃうみたいな。
ひょっとしたらこのMVのモチーフは、、、、、
プロデュースは僕もすごく大好きな亀田誠治さんです。
あえて、というか、それまでの流れでアッパーな曲をバシバシリリースしてきたドアラがここですごくポップでロックな曲で、しかも亀田誠治氏のプロデュースで楽曲を出すっていうのは、同じバンドマンとしてもドキッとしました。
さすが、、、というか。
東京事変さん、椎名林檎さん、平井堅さん、いきものがかりさん、スピッツさん、赤い公園さんなどで僕は亀田さんプロデュース楽曲をたくさん聴いてきたので、もう、「ドラマチックアラスカを亀田誠治さんがプロデュース」となっただけで、すでにワクワクでいっぱいでした。
しかも、この素晴らしい曲。
さらに、なんていうんだろう、ドラマチックアラスカがよりドラマチックアラスカというか、ロックバンドとして、すごくかっこいいんです。
このミドルテンポの曲でも、しっかりかっこいい。
一聴する限り全然とがっていないのに、どこかでヒリヒリしてるし、生っぽさがしっかり残っていて、個人的にはより「ドラマチックアラスカっぽい」作品だなって思った。
本曲収録されているアラスカ・ベリーズ、名盤なので、ぜひ。
歌詞もこれでもかっていうくらいヒジカタくんが自分からとことんまで詰めて書いたものなので、心して受け止めてほしいと思います。
とんでもなく素敵です。
想像しながら読んでいると、ちと辛い。
ぐぅぅ。
そうそう、僕こういう歌詞にリアルな地名出てくる系、すごく好きなんですよね。
実際に行きたくなるし、行ったことある人はうれしいだろうし、まだ行っていないひとは聖地巡礼とかできるし。
京都って、いいよね。



TEPPEN
まず初めに、途中でラッパーさんが出てくるんですが、そこ、絵と音での違和感がなかったんですよね。
それってどういうことかなって考えたのですが、ヒジカタ氏のフロウの仕方がしっかりグルーブしてるからなんだろうなって、合点がいきました。
やっぱりノリがイイと気持ちいい。
気持ちよく流れる曲もドアラの武器なので、武器になっているのは演奏能力の高さもあるけど、ヒジ神様(あえての呼び名)のライミングというか、歌のリズムの気持ち良さも大きな理由なんですね。
(うちも高津戸信幸という運動神経とリズム感の鬼がいるので、自信あります!)
で、曲です。
なんでもありですね!
忙しい曲です!
リズム!音の運び!
どうなってるの!
それを一曲にまとめあげて、しかも超聴きやすくなってる(ここマジポイント)からすごいです。
「色んなリズムを取り入れました」っていって、ただ取り入れてるだけ!っていう曲も存在すると思いますが、ドアラはちゃう。
まさにMVの通りだと思いました。
ひとつのリングで、様々なジャンルの人たちが闘う。
TEPPENというひとつの楽曲で様々なジャンルのリズムが闘う。
ジャパニーズロック界のひとり異種格闘技戦。
うーん。ですです。そうだそうだ。
めちゃくちゃ早く感じるビートがあるかと思いきや、先ほどのようなヒップホップ、ヘビーロックのようなリズムもあって、かといえば超アッパーなディスコパンク超のリズムもあるしで、、、、
僕ならレコーディングの前に、一度は弱音吐きますね!(笑)
いや、はかない!僕、強くなる!
ライブが楽しみ。
盛り上がるだろうなぁ。



と、ドラマチックアラスカ、かっこいいでしょう?
以前名古屋のイベントで一緒になって打ち上げで話したのですが、現在のメンバーになってからはちゃんと話すのは初めてなので(さっきも言ったかしら)、とても楽しみ。
本ツアー、ドラマチックアラスカが出演してくれるのは

6/10
神戸太陽と虎
ドラマチックアラスカ、alcott、MAGIC OF LiFE


6/11
浜松FORCE
ドラマチックアラスカ、Halo at 四畳半、MAGIC OF LiFE


の二本です!

ぜっっっっっったいに楽しい一夜になります。
約束します。
alcottもHalo at 四畳半も超おすすめバンドなので。
肩の力抜いて、楽しみにきてちょんまげ。




では夜の運試し








じゃん








けん








ぽん










✌️




レコーディングは佳境に入っております。
ドラマチックアラスカの「河原町駅」と同じ、一発録りという録音方法を選んで、魂こめました。
今はそこにギターを重ねていっているところ。
とんでもない出来になりそうです。
こちらも楽しみにしていてね

 
いつ聴いてもらえるかな、ワクワクしててね。

では、みなさま、ごきげんよう✨