月別アーカイブ / 2019年12月

どーーーーーぞーーーーーーーー


銅像をどうぞ!!ジンマシーンのダジャレ担当のまじかるひもりが夜の闇と共にどうぞどうぞ!!!どうぞ!!!どうぞどうぞ!!!!



さて日付かわって 本日は ジンマシーン ベストアルバムのフラゲ日である!!!!!!


フラゲ日、、、、
ふらいんぐげっつしてくれる人が この世に現れるという事はつまり!!!!!



もうなんか3割くらいは発売日みたいなものである!!!!!!(当社比)




あああ緊張するわ、、、、
やべえなこりゃ 銅像をどうぞ、、、、



そんでもって今日は とある詳細はしばしお待ちを的なジンマ活動をして
終わった後は 同居人の16さんのお手製カレーを頂きつつ(こっそりおかわりしつつ)
キムさんあっつさん涼羽くんのニコ生を見届けつつ

さっそくながら ジンマシーンの新曲を制作していた


きょうのオイラは神がかっている、、、
クリエイティブの調子がとてもよい日であった!!!!!!



ああ いよいよフラゲ日
そして11日はとうとうリリース
いままでで一番大きなゴールテープを切り 同じ位置にいままでで一番大きなスタートラインがひいてあるな!



未来がたのしみだ!!!

ひとまずは リリース直前パーティーでお目にかかりましゅ


※ラインライブ等を始めようと思いましたが お気に入りのアイライナーを無くしてしまったためもうしばしお待ち下さい、、、


それでは またね!!!!

どーーーーーよーーーーーーーー


最近どうよ????ジンマシーンのどうよ担当のまじかるひもりが夜の闇に自問自答しながらもスライディングでセーフ!!!!ギリギリセーフ!!!リクエスト!!!






さて
今日は 大都会に移動してきまして
ヒモリレコーズのインターネッツ放送を終えたところでやんす


カラオケで放送してたのだけど、、、


時間があと6時間くらい余ってる

って事でボイトレしてたんだけど ボイトレも一通り終わって 今に至る的な感じでやんす



休日のカラオケは 本当に盛り上がってるね、、、、
やっぱり 羨ましくなるよう ほんとはさ

ヒトカラ、という言葉が流行る前からヒトカラやってるヒトカラ歴15年の僕から言わせてもらうと やっぱり盛り上がってる人を見るのは羨ましい


ていうかヒトカラは基本さびしい


回数を重ねれば慣れる、みたいな事は多分ないよ
月におよそ8回くらいヒトカラに来てる僕でさえそう思う

いや 何回かヒトカラくるとね あー自分慣れたなーこの感じモードに突入するのだけど

その時に看過できなかった寂しさみたいなやつの蓄積!!!!

何年たっても やっぱり寂しくなったり切なくなったりやるせなくなったりするよ

ただ 僕はそういった屈折した創作意欲みたいなやつを元に 音楽を作る能力があった

思い返せば そんなんばっか 創作って

こんなんじゃないとか みかえしてやるとか ぜってぇー勝つとか みかえしてやるとか
負のエネルギーが合わさって 創作に繋がっているんだ

もうこればっかりは しょうがない
そういう星の下で生まれてしまった
だから僕はオシャレなやつが嫌いだし カッコつけるやつが嫌いだ
卒なくこなす奴も嫌いだ うまくやるやつが嫌いだ
これといって理由はない!ムカつくから嫌いだ!

自分にできない事をやってのける奴の事を一目散に敵視する力こそを 泥臭く創作意欲として昇華してきたのだなと 改めておもう


もはや この年になっても精神年齢が変わってないから
独り相撲なのかもしれない
でもそれでいいんだ 僕にはそれしかない


敵なんて誰でもいい
戦っていたいんだ僕は


そして勝ち負けなんてなんでもいい
負け続けてここにいるのかもしれない
それでも戦っていたいんだよな
負けず嫌いだからな



残りのカラオケの時間は ジンマシーンをうたおう、、、


それじゃ またあした🤤

どーーーーーーーもーーーーーーーーー


ジンマシーンの子供担当のまじかるひもりが夜の闇に紛れながらも颯爽登場と思いきや脱走!にげろーーーーーーーーー




飲食店の有線でかかってるジャズのBGMは お客さんの回転率をあげるためにかかってるという話を聞いたことあるけど
僕のような ジャズ好きからしたらまったくの逆効果なのである!
聞き入ってしまうよな、、、僕は回転しない、、、ぐるぐるぐる、、、


ジャズしたいな、、、、
吹奏楽もしたいけど、、、
バリバリのトリオジャズやりたい、、、
僕のパートはサックスかピアノかギターかベースどれでもいい

誰か一緒にやってくれないかな、、、
スタンダードとかやらなくていいから モードジャズばかりをひたすらにやっていたい


ジャズといえば
きょうも僕はフォープレイを聞きながらお米を炊いた
フォープレイは スムースジャズっていうジャンルの代表的なグループで


紳士的なグルーヴの中に遊び心があって
いつでも音が良いし フレーズもずば抜けてて
環境を選ばすリスナーを飽きさせない、、、
スムースジャズでありながらスムースジャズではない そんなバンドなのだ

これまでもこれからも ジャズと共に僕はいきていく
ジャズは死ぬまでできる音楽だからなあ

ジャズといえばジャス

仙台弁でジャージの事をジャスっていうのだ
方言て事をしるまで 全国共通だと思っていた、、、いずいと共に


そんなこんなで今日もみなさんおつかれさまです🤤
風邪ひかないように あたたかくして寝ようね🤤


またあした🐾

↑このページのトップへ