月別アーカイブ / 2017年08月

どーーーーーもーーーーーー

ジンマシーンのギター担当のまじかるひもりが 夜の闇にまみれながらもバク転登場!!!!
拍手喝采!!!!!!









いよいよ 夏がおわるんだなあ
今年の夏も いろいろあったなあ
夏がおわって秋が来る
そんな当たり前の事に対して 未だに心の準備ができていない




夏の終わりは いつもセンチメンタル
というか今年の夏はずっとそんなんだったなあ

なんていうか あまり晴れることがなかった空の下で
もう強がるのは終わりにしなきゃって思ってしまったんだ

きっと もともとそうだったんだなあーーって
背伸びしても掴めない星よりも
足元に咲いている花の方が
何倍もキレイなんだなって


そんな事をなんとなく考えながら ここに夏を終えようと思います




なんとなく考えてる事からはじまり
全然なんとなくじゃなくて 叫びたくてたまらない気持ちだったり
今この瞬間感じてる事だったり

僕のこころが感じる全てを 形として残してきた

まだまだ 伝えきれないよ
きっと ずっと伝えきれないんだろうな
こんな事を季節毎に感じながら
きっと僕ももっともっと歳を取っていくのだろうな


僕も これを見てるあなたも 
いよいよな歳になった時に
笑っていられるように
ちゃんと 全部形にしなくちゃ






夏のかけら的な風が 申し訳程度に吹いて
ほんとだよっ!!!って
できればもっと 晴れてほしかったんだよっ!!!って 言いたかった
憂鬱な気分を 夏に押しつけて こちらこそ申し訳ナッシング


それじゃあ すこし寂しくなるけど さよなら 夏
また来年ね


どーーもーーー


ジンマシーンのヒモ担当のひもりが 満をじしながら匍匐前進で登場!!!!




きょうは ヒトカラに8時間滞在していました

溜まりに溜まった孤独を貪り
終わりのない作業をこなして
余った時間で すきなうたをたくさんうたった



なんかこの部屋音量でかいなーって思いながらも
そのままにしていて
終盤の方にちょっぴり不安になったので
カラオケを流しながら部屋の外にでてみたら



9割漏れ聞こえてた




なんというか とても恥ずかしくて恥ずか死んだ


ボイトレの声とかも聞こえてたのかな、、、

僕は いよいよとなったら オフマイクでいろいろ叫んだりしてるのだけど
たぶん それも漏れてたんだと思うな!


思い出すだけではずかしいな??

夕方6時くらいに気づいて しかも受付のすぐそばの部屋だったから



カウンターのバイトの女の子「うっわぁ、、、あそこの部屋の人ゆずばっか歌ってる、、、、とおもったら今度はマキシマムザホルモンばっかり、、、レパートリーなさすぎ」

「ボカロ曲原キーで歌ってるけど絶対いつも途中でバテて演奏中止おしてる、、、キー下げればいいのにきっも」

「ていうか何時間歌うんだろ、、、きっも、、、」

「ていうか髪ボサボサすぎてキューティクルどこいったん??なくしてしもうたん??」

とか思われてるに違いない、、、ていうか 思われてるだろうな、、、というより思ってくれれたら嬉しい、、、
僕の存在を認知してくれるだけで、、、うれしい、、、



わけねーわ!!!!!!!!!!!




もうなんだか 作業は進んで歌の練習もできたけど
それ以外のなんだかよくないもの また溜め込んでしまったな、、、


今後は室内ボリューム0で ヒトカラする事にするわ、、、





それでは
またね


どーーもーーー


ジンマシーンのかわいい係のひもりが満をじさなくてもねじ込む形で登場ーーーーー



きょうは
OTODAMA SEA STUDIO 2017 ~灼熱グリッターロック2017~
出演してきました



まさに海!
海以上に海!
そんなステージだったや



リハーサルしながら 窓から海が少しだけみえて
そっか 夏がやっときたんだなぁーって思えた



リハーサル終わりに コンビニに行ったら
絵に描いたようなパリピ達が
「楽しむなら今しかねーじゃん!!ハハハ!!」
みたいな事を言いながら 全身についてる砂浜を店内に撒き散らしてたんだけど


僕は 不快感とともに
うむむ 確かにそうだよな と思ったのであった



僕も遠い昔はパリピしてたので
彼らのパリピ感 なんとなくわかるのだ

歳を重ねることに いろいろ学んで いろいろ諦めて 事なかれ主義になっていって 
そんな今の僕と パリピの彼らはまさに真逆で


それでも 若かりし頃のあの感覚とか
誰よりも目立ちたい!とか
好きな事だけしていたい!とか

諦めたフリなんてしてるから こんな風に葛藤するのだろうね そうだね


だから 今一度 改めてパリピになろうと決心しました(嘘です)




もし僕が壊れても 形として残したものは壊れないから安心していいんだよ
音楽なんて 形のないものだから


と 僕は僕自身に叫んであげたい




野外だけど屋内みたいな そんなステージで
しかも灼熱のステージで音楽するのはとても楽しかったよ

きてくれたみんなも きっと大変だったでしょ??
そんな中いつもどおりに盛り上がってくれて ほんとにほんとにうれしかったなあ




本番直後 楽屋にもどって 汗だくのまま鏡に映った自分がとてもブスで
そんなところが 僕ってかわいいなって思いました


帰り道は どこもかしこも大雨で
今日のイベントの晴れ間が まるで嘘だったみたいな感覚に襲われたや

嘘みたいだけど嘘じゃない
そんなの 最高でしかないじゃないか!




8月下旬に向けて ライブ(ミサ)がたくさんある!

まだ 僕の夏ははじまったばかりなのだっ!!!


それでは またっ!!


↑このページのトップへ