どうやら秋のようだね そのようだね

最近の僕はといえば レコーディングの日々
来月発売されるアルバムのレコーディングだ

今回は ドラムのレコーディングから立ち会ったのだ

かなり長い時間をかけての制作

正直いうと 逃げ出したい時もたくさんあった
あああああ いますぐ全てを投げ出して 仏蘭西あたりで自由を謳歌しようかなーって思いながら

作業をはじめれば 早くみんなに聞かせたくなってどうしようもなくて 仏蘭西が俺のところに来て自由を謳歌すりゃいいじゃん ていう結論に至る


一曲が出来上がるまで 一体何回同じ曲を聞くのだろうって 気になったので なんとなくカウント 大体でカウントしたのだけど

数え切れなかった
多分ね 500回くらいじゃないかなと

4分の曲が500回てことは 2000ふん

2000ふんということは 大体33時間

それが6曲 てことは198時間

なんかもう よくわからんくなってきたよねえ


時間をかければ良いのができるかと言っても 必ずしもそうでもないのだ

関係ないけど クリスマスまであと二か月ちょいしかない

クリスマスの事かんがえたら ハカハカしてきた

きっと今年も メンバーで集まってなんかするんだろうなあ

正直 クリスマスくらいクリスマスらしいことしたいって毎年すごく思うよ

めちゃめちゃどんよりしてるもん

モテないバンドマンがクリスマスに5人も集まってさ あーだこーだやるなんて どんよりするよね しかも毎年だよ毎年

帰り道とかなきたくなるよね
あー今ごろみんなセックスしてるんだろうなって思うとさ まるで僕は世界から仲間はずれになったんだって思うよね

いや仲間はずれでいいのだけど 仲間はずれがいいのだけど
毎年こうして年老いてくのかなとか考えると やっぱり仏蘭西にいって自由を謳歌しようかなって迷うよね


ていうか 自由って何かな?と尾崎豊さんあたりの人に聞きたい

じゆう【自由】
[意]他から支配や強制を受けず自分の思いどおりにできること。

って辞書にはあるのだけど きっとそうじゃないよね

もっと 根本的な所にそれはあるよね


僕は生まれてきてから自由が欲しいなんて一度も思った事がないから たぶん仏蘭西にいった所で 何も謳歌できずに疲れて帰ってくるだろうけど


逆に 自由になったら困るかもしれない

僕のような 寂しいのは嫌いだし一人は嫌 だけど孤独がすき タイプの面倒な人は

きっと自由になったら生きていけない


ありとあらゆる意味で 誰かがいないと生きていけない


今の僕にとって 自由とか不自由とか 心底どうでもいいけど 自由になったら困る ていうのはなんとなくわかる


いまからミルクティーを飲もうと思うんだけど 僕はミルクティーを飲む事ができる

これはもう 自由の証だと思う
誰も何も言わないさ 言えないさ一人だから

極端な話 ミルクティーの中に毒を混ぜて飲む事だってそりゃ可能だ
誰も何も言わないさ 言えないさ一人だから

でも死んでしまうかもしれない けど死ぬ事さえも自由なのかもしれない

そう考えると やっぱり僕は今自由だし 仏蘭西へ行かなくてもいいのだろうし

結局の所 自由ていう事に無関心な以上は どうでも良い事なのだろうと思う


でも クリスマスの日には誰しもが困るくらいの大雪が降って
家にいなきゃいけないみたいな事になって
のんびりとコーヒーでも飲みながら寝ていたい そのくらいの自由は 望んでもいいよね



結局なんの話かわかんないブログになっちゃた

アルバム 期待しててねって話です要約すると


また ブログ書こう!て思ったら書くね


しーゆー!