常に一歩下がったポジションで深みをとり、視野の確保をしながら瞬時に状況を把握する。

ヒデの得意なプレー

『遠近法』