五輪女子サッカーの初戦はカナダに1-1のドロー

先制されて難しい試合展開の中で岩渕選手のゴールで追いつきました

グループリーグでは勝ち点3はもちろんですが勝ち点1を得ることも重要なのでポジティブにとらえていいと思います

ただ課題もありました、

早いプレスに対してボールコントロール、パス、ドリブルの判断を早くして回避しないと、フィジカルの差で寄せられ身体を当てられるとボールを奪われてしまいます。
そして、守備では狙い所で奪えてない場面が多々あったので修正しないといけないです。

これまでスピードとフィジカルに頼っていた他国は、日本のパスサッカーも取り入れてよりレベルアップしています。日本は攻守すべてのプレーで判断のスピードをあげ、なおかつ連動した動きで人数をかけていかないといけないでしょう。

初戦は緊張感もあったと思いますが2戦目に期待したいです!!

アンジェロも女子サッカーをちゃんと応援していました!!