僕と熊本ヴォルターズとの出会いは
熊本地震から3ヶ月後の2016年7月。
きっかけは、ワイドナショーの番組におくられてきた熊本ヴォルターズの湯之上社長からの1通の手紙でした。

はじめてヴォルターズのチームを取材した時、選手は5人しかおらず震災の影響もあり練習場所も決まっていない状況でした。
選手達もBリーグ開幕に向けて練習はもちろん大事だけれど、まずは震災の中で県民の方々の為に、ヴォルターズとして何ができるかを考えて行動していました。

そんな中でもBリーグ開幕にはなんとか選手が揃い、開幕戦に間に合うことができました。

1年目こそプレーオフ進出はならなかったけど、2年目には地区リーグ2位でプレーオフ進出し、残念ながら入れ替え戦で敗れ昇格まであと一歩…
3年目の今シーズンは地区優勝してホームの熊本でプレーオフを戦えることに。
勝てばB1昇格が決まる群馬との試合は残念ながら敗退…
ただ、まだ3位決定戦の島根戦に勝てばB1昇格を自力で決めることができます。

昨シーズンの悔しい思いをヴォルターズの選手とチーム、ファンのみなさんは忘れてないと思います。

3年目の今年こそB1に昇格する為に熊本ヴォルターズはこれまで1歩1歩、1つ1つたくさんの壁を乗り越えてきました。

明日からのB1昇格をかけた試合会場を、みなさんで埋めつくし、みなさんの声援で選手を後押ししてほしいです!

がんばれヴォルターズ