お久しぶりです

長女の進学についてのお話になりますが✨✨

私も夫も、
「この学校に行ってほしい!」
という気持ちが昔からお互いに一切なく、

「あれをしておけば良かった…という後悔をしない選択と人生を。
勉強面では唯一、語学だけは堪能だとたくさんの良い出会いができるだろうから、英語ともう一つ何か言語を身につけて欲しい」

と思っています✨

もちろん、吟味しても後悔する事なんて私は今でもたくさんあるので、後悔しない事なんて難しいとは思いますが、

「自分がこれを選んだのだから悔いはない!」

と言えるように、しっかり調べて悩んで、
私達親も全力でサポートできたらと思っています

そんな中、日本語の小論文の壁にぶち当たった長女💦

日本語はしっかり話せますが、小論文を書くとなると、
小学校2年生までしか日本語教育を受けていないので、やはりかなり難しいようです。


内容はよく書けているのですが、小論文の言葉の使い方が、なかなか厳しいものがあるようでした。


塾等に全く通っていないので、この数ヶ月、学校では先生と、自宅では私と一緒に取り組んで来ましたが、


ふと長女の中で、


「私の将来の夢にとりあえず日本の大学に入る事は関係あるのか?」


との疑問が浮かんで来たようでした。

実は長女、夢はずっと助産師さんでした。

「日本人のお母さんはもちろん、英語を使って、日本で赤ちゃんを産むお母さんが安心して命の誕生に向き合えるようにサポートしたい」

という理由からの夢でした。


しかし新型コロナウィルスが出現し、国指定の難病を持つ長女が、このような状況の中で本当に助産師さんとしてやっていけるのか?


と、私と夫の中に不安が芽生えました。


長女の夢は本当に尊敬するものであり、私達夫婦にとって誇りでしたが、私達夫婦にとって一度病気によって失いかけそうになった大切な長女の健康が、何よりなのです。涙


こども達3人が健康で、素敵なお友達に恵まれて、仲良く楽しく生きていけるなら、それ以外は我が子達に望む事はありません。
(人への思いやりと語学力は望んでいますが✨笑)


何度も考えて話し合った結果、長女は助産師さんと同じくらいなりたかったお仕事を選びました。
(芸能関係ではありませんなぜかよく言われるので)


しかし長女なりに、とりあえず大学に…という日本の風潮を感じ、頑張っていたようでした。


学校の先生からは
「ウタちゃんのお父さんとお母さんは何と言ってる?」と聞かれ、
「私の両親は自分の好きな選択をと言っています」
と答えたようで、

みんなが日本の良い大学を目指す事のメリット等も親としてしっかり話した上で、長女の選択に任せる事にしました


長女よりも人生経験が長い分だけのアドバイスはしっかりしますが、長女の人生なので、危険な事やさすがにそれはどうなのか?という事以外は自分で決めて、
精一杯頑張ってほしいと思います👍

10代ではありますが、
特殊な世界に生きる親の姿を近くで見ていたからか、もはや、私よりも冷静沈着で、
人を見る目や観察力も優れているので、
信頼はしています

今は、海外の大学に行きながら、就きたい仕事について学んでいこうか?
それとも日本の専門学校に行くべきか?

と、色々とまだまだ迷っているようですが、
まだまだしっかり悩んで迷って良いと思うので、
一緒にあれこれ調べて、
たくさん話し合いながら、


長女の見つけた道を応援したいと思います


私は高校生の時から乳児院の先生を目指し、
幼児教育学科のある短大に入り、
夫は幼い頃からプロ野球選手一筋だったので、
特に迷いなく進んで来ましたが、


「我が子の事になると、やはり色々悩むものだね」と、


夫と話しております
サポートしっかり頑張りたいと思います