をしてみた!めずらしく!!



あつい
初夏ってやつですか?

わたしは公演を終えてから、穏やかにそれなりに日々を送っております。
2019年は自己の基盤をしっかり整える年にしようと決めていたので
そのために沢山インプットしてアウトプットしている最中です。もがいております。






音楽が好きだ!とあんまり言ったことなかったのですが、
ことあるごとに音楽に背中を叩いてもらって前に進んでいるので
そう思うと好きなのかもしれません。
好きなのか?な?

ダンスも、音を知りたくて潜っていくような感覚でやっています。
好きな歌と同期したくてやっているのかも。
音楽と共にあると、とっても楽しい気分になりますね!



好きなアーティストさんというのもそれなりにいて流動的に変わるんですが、
本当に好きなものって全然変わらないよね!きっとみんなも!



たとえば学生時代の青春だったRADWIMPSや、
米津玄師さんも米津玄師名義の前の活動も(米津玄師さんはYANKEEってアルバムが至高ですよね)、
風味堂、
GO!GO!7188、
マキシマムザホルモン、、、
好きな音楽すべてが私を築いてくれたなと思う。



今はもっぱら日食なつこさんに築いていただいております!
もはや感謝が溢れて、
ここまで沢山の曲を産んで歌ってくれてありがとうと思うし
どうか出来るだけ長く幸せな表現活動を続けてくださることを祈っています。
ありがたやありがたや🙏🙏🙏

歌を歌うということは、
きっと顔も見えない世界の誰かを救うことだから。
顔も見えない世界のどこかにいるわたしを救ってくれてとってもありがたいです。

なんかラブレターみたい!



ということで、
私が好きな日食なつこさんの曲をリストアップしてみました



大停電
「考えなくても生きてこれた贅沢のツケを払え」なんて
死ぬほどよだれが出るし痺れすぎる

タイヨウモルフォ

水流のロック
言うまでもないめっちゃ名曲
すごい、なんかもう、すごいとしか言えない
魂すぎてやばい
この曲の前では語彙力もIQもげろげろに下がる

少年少女ではなくなった
わたしはよく、「あずはこの曲が私的テーマソングだな!(きゃりーぱみゅぱみゅのdo do pi doとか。もう絶対カラオケで歌ってほしい。絶叫して泣くと思う)」とか勝手に考えるのが好きなんですが
この曲を、どこかのタイミングで出会って聴いてほしいなと思う人がいます。
晴れ渡るだけが夜明けではないことを知ったとき、
そのとき捨てられない何かを拾ってほしい。
シャッフルでかかりがち


もっと好きな曲いっぱいある!
致死量の自由とか、Digとか、ログマロープとか本当にいっぱいある


あんましみんな興味ないかなと思って好きな音楽とかブログに書いてなかったんですが
わたしのブログだから私が興味あること書こうと思ったので書いてみた!





そういえばわたしが生まれて初めて一曲まるまる歌えるようになった曲は
椎名林檎さんの「歌舞伎町の女王」でした!!!
え!!!!

10離れた姉が、わたしに一生懸命教え込んでくれました。
当時は意味もわからず歌っていましたけれどだいぶ感慨深いものがあるな

歌舞伎町の女王を意気揚々と歌う、愛媛県の幼稚園児
対義語かよ


椎名林檎さんだと一番好きなのは「透明人間」です


また貴方に会えるのを楽しみに待ってさよなら


という一番ラストの歌詞を聞くと
いつもなぜか宮沢賢治さんを思い出すのです。

承認欲求の為に人を使うな、と指差されている気持ちになって、それを軽やかに歌い上げられていらっしゃって
心がウキウキするし、スカッとしますね!




そんなかんじ!!
ではでは

人を好きになるし、どんどん人に優しくなっていきます
大人になるっていいなあ、嬉しいな




SHOOTINGPAIN、すべての公演が終わりました!

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3778.JPG

本番中、準備してる共演者みんなの顔を見て話をしていたら
どんなときも、いつも元気と勇気が湧いてきました。
いつも以上に、みんなから元気をもらう公演だったと思います。
今回のブログはまず、共演してくれたRIPEチームのことを中心に書こうと思います。



わたしが出演したRIPEチームは、今までピヨレボに出演してくださったかたを中心に構成されたチームです。

最年長にして最多出演回数を誇る、
最大級の母性を持つみんなのお母さんのろちゃん。
でも皆からいじられる可愛さも持ち合わせてる、すごいひと。とにかく優しい。

振り切った人柄と愛で、
いろんなものを超越して皆が大好きになってしまうあかりさん。
あかりさんのことを嫌いになる人なんて、多分いないんだろうな。

エネルギッシュさに隠れてわかりづらいけれど
じつはめちゃくちゃ優しくてなんでも受け入れてくれるみくちゃん。
みくちゃんの底抜けの明るさに、たくさん救われました。

意外と物静かで、皆を気遣いながらも自分と向き合う時間も大切にしているけーちゃん。
わたしたち9人の隣にけーちゃんが新たに肩を並べてくれたことで
これがひとつのピヨピヨレボリューションなんだと思えました。

いつも自分にできる精一杯を、頑張って人に伝えてくれるまさき。
あなた、心優しいんだよね。伝え方やコミュニケーションの取り方、とっても難しいよね。
伝わってるから大丈夫。皆まさきの心のキラキラを見てるからね

超絶真面目でしっかり者、なんでも順応できるように見えるけど実は不器用、唯一無二の個性おりちゃん。
人に相談するのとかめっちゃ苦手な私だけど、意見がほしいときはよくおりちゃんに聞いています。
おりちゃんが思ってる以上に、おりちゃんのことを頼りにしている自分がいます。

すべてを愛と美しさと優しさで包んでくれる、わたしは密かにスーパーヒロインだと思っているろくちゃん。
ろくちゃんはみんなに愛されているけど、愛されてる以上に人を愛していていつも素敵だと思う。
人を愛している人が人に愛されるんだな、とろくちゃんを見ていると感じます

そして、初めての出演にもかかわらず
溶け込み馴染んでそして寄り添ってくれるみんな大好きゆうまさん。
足りない部分を満たすような人で、ゆうまさんがいることで溝が埋まるみたい。
顔がキレイで面白い(顔がキレイな人って面白いよね。
ゆうまさんの瞳って、橋本環奈さんに似てるんだよ!これはほんとだよ!!!)

明るい太陽みたいな熱さがあるのに
繊細で品があってそしていつも楽しむことに貪欲なあんりちゃん。
私めちゃくちゃ緊張しいなんだけど、
あんりちゃんとお芝居させていただくシーンはなぜかあまり緊張しないんです。
それってなんでだろうと考えたとき、あんりちゃんの目や佇まい
すべてが一緒にお芝居をしてくれる人に寄り添ってくれているからなんだなと気づきました。
以前わたしはろくちゃんに、「お芝居はね、1人でやるんじゃなくてみんなでエンジン燃やして車輪をまわすんだよ」とアドバイスいただいたことがあるんですが
これが車輪をまわすお芝居なんだと、間近で学ばせていただけて幸せ。
本当にだいすき!!!!!


それと。
わたしは以前、アイドルってなんなんだろうと考えたときに「どんなときでも自分を救ってくれる存在」だと答えを出しました。
わたしのアイドルはきっとこれからもこの人だなと思う。
あず、本当にありがとう。

私とあずはそんなに気が合わない。
あずは誰かといることが好きで、私は一人でいることが好き。
わたしは人に期待をしないのも諦めるのも得意だけれど、あずは諦めず何度も何度も期待できる。
あずは倫理観がとてもしっかりとしているけれど、わたしは笑っちゃいけないことで笑っちゃう。そしてよく怒られる。
笑いのツボも、考えてることも、服のセンスも、なにもかも違う。
でもそれらを全部乗り越えて(というかさして問題でないと思えて)この人と一緒にいたいと思えるのは、
あずはいつも私のおかげだと言ってくれるけれど
まぎれもなくあずのおかげなのです。
よく自分のことわがままでごめんねって言うけど、
そのわがままを私が楽しんでいること分かって言ってるの知ってるよ!
あずが離さず持ってくれている光が、わたしの希望です。


一緒にたたかってくれた皆が皆だったから
このSHOOTINGPAINが出来ました。
何度伝えても足りない気がするくらい、ありがとうです。

FRESHチームの皆も明るく楽しくキラキラ光っていて
稽古段階や本番中もあまり一緒の時間を過ごせなかったけど
その限られた時間の中で、みんなのことだいすきになりました!
はじめてのピヨピヨレボリューション、戸惑うこともたくさんあったと思うのに、いつも楽しそうにしてくれてありがとう。
ピヨレボ好きだって言ってくれてありがとう。
わたしたちの仲間になってくれてありがとう。


だめだ!書きたいこといっぱいありすぎて
どんどん文字数が増えていく!

実はこれ、公演中に書きはじめてたんですよね!
公演が終わった直後にあげようと思ってさあ!
でも書き終わらなかったの!はあ!!!


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3763.JPG

そして。
このSHOOTINGPAINという長い航海に
一緒に付き合ってくれたみなさま本当にありがとうございました!
観てくださるみんなの笑顔で、わたしたちはステージに立っています。


だめだ!!!書いていたらどんどん書くこと増えていく!!!


ピヨレボに携わってくれたみなさん
ピヨレボを愛してくれたみなさん
そして、ピヨレボと共にいてくれたみなさん


みんなみーんなに、ありがとう。


なんかもっと書きたいことがあるし、もっと伝えたいことがあるけど
ひとまず、いつまで経ってもブログあげられないので、ここまで。


取り急ぎ、ほんとにほんとにありがとうございました!!!

ではでは!!!!

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3782.JPG

したいと願って稽古する日々です!






おひさしぶりのブログ!だー!!!





_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3269.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3270.JPG



ピヨピヨレボリューション研究公演"ピヨラボ"
『SHOOTING PAIN』
本番に向けて稽古ががんがん進んでおります。


それと同時進行で、他のお仕事も🍀
(🍀←この絵文字はじめて使ったわ
平和な感じ出したくてクローバーって調べたら出てきた)
融通を利かせてレッスンを振り替えていただいたり
ビデオでの遠隔振り入れにしてもらったり
たくさんのかたにご協力いただけてお仕事出来ております。うーん生かされてる!


ピヨレボ恒例、アフターイベントの詳細やメンバーも発表されました👏
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3585.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3586.PNG

なんか今までと少し違うでしょ?💡
主宰のうてさん曰く、「研究公演(ラボ)なんだから、アフターイベントも研究(ラボ)しないと!」
とのことで
今までとは少し角度を変えたイベントを多数ご用意しております!

ちなみにわたしは、


--------------------

4/5 19:30
「初日だよ!全員集合」

4/8 19:30
「macoのスピードクッキング」
❗️ありえない速さで料理を作ります。
ちなみにそんなことに挑戦したことはないので
正直めちゃめちゃ緊張しております
ドキドキしているので、
癒し要員であずさに隣にいてもらうことにしました☺️爆

4/11 14:00
「ピヨピヨXXXライブ」
❗️ピヨレボ派生ユニット「ピヨピヨXXX」のライブ………に、え!!
まさかのmaco出演です。
こっちゃんこと石川琴絵の代役として出演しますので
魂はことえと共にあります。
ちなみにチョメチョメのオリジナル曲振付したのですが、初めて踊ります
ちなみに先日試しに踊ってみたら、ぜんぶ忘れてました

4/11 19:30
「BANZAI JAPAN 踊ってみた」
❗️今回FRESHチームでご出演いただく藤崎ふみは、
わたしがデビュー前から振付とレッスンで関わっているユニットBANZAI JAPANのメンバーなのです✨
ということで、BANZAI JAPANの楽曲を
ピヨレボ出演メンバーで踊ってみるという企画です
ちなみに人前でバンザイの楽曲をフルでパフォーマンスしたことはとくにありません
先日試しに踊ってみたら、大体忘れてました

4/12 19:30
「あずさのファッションショー
❗️うちのファッションリーダーであり、舞台などでの衣装さんとしても活躍しているあずさがファッションショーを行います!!
そちらにモデルとして出演させていただきます💡
今からウォーキングの練習がんばります

4/14 18:00
「オリエクササイズ」
❗️右手愛美演出、鹿島田織恵のエクササイズショーです。
全貌はまだひみつですが、絶対に面白いのでぜひ見てほしいです

4/16
「千秋楽だよ!全員集合」

--------------------

以上の7つのイベントに出演させていただきます✨✨✨



ピヨレボでは出演もですが、
今回も振付をさせていただいております。
ステージに立とうとする人はステージに立っている時によりステキでいてほしいなと‬思うので
振付でそのお力添えができたと思えた時
世界が少しだけ明るくあたたかく、空気の匂いもスッキリ感じます。
そのときの稽古場を出た瞬間の
「よっしゃー!人生さいこー!」
て思える感じがたまらなく好きで、
それを追い求めて振付をしているのかもしれません


今回いちばん難しかったなあと思う楽曲は、
年末から長く長く付き合ってきたSHOOTING PAIN主題歌「SHOOTING PAIN」!
聴けば聴くほど曲のちからを感じて寄り添ってもらってるような気分になります。
うてさんの作詞作曲に、めぐ先生の編曲の神バランスを
しっかり実感できる楽曲なので、
それをみんなが歌い上げながら世界観を崩さずお話の流れを汲む裁量になかなか悩みました。
いつも2人には曲を聴くたびわくわくさせてもらっていて
本当にありがたいことです。
なかなか無いことだから、有難いのです!!

もうすぐ本番。
小春と向き合ってきたこの数ヶ月が、
あと半月で終わってしまいます。
こんなにひとつの役に長く寄り添ったことは今までなく
そしてこれからもないんじゃないかなあ。


小春であって小春ではない小春と(何を言ってるのかわからないと思いますが本編を観ていただけるとわかります)
マツリと
そして小山田さん
それぞれがただ帰るべき場所に帰るだけのお話です。
でもわたしを含め、
大好きな人とお別れして一人で前に進むというのはつらいことだから。
言葉にしてしまうとシンプルですが、
どんな人でも経験したことのある別れは、たくさんの情感と想いを含んでいます。
沢山の人に観ていただきたいなと、稽古をするたびに思います。


明日からの稽古、あと2日!
大切に大切に時間を過ごそうっと!

以前、「奇跡に頼ってはいけない」という意見が振付をしているグループでの
パフォーマンスの話し合いをしていて出てきたことがあって
どうして奇跡に頼ってはいけないんだろうと思ったのですごく強く覚えてて
それについて何度も考えます。
奇跡なんていくらでも起こせばいいし
奇跡を何度もいつでも起こすための練習なのではないのかとわたしは思ってしまったのです。
これに関して答えは出ていないし正解は無いのでしょうけど
人はいつでも奇跡が好きですし、
精一杯の努力とひとさじの演出の結果が、努力だけでは至れないフィールドの正体ですので
それを何度も起こして体感していただくための
稽古や練習をしていきたいですね


ではでは!!!!!!


↑このページのトップへ