_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4622.JPG



作、演出:青沼リョウスケ

-------------

時は1864年、西部開拓時代へようこそ。

この荒野には
夢と女と金は風に吹かれて転がっている。

欲望という手垢塗れの鉤爪を伸ばしたもん勝ちの野蛮なGAMEに混ざってみたくはないのか?

焦るな!力と覚悟を賭けてみろ。

そう、血煙とウイスキーは
俺たちをどこまでも自由にするんだ。

-------------


<キャスト>
青沼リョウスケ
福冨宝
岸本武享
ムトコウヨウ
中村猿人
玉一祐樹美
林廉(以上、劇想からまわりえっちゃん)

黒木龍世
maco(ピヨピヨレボリューション)
中野智恵梨(アマヤドリ)
モリタモリオ
杉本惠祐(ドキュメンツ)

野村亮太(やまだのむら)
佐藤新太(第27班)
東京ドム子
栗原新奈
南大空



<日程>
2018年3/14(水)-3/18(日)

3/14(水)18:30▼
3/15(木)18:30
3/16(金)13:00/18:30
3/17(土)13:00☆/18:30
3/18(日)13:00

受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前です。

▼水曜の夜回(3/14)は、初日割がございます!(詳細はチケット詳細欄にて)

☆土曜昼の回、託児サービス有り
要予約:イベント託児・マザーズ
ご予約は→0120-788-222
0歳、1歳/2000円、2歳以上/1000円



<会場>
花まる学習会王子小劇場
〒114-0002
東京都北区王子1-14-4地下1F
TEL・FAX:03-3911-8259

王子駅より徒歩5分。
JR京浜東北線は「北口」、東京メトロ南北線は「4番出口」から北本通りを直進。



<チケット>
前売 3,800円
当日 4,000円
初日割 3,500円(14日のステージのみ)

えりこ割 0円(お名前がえりこの方0円 要証明)
高校生以下 1,000円(各回5枚のみ 要予約)

受付開始は開演の45分前、開場は30分前より行います。



-------------


-------------


ピヨレボ本公演『疫病神』が終演しましたら、次はこちらに出演させていただきます!!😋✨

客演、、、
いつ聞いてもドキドキする響きですが
今まで学んだこと、培ってきたものをぜんぶ引っさげて向かいたいと思います🔥🔥🔥

うおりゃーーーーーーーー!!!!!!!!!

おしるこ食べたい季節ですね!!!
おしるこ食べたいと思いながら毎年過ごしています。
でもおしるこってなかなか食べられない。
もう作るしかないのかもしれない、おしるこ。




新年初のブログになります🤗

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4464.JPG
見ての通り田舎



今年のお正月は、上京してきてはじめて愛媛で過ごしました🐶🐶🐶
わたしは年末年始が一年でいちばん好きなのですが
いままでなんだかんだ愛媛には帰っておらず!!><


そもそも上京して初の年末年始は、

31日レッスンに行って21時には寝て
1日は15時とかに起きて近くのコンビニでお菓子を買って
一日中テニプリを読むという、

えっお正月ってなに??別の国の話??

てくらい普通の日を過ごして後悔したので、
(随分前なのに鮮明に覚えているところに後悔の度合いが見えます)

それからはお正月感のあるお正月を過ごすことにこだわっています✨✨✨



今年も去年と同じく、

ピヨピヨファミリー年越しLIVE

で無事2018年を迎えられました!!
イベント中はとにかく楽しくて、楽しすぎて記憶がない!!
でも、ファミリーみんなとの絆が強くなって
みんなで一歩を踏み出すぞ!!!という気持ちになったイベントでした💡💡
ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました🙏🙏🙏


とにかく鮮明に覚えてるのは、

みんなと別れたあとお腹が空きすぎて、
寒い中道端で差し入れのカステラを食べたこと😇😇😇

寒すぎてどんどん冷えてゆく棒状のカステラ。

勢いよく食べ過ぎてむせるわたし。

それを遠巻きに見つめる人々。

そういう印象深い新年でしたね😇😇😇





そのあと愛媛に帰り、
のんびりと過ごしました✨✨✨
お隣の香川にうどんを食べに行ったり
イオンでポアロ(愛犬)のお洋服をたくさん買ったり
姪(5歳)と甥(1歳)とは精神年齢が同じなので、走り回って遊んで大爆笑したり
ポアロと寝たり

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4634.JPG
ポアロのお尻で寝てるひと(白目)
道後温泉に入ったり
朝と夜はポアロの散歩したり
ただただぼーっとしたり

そういう感じでした!




実家に帰っていちばん思ったことは、

母親ってずっと動いてるな

てこと!!これに尽きる!!!

全然座らないんだ、あの人!!爆
ずっとキッチンにいて料理してたり
コーヒー淹れてくれたり
晩御飯のときも、
「あれ食べる?」「これ作ろうか?」
とちょこちょこ立ち上がって準備してくれる。

つくづく有難いなと思ったのと同時に、
しゃんとしよ!!と背筋を伸ばされました。


うちの母親は、なんかいつも働いている。

小さい頃からお母さんはずっと働いてて、
学校から帰ってきたら
達筆すぎて読めないメモ(達筆の草書すぎて解読するのに時間かかる)が
置かれていて、
そのメモを頼りにご飯を作ったり
おやつを食べたりしてたんだよなあ〜
と懐かしいことを思い出した。


塾の先生をしているので、
「いつも生徒さんのことばっかり!!!」
とか
「お仕事ばっかり!!私のこと好きじゃないの!!」
とか
子供っぽい不満をたまに爆発させては、母親を困らせていた。
「ごめんね、ごめんね」とわたしのことを抱きしめながら謝る母親を思い出すと、今でも胸がキューっとなります。


お父さんはあいかわらず優しくて性格が良くて(なんといえばいいかわからないんだけどうちの父親は性格が良いのだ)
ねえちゃんたちも元気でサイコーだった。
いちばん上のお姉ちゃんとは10歳離れてるんだけど、
いつまでも可愛くて無邪気で天真爛漫で優しい。
2番目のお姉ちゃんとは7歳離れてるんだけど、
面倒見がよくて器が大きくてしっかり者なの!


やっぱり自分が18年育ったところなので、
空気と水が合っててものすごく居心地がよかった。
しあわせでした!
東京でまた戦う元気をもらいました🤗🤗🤗



今は元気いっぱいに、
ピヨレボ本公演『疫病神』に向けて稽古真っ最中です!!!
がんばらねば、、、🔥🔥🔥



_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4626.JPG
眠そうすぎない?????


ではでは!!!!!!!

完!!!!!!!

観たい映画多すぎてヤバイ



まずは、

予告を見て、すっごく楽しみにしてた映画
「DESTINY 鎌倉ものがたり」
をみにいきました✨


高畑充希さん可愛すぎひん??


舞台のまちが鎌倉、しかもファンタジーともなると、もう観るしかない!!
ワクワクドキドキしながら意気揚々と映画館に。



めちゃめちゃおもしろかったー!!
二、三回ぼろ泣きして、そういうつもりじゃなかったから拭けなくて顔ぐしゃぐしゃになった。
2時間で泣きすぎてブスになった。泣きブス

仲良し夫婦のほっこりラブラブストーリーの中にフシギな魔物や幽霊たちが生活の一部として存在してて
ほのぼのストーリーが好きなので拝む気持ちでみておりました🙏🙏🙏

都合が良すぎ、とか
話の展開読めちゃう、とか
見せたい年齢層と見る年齢層にギャップある、とか
ストーリーの山場後半すぎ、とか
映画でオムニバス風なんだ、とか
色々あるからリアリティを求める人にはオススメできないかもですっ


ジブリの実写版ぽい感じといえばいいのかな?
妖怪大戦争(15年くらい前?の妖怪映画。神木くんが可愛い)のCGすごいバージョンてかんじかな?💡
て感じでした

ちょっとネタバレかもなのですが、
夫の寝顔を見ながら言う高畑充希さんのセリフと表情が良すぎてそれを思い出すだけで泣ける。
今書いてるだけでちょっとうるっとしちゃう!

高畑充希さんはなんであんな表情ができるんだろう
あの表情だけで
「この人は自分が犠牲になっても厭わないほどこの人が好きなんだ、好きで好きでしょうがないんだなあ〜」
と思える。
思わずスタンディングオベーションしてありがとうありがとうと言ってました、もちろん心の中で

堺雅人さんと高畑充希さんの夫婦がハイハイハイハイハイハイハイハイ〜〜〜〜ていうくらいお熱い。
ヒューヒュー!!!

千と千尋大好きマンだから、電車のシーンでぶるぶる震えた
隣のお姉さんにごめんなさいって思ってチラ見したら
なんと、隣のお姉さんも震えてました




次に、
「オリエント急行殺人事件」



こちらも出ている俳優陣が素敵すぎて、観るしかない!と思って行きました。


名探偵ポアロシリーズの名作「オリエント急行殺人事件」
何回も映像化されているけど映画館で観るのは初めて。

何年か前の、佐藤浩市さんや野村萬斎さんが出ている日本版(たしか三谷幸喜さん脚本)すっごくすっごくすーっごく面白かった!!

ストーリー展開も、カットの切り替わりも、すべてがはやくて
好き嫌いが分かれるだろうけど私はとっても好みでした!!
特にポアロ登場の導入の事件推理からオリエント急行に乗り込むまでのスピード感😍

長回しで走ってるように撮影するカメラの撮り方大好きなので(パイレーツオブカリビアン一作目のラストみたいな)
入ってるとそれだけでテンション上がるんですが
今回の相方との出会いのシーンがそれだったからもうちょーーーーーワクワクしました!!


相方が岡田将生さんに似てた。もう途中から岡田将生さんにしか見えなかった。


岡田将生さんで思い出したんですが、
ピヨピヨXXXメンバーの鹿島田織恵(通称おりちゃん)の
「です」の言い方が岡田将生さんと本当にそっくりで!!
岡田将生さんの「です」の言い方が好きなので
おりちゃんが「○○なんです」てセリフを喋ると、
ひそかに「やっぱりめっちゃ似てる!!!!!!」とテンションが上がっています。本当にひそかに。



ちょとネタバレなのかもですが、
あるシーンの全員の座り方、立ち方が
有名な絵画のオマージュになっていて
(めちゃくちゃわかりやすくオマージュされている)
感動しました。
うわー!!こういうことする!?っていう。
その絵画の持っているメッセージとシーンのメッセージがリンクしてるからこそ、その美しさにほうっとなってしまった。

前にブログで、
振付に意味を入れるのが好きだということを書きましたが、
それが見えるものも好きです!
気づいてもらいたいわけではなく、気づいてもらうためにしているわけでもなく、
ただ自分にとって小さくて大事なピースをそっとはめ込む感覚。

だけど、そのピースが見ている人の心に「なんかいい」を生み出すのかなと思っています。
「なんかわかんないけど、いい」を生むためにはめ込むピースを、何時間も何時間も何日も探す。
その時間がわたしにとっては、人生で一番生きていることを実感できる瞬間です💡

オリエント急行のオマージュにもそれを感じたから、余計感動しました!

名探偵には無敵でいてもらいたいのでわたしは好きじゃなかったけど
監督の意図であるポアロの苦悩はすごくわかりました
オリエント急行殺人事件には娯楽作品であってほしかったので、
ラストまで、冒頭の沸き立つような明るい色味とテンションでいてほしかったですっ




大画面で観ることに意味がある映画と映画館ででなくても楽しめる映画ってある気がしてて、

たとえばTRICK劇場版や、洋画だったら「リリーのすべて」は映画館じゃなくても楽しめるだろうし
(「リリーのすべて」は、描写や映像が儚くて綺麗すぎて、逆に何度も一旦停止して眺めたい。エディレッドメインが完全に女性になってて鳥肌立つ)

ハリーポッターやアバターは映画で観ることでより世界観に入り込める。
スクリーンの外にまだまだ広がってる、VRみたいな感覚が味わえる気がします。

鎌倉ものがたりはCGがすごくて
「映画で観てよかったーーーー!」と思えました
オリエント急行殺人事件も映像が迫力あったから「うおおおお!」て感じでした





そんな感じ!!!!!

完!!!!!!!!

↑このページのトップへ