月別アーカイブ / 2016年05月


----------最新情報----------

新プロジェクト"Book of Magic"新曲「幻想奇譚」配信中
https://lineblog.me/machigerita/archives/1057047742.html

 
--------------------


image



生活リズムズレかけ        
https://lineblog.me/machigerita/archives/1058005485.html

今日はグレープ味        
https://lineblog.me/machigerita/archives/1058014240.html

物作りする自分            
https://lineblog.me/machigerita/archives/1058019889.html




本日は朝まで作業。


ひと段落まではひたすらに曲作り諸々。


そうやって自分と向き合っていると、


たまに「作曲家、アーティストってなんだろう?」って考えます。


依頼を受けて曲を作るタイプの作曲家(自分)は、きっと自分含め色々な人・作品の為に曲を作る仕事。


アーティストは、自分の為に、自分の何かを表現する仕事。


自分はどちらも兼ね備えているので、不思議な立場。


作曲家としてお仕事をさせて頂いている自分は、依頼してくれた方のお話を聞いて、それを自分なりの色で形にしている一方で、


アーティストとしての自分は、自分の内にあるものを、自分の意思で形にする。


作曲家の場合は、自分の力と依頼してくれた方々の力で仕上がったものを、そこに繋がる人(たとえば、作品・演者さん・アーティストさんのファン)へ向けている。


アーティストの場合は、完全に自分の意思で、思うもの、感じたものを表現していて、それは誰が喜ぶとか、誰に喜んでもらうとかとはちょっと違っている。


アーティストが自分の意思に反して、誰かが・ファンが求める物だけを作り続けるというのは、アーティストとしては違うと思っている。そうなったらアーティストとしては死ぬのでは、とまで思う。


俺はそんなアーティストの姿を見たくないし、そんなアーティストにはなりたくないです。


俺が音楽を始める前に追い求めていた、憧れた人達の中に、一見してそう見える人はいなかった。


これは作曲家としての関係性・やっている事を否定するわけではなくて、自分の中に作曲家・アーティストの自分がいるからこそ、常に立ち返る場所であるアーティストという場所を見つめ続けなくてはな、という話。


じゃないと、何をするにしても説得力なんてないんじゃないかと。


昔はひとりきりでしたが、今になっては色々な場所で色々な方に学ばせて頂いて、制作に参加してくださる方が増え、考えることややることが多くなったからこそ。


そろそろ音楽を始めて10年くらい経ちますが、今、作曲家としてもアーティストとしても作品を作れているのは幸せな事だと思います。


まあ、これを読んで色んな人に深く考えないでほしいのですが笑(ネットに転がる戯言ですよ笑)


たくさん作曲家として曲を書いて、アーティストとして色々な物を生み出す人生を死ぬまでおくりたいなと、いつも思います。


現実、ニュースなんかを見ていても、厳しい悲しい辛い話がちらほらありますが。


夢が叶えばいいな、俺。


とか、イラストのように「ゲームしたいな」なんて考えながら思っています。笑


朝まで作業です、がんばれよ。俺。笑


----------最新情報----------

新プロジェクト"Book of Magic"新曲「幻想奇譚」配信中 
https://lineblog.me/machigerita/archives/1057047742.html

 




チュッパチャップスにハマりかけています。


いよいよツリー買っちゃうか?!どうなんだ!?


いやしかしおいしい。


ふふふ。


お仕事します。


----------最新情報----------

新プロジェクト"Book of Magic"新曲「幻想奇譚」配信中 
https://lineblog.me/machigerita/archives/1057047742.html


↑このページのトップへ