人としてのタイムリミットがあって
それがいつ来るのかわかっていたら
もっと大切なことや人を大切にできるのでしょうか。
なんて。

今年に入ってから再開したり新しいことを始めたりして、色んな人に色々やってるね。と言われることが増えました。
見てもらえていることも有難いし、心配もおかけしていることもあるのかなと思います。
なんで?と言われると、きっかけはすごく小さいことだったりもあるけど
なんとなく、いつ死ぬかわからないから色々やりたいことをやっていこう。って気持ちがあって
(かといってべつにどこか体が悪いわけじゃない、というか調べていないのだけど安心してください◎)
色々やりすぎて本当にやりたいことを見失ったりしてるんじゃないかな。とか
自分でも自分に問いかけたりするんだけど
今は今でこれをやり遂げた先が見てみたいなという気持ちもあって
逆にいま大切なことやものも見えてきたりもしているので
学ぶことの多い日々だなぁと思います。
今年の目標は 余裕を持つ。
だったけど、なんだかんだ時間は足りなくて…達成できるのかなとか思いながら
そんな中で自分が何ができるのか精一杯足掻いてみます。






今年の目標を掲げていた1月後半から気づけば5月ですよ。
タイムスリップかな。ってくらいに早いなぁ。

平成が終わり。令和が始まりました。
自分の生まれた平成という時代が幕を降ろしたことに実感はないのだけど
刻々と時は過ぎ去っていくので
そのうち慣れてしまうのだろうなぁと思います。
慣れは良くも悪くも何も感じなくなる気がして、怖いな。

愛着のある平成でした。
令和も好きになれたらいいな。

ゴールデンウィークがお休みだったわけではないのですが
いろんな人に会えて充実していたのもあって、終わってしまったら何だかすこし空っぽな感じになってしまって
朝、ぼーっとしてしまったり、朝食を食べながらどこか遠くを見つめていたり。。
そんな話を人にしたら
「それどころではない。」と
正論すぎてなんも言えないけど、主に自分の甘さへの劣等感が炸裂してしまって
そうだよねー。えへへ。しか言えなかったというお話。
当たり前のことすぎて、勿論そうなんだけど。
楽しかったあとの虚無感って、楽しかったことが、あの時間がもう戻ってこないことがわかってるから空っぽになるんだと思っていて
そんなことにいちいち絶望感抱いてたらキリがないと思うんだけど
楽しかったなぁ。とか、また会いたいなぁ。とか
そういう瞬間に希望を抱いちゃうような、小さい頃みたいなことを
きっとこれからもしていくのだと思うし、あまり忘れたくないなとか思ってしまうたちなのだなぁってここ何日間か思ってました。
そんな一言に引きずってお馬鹿なのかもしれないんですけど。
その人にとっての「それどころ」はわたしにとって意外と大切な気持ちなのかもしれないと思いたかっただけなのかもしれないです。

でも甘えてばかりじゃ勿論ダメだから楽しみなことを自分で作ってやっていきたいなって思います。

誰でもいいとか、なんでもいいとか
我儘かもだけどそういうのがやっぱり嫌で
自分じゃなきゃダメなものとか
そういうものに特別感を抱いてすがって生きています。
これからそんな場所を増やしていきたいです。

おやすみなさい。

例えば誰かの言葉に傷ついたとき
出来るだけその人と距離を置いて
当たり障りない距離を保つようにしてきた。
でも、それって一時的な解決にはなるけど
またその人と会わなくちゃいけないってなったときに、より億劫になってしまうんだよね。

嫌いな人をなるべく作らないように、ちょっと苦手かもって思ったら距離を取るようにしてきた。
嫌いって気持ちは自分にとっても相手にとっても悪でしかないと思うし
出来るだけ嫌いたくないし嫌われたくないなぁって思う。
いま嫌いな人いる?って聞かれたらどうだろう…すごく難しいけど、苦手な人はいたとしても多分いないと思うってなると思う。
勿論今までに1人もいなかったわけじゃないけど
きっと昔に嫌いだった人はもうほとんど覚えてないし、自分の人生において関係がない人だ。

嫌われないようにしてきた時期は本当に相手の顔色ばっかり伺って自分ってどんな人間なのかもよくわからないままに生きてたと思う。
今も人の顔色は伺ってしまうときはあるけど、基本もうそんな場所には出来るだけ行かない。
無理をすることをやめた。ってことでいいのかな。

さて、そんなこんなで少し逸れたけど解決について書きたかったんだった。

そう、人の言葉で傷ついたとき今まではその場から逃げることで自分を守ったり
自分のせいだったり、相手のせいだったり、何かに責任をなすりつけることで逃げてきたけど
このままだと結局傷ついた事実は変わらないし、最終的な解決にはならないなぁと思った。
例えば常に会わなきゃいけない人に傷つく言葉を言われて、それが克服できなかったら…
生活に支障が出ちゃうよね。

今までの方法じゃダメだと思っていよいよググって色んなものを見ていたけど
なんとなくその中で自分なりに納得できたのは
傷ついた自分をちゃんとケアしてあげること。
というところでした。

今までは逃げてその場を乗り切ったらそのままにしてきたけど
自分が傷ついたことを知ってるのは自分だけだもんね。
そりゃ、労ってあげないと傷だらけなままだなぁ…と。

でも自分で自分を大切にするってなんか変な感じだ…と前なら思っていた。
だったらもっとやりたいことのために少しは無理をしたり、大切な人たちに何かしてあげる方がよいのではないかなと。
でも結局自分を疎かにすると人のことも疎かにしてしまったり迷惑をかけてしまうなぁと思った瞬間がここ何年か思い返すとあったなぁって。
自分がいっぱいいっぱいになってしまったとき結局助けてくれるのは大切な人たちだ。
それの繰り返し。

いっぱいいっぱいになる前に本当はもう少し自分で自分をコントロールして労わるべきだったのかもなぁ。って
今は何だかそう思える自分がいて、自分のことは自分で守るじゃないけどもちゃんと理解して守ってあげないとほかの人も守れないね。と思ったのでした。

今年のテーマは 余裕 だと思っていたけど
時間がない、やりたいことは沢山ある。
そんな中でもほんの少しの気持ちの余裕が持てるように、自分に少し優しくしてあげられる自分も育てていきたいなぁ。
それで最終的に相手にも寄り添えたら万々歳。

そんなことを考えていた昼下がり。

↑このページのトップへ