☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️
予約投稿です。
皆さまの所には、徐々にお訪ねしますので、
よろしくお願い致します。
☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️

6n3RenMm4w.jpg
NyMlikquvV.jpgあ、あれはコ△ナのせいだったのか!と、やっときづいた彼女。
QtnUyjqpah.jpg
5wnlkbafgh.jpg
muIcpn2BpW.jpg
E5HdXejf_O.jpg店員さんが、おじいちゃんにガミガミ言っていた。
7oRWpJ5dOU.jpgおじいちゃんはただ、お尻をふく紙が無い、困ったよう、と言ってるだけだったが、店員さんは自分が責められてるように感じている様子であった。
oMLliwlqk5.jpgしずかは、セーラームーンが好きな少女だったので、店員さん(推定58才くらい)の髪に、セーラームーンの髪留めがあるのを見逃さなかった。
Ttj8TUW49U.jpg
RQEHP8zW_G.jpg
7k49vVPVEs.jpgこんなこと、言えるわけない。
J2wqB3bSs7.jpg
aVRUoEa2fZ.jpgいやいや、もっと無理。
JSqqyhGr9f.jpg
gqY_Xhn9kH.jpg
Tr435iKV7H.jpg
jRSmQqJNII.jpg
eKzGdRbeT6.jpg
lh71DsvWQ2.jpg
VArhNW3jwC.jpgあのティッシュ、残り何枚かしら。と、やはり
おじいちゃんのお尻が気になるしずかで
あった。

そんなことより、、、。
しずかよ、テーブルと椅子は買わないのかい。


🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃
しばらくは予約投稿します。
皆さまの所には、時間がある時に徐々にお訪ね
する予定ですので、よろしくお願い致します。
🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃


KNwNK3BI7X.jpg
314vjT4ZlY.jpg
SKzZCb2gOi.jpg
erCLCx3tdm.jpg
AG53T3gcO_.jpg
kUkYmXOhcI.jpg
CuJVJAQ_R5.jpg
ZswGMeXFJC.jpg
ZNEdx934o5.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7054.JPG
RZrv38dejg.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7056.JPG
sBSGloZYLK.jpg
CrvPLjMMWm.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7058.JPG
BTae6kH9cm.jpg
8ina7zzUqf.jpg
dvDyQSGsNk.jpg
BWtxgOBEFc.jpg
IVW5Is8Ngr.jpg
mrTUekMsPC.jpg
r4HKoYg9TM.jpg
35yrXzT8lj.jpg
mJOBM7YrvV.jpg
5V21Xh6SQc.jpg
4R_ilMZFvk.jpg
mG8z3FqtlW.jpg
1PgmgKpxbR.jpg
Frd5hfHqym.jpg
QOO1DC8k90.jpg
Kg8R3XfsiO.jpg
YdZRQsHVkl.jpg
bSnWZMVq2W.jpg
2MqlHtF2yy.jpg
Ap4HpVvraY.jpg
cTwjKwubG1.jpg6BYal6WZAV.jpg
clehyhvElh.jpg
zx_Gi1CJhy.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7105.JPG


🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱
しばらくは、予約投稿になります。
時間がある時に、皆さまの所にも寄らせて
いただきますので、よろしくお願い致します。
🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6725.JPG

先生の訃報を知った


そっか
死んじゃったんだ


きらいなおじさんだった
うざかった

おまえはやればもっとできる

とか

自分が本当にしたいことはなんだ?

とか言ってたな


ああ
死んじゃったんだ


卒業して20年くらい経った頃、全員に作文を
郵送で送ってきた

俺たちが卒業前に書いた作文

この時期に送るつもりでとっておいた、
と書いてあった

なんなんだよ
ホントにうざいな
変わってないな

言いながら涙が止まらなかった


それから1年も経たないうちに
先生は死んだ


俺らをほんとうに愛していたらしい

気づくの遅いよ自分
あやまれよ先生に

涙が止まらない

あやまりたい


俺がお墓まいりに行ったらどう思うだろう

わかってる

先生は


おまえなら、わかってくれると思ってたよ


そう言うだろう

俺は、アホみたいに泣くだろう

あの頃の、本物のアホ野郎に戻って泣くだろう



いつも先生がいたベンチに座る

先生
新緑がまぶしい季節になったぜ


先生が好きだったチーターの歌
俺が嫌いだった歌

笑えるんだけどさ
まさに俺の人生が、あの歌詞みたいだったな
歌詞っていっても、あの部分しか知らないけどね


三歩進んで二歩下がる


でも
時間はかかったけど

暗闇から抜け出せたんだ


たぶん先生が一番心配してくれてたことだよな


これからは
駆け足で楽しい人生になる
きっと

だって先生が

おまえはやればできる

って言ってくれていたから



先生

キヨシローの


僕の好きな先生


って曲

今度歌いに行くから聞いてくれよ


信頼できる大人第1号のおじさんへ

送る歌だからさ



🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃

恩師が亡くなった知らせを受け生まれた詩のような物、です。
気持ちをより表現しやすいという理由から、一人称を男の子として
書きました。











↑このページのトップへ