こんばんは!
https://bardral-urayasu.com/news/news-13733/
スペインリーグのO Parrulo Ferrol FSより
バルドラール浦安に移籍しました。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9177.JPG

本当に楽しみな気持ちです。

スペインリーグでの活動は正直に、もっと継続したい気持ちもありました。選手なら当たり前だとは思うけど、、、しかし、現在のこの状況は誰しもが予想できたことではないし、フットサルはあくまでも命あってのフットサル。
本当にいろんな感情がありましたが、日本に帰ることを決断することはさほど難しくはなかった。
あちらでの契約形態含めて、難しいこともありましたし、ここでは言いにくいこともありました。


しかし、本当にスペインのクラブは素晴らしく、常に自分に寄り添っていてくれた。
最初から最後まで。

評価はもちろん厳しくされるが、本当に家族として接してくれる。
愛すべきクラブ・恩師ができたことは本当に嬉しいこと。
帰国し、次のクラブに行くことを親身になり尊重してくれた。
その感謝の気持ちを持って、これからもプレーしたいと思う。


そしてバルドラール浦安。
自分を必要としてくれ、そして、加えて、手を差し伸べてくれた。
これが選手としては全て。
プレーできる環境があることが全て。
全身全霊、浦安の為にプレーする。
ただそれだけです。
赤いユニホームを着て、新しいエンブレムを愛すこと。
十分過ぎる理由があります。


いろいろ感じる人もいると思う。
俺がここにきて本当に良かったと思ってもらえるように、どんな時も全身全霊、プレーしていきます!
10年前に代表に入り始めた頃の代表キャプテンが現バルドラール浦安監督。小宮山監督。

フィクソとして沢山のことを見て学ばせてもらった人です。一緒に仕事させてもらえて嬉しい気持ちです。

ボールを蹴りたい気持ちは増すばかりですが、とにかく、命あっての、フットサルです。

今は自粛する時。
一人一人が責任を持って、この状況に必要なことをできれば良い。
みんなで頑張ろう。

という報告でした!
では!

SNS  
social networking service
ソーシャル・ネットワーキング・サービス

いろんな種類があるけど、それぞれにアカウント持ってる人も今の社会ではほとんどだと思うんだけど、、、

今、このタイミングでのそれについて!


LINEとかでいろんな情報が回ってきたり、TwitterとかFacebookで情報が拡散されたり、、、

こんな状況だとより拡散され易くなってるのかなと感じるんだけど。

中には、真実でない情報もある。

実際、ロックダウンする情報とか
新型コロナウイルスに関しての情報とか、、、
結構回ってきたり、拡散されているのを目にしているんじゃないかと。

ほぼほぼ善意でやってることだろうし、SNSを活用することは可能性無限大だと感じるけど
拡散の仕方には本当注意したいなーと思う。

ソースはどこにあるのか、責任を持って確認しないといけないし、できることなら引用した方が良い。


近いとこでいうと、東日本大震災の時にも沢山のそれに近いものが出回ったのも関東の人は記憶にあるんじゃないかな。
黒い雨が降るとか。。。

一見、拡散する前に確認しそうなもんだけど、やはり冷静じゃない状態だったりすると良い判断ができなくなったりする。

だからこそ、今こそ、冷静に確認し、有益だと思われるもののみ拡散して欲しいなー。。。


明るくなる話題も沢山SNSには転がっている訳で!

有効に活用したいよね

そんな時に!俺的にグッときたカズさんの言葉!
元ジュビロの福さんがシェアしてたのをみてグッときた!
近いことを伝えてくれてる方々は最近沢山見受けられるけど
カズさんが送ってきた人生がこの言葉に重みを与え、カズさん自身の言葉でわかりやすく伝えていると思う。
日本のアイデンティティーってのはそういうとだと思う。
政策がこれ以降変わるとしても、国民がやれることは、それぞれの判断で良い方向に転換するようにやり続ければ良い。

頑張ろうと思える!!
流石だ。

こんばんは。
他のSNSでは呟いてたんだけど、3月31日に日本に帰国しました。
スペインのリーグや今後のことはまた追って報告しますね。。。今日は帰国のことや、日本の現状について。

そう。それで。
帰国もなかなか大変でした。
まあ、これくらいを大変って言ったら怒られるかもだけど。。。いつもの飛行機移動とはかなり違う緊張感もあり、、、家に着いてからはどっと疲れてでた。


自分のいるアコルーニャからの帰路はこんな感じ。

[アコルーニャ→マドリード→ヒースロー(ロンドン)→羽田]
トランジットもそれなりにあって、22時間くらいだったかな!まあまあ!(笑)

帰りの感じはこんな感じ!
臨戦態勢。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8838.JPG
手袋はめながら、除菌液でこまめにやりつつ。。。気になりすぎで。。。大袈裟に見えるけど。。。
これがスペインの今でした。
気の持ち方は人それぞれだけどね。

30日、スペイン時間の朝一でマドリードに向かうんだけど、、、空港はかなり空いていた。
まあアコルーニャもそんなに大きい空港じゃないんだけど。。。とにかく、外出禁止令が出ているスペインで国内移動する人はかなり少ないのは間違いない。
機体に乗り込む際もしっかりと人と人との距離をあけながら誘導される!

そして、マドリード!バラハス空港!
マドリードではトランジットが1時間半くらいでかなりちょうど良く!本当だったらパンとか食べつつ、コーヒー飲みつつ、空港楽しんで行きたいところだけど、今回はとにかくどこにも近づきたくないという気持ちが先行してた。
そもそも、ショップも開いてなかった上に、カフェ的なものも空いていたのは僕が使うゾーンでは1店舗だけだった。
開いてたけど、鬼のスルー。
ようこそーって声かけて来れたから、それに応えつつ、早歩きでサヨナラしてきた。

かなり大きい空港なんだけど、本当に人がいなかった!
ロンドンに向かう便にはある程度人はいたんだけど、満員ではなかった。普段を知らないから、、、あれだけとも。とにかく、広い空港、相当空いてたな。

空港内では距離を取るようにというアナウンス。
ちょっとでも咳しようもんなら皆んなその人を注意深く見る状態だった。(笑)

どっちも悪くないんだよね。(笑)

それでまあ、無事にヒースロー空港まで向かい!
ここが5時間半くらいのトランジットだったかな。
とりあえず待てる場所でゆっくりすることにして、、、

小腹を満たすために、唯一開いているショップに並んで入り買い物。
ほぼ人はいなかったけど、店内の人数制限により、間隔をあけて並んでました。

買い物終えて、手洗いうがい、そして除菌までして恐る恐る食べつつ、飲みつつ、、、
喉は潤しておいた方が良いとのことだったので、こまめに水は飲んでたけども。


ひと段落して携帯いじりつつ、トランジットを凌ぎ、要約、日本へ向けた機体へ!

ここで、あまり間隔をあけて並んでないのが気になりつつも、極力密接しないように、並び、そして無事に機体へ。

満員ではなかったけれど、それなりには乗ってたかな。近くのおばちゃんは乗るなり除菌シートで座席、テレビ画面、テーブル、リモコンを拭き拭き。
つられて俺も拭き拭き。
何が正しいのかは定かではないけど、それにすがりたくなる気持ちもわかる。
スペインで現地の状況を感じてきた身としては、本当にこれでも足りないんじゃないかって思うくらい。
手洗いも済ませる。

やっと落ち着いた途端、少し疲れが出てきたけど、なんだかまだ緊張感ある感じだった。

そわそわしつつも、とにかく飛行機は大好きなタイプだから適度に楽しもうと割り切る!

映画も見つつ!
ご飯も食べつつ!手洗いうがい除菌もしつつ!

なんとか無事に帰ってきました!

日本時間31日の15:00前に到着。

事前情報で機体から降りたら出来る限りはやめに直で検査会場向かった方が良いとのことだったので、薫くんと競歩のイメージで検査会場へ。

空港内検疫。

そしたら最初のグループでPCR検査できることになった。TOP10に入れた。。。でかい。
検査会場は恐らくだけど、僕らのゾーンは一ヶ所だから、結構な待ち時間になるとのことだったんですが。。。
良かったー。。。

と言いつつも、スタッフの方々も本当いろいろな対応に追われてて、本当に大変そうだった。。。ドクターの方も出てきててフル回転してた。

必要書類記入して、条件を満たしているかを確認しつつ、別室へ。
条件というのは、帰国してからの自宅もしくはそれに準ずる場所の確保、またそこまで向かう為の交通手段を公共の交通機関以外で確保しているかどうか。この2つを満たしている人が最初のグループで検査を受けることができた。

俺は家族に車を空港駐車場に止めておいてもらってたので、そうやって確保しておいた。
家族は置いて電車で帰ったというね。
沢山の食材と必要なものは事前に積み込みしておいてもらったので。

このようなことが可能でない方は、レンタカーや会社が用意したハイアーとかも用意しているようだった。。。(詳しくは確認してね)

俺は家族に感謝だ。

そう、最初のグループとはいえ、なんだかんだで2時間以上はかかったかな。
次の日から数えて2週間の外出禁止ということだったので、自分の待つ場所にて結果報告を待つことに。


空港から車に乗り、到着した時には一気に疲れが。。。
気を張ってた分、倒れ込みそうだったけど、、、
とにかく早く、服を脱ぎ、手洗いうがいもして、風呂に入った。(笑)
死ぬほど気持ち良かった。


そんな感じの帰国でした。
ちなみに、一昨日4/8の夜に結果連絡あって陰性とのことでした。想像より遥かに結果連絡が遅かった。たぶん、検査から報告までなかなか追いついていない状況だと思う。本当大変そう。
ちょっと遅過ぎるとは思うけど、まあ、仮に症状が出た場合などの連絡先なども指示はもらえていたし、対応はできることになっていたので、問題はなかったかな。どちらにせよ外出禁止に変わりはないわけで。
非常事態故ですな。


新型コロナウイルスの件で、空港においても検査や待機場所の確保、また日本でも今さまざまな問題と対面している。特に医療崩壊を起こさない為にも全ての問題が超緊急で対応を迫られている。スペインから見てたら皆んなもっと早く意識持ってくれ!って思ってたけど、やっぱり人は問題と対面してみないことにはなかなか行動できない。それはもうしょうがない。
でも今からでもとにかく、意識して一人一人が判断して行動するしかない。

補償問題も含めていろいろな批判があるようだし、その気持ちもわかるけど。

とにかく、この状態がいち早く収まらないと何も始まらない。
もちろん並行して策を投じるのが政治だとは思うけど。
とにかく、批判もわかるけど、今できることを自分達で考え、自分達で行動していくことがこの状況では必要なんじゃなかろうか。
つまり自粛。

この、日本での緊急事態宣言は強制力が、海外のそれとは全く違うという。確かに、ヨーロッパ諸国では外出に対して罰金を科している。

そんなことは今どうでも良くて、もちろん、強制力を持たせることも一つの議論として今後に向けて話していく必要はあるとしても、今、僕ら国民ができることは、この、日本で許されている自由な行動権利をフル活用しまくって、とにかく『自粛』することだと思う。

この時間でも働かないといけない医療従事者や政府関係者、そして流通、その他沢山の方々の為にも、そうあるべきだと思う。

もちろん、生活困難になる人々や先が不安になることもあると思うけど。今こそ助け合う気持ちを持って乗り切るしかない。
もちろん、そんな中でも出勤しないといけない状況の人もいることもあろう。本当に大変な状況だし心中お察しします。本当な気をつけてもらいたい。

それでも
頑張ろうじゃないか。。。それしかない。

と、思う。

とにかく、これ以上、出来るだけ不幸なニュースが減るよう、そして、出来るだけ早く、危機的な状況で頑張って働いて来れている方々が安心して休めるように。願います!




↑このページのトップへ