_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0381.JPG
joppin:cal、2020年最初のライブでした。


ホームグラウンドはどこですかと問われたら下北沢か青山かくらいの感じでRizMにはお世話になっていて、昨年2周年の時も呼んでもらった記憶がありまして僕ら自体も大切にしているライブハウスのひとつであります。

3周年で特別だったのか平常運転か、会場内でおでんが売ってました。いいね。


出番は2番目と早かったのですが、とても沢山集まってくれてすごく嬉しかったです。
おじさん二人でマイペースにやってますが、こんな僕らの元へ集ってくれるお客さんは大切な宝物です。
より良いものを聴かせられるように今年も精進を重ねていけたらと思います。



あと余談ですが、「とりあえずちゃんとしたの買うまでこのダンボールでいいでしょ」って、そのまま3年以上もの間、雨の日も風の日も、ツアーにも使い回し、北海道のライブの度に補修して佐川で送られ、まさにボロッッッボロになるまでとりあえずという曖昧な言葉で繋ぎ止め、使いに使ってしまった「物販しまう箱」がついに限界を迎えた為、この度ちゃんとしたやつに世代交代しました。




_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0353.HEIC
スッキリ満足。





というわけで新年1発目、来てくれた皆さん本当にどうもありがとうございました!

来月もよろしく〜。






_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0404.JPG
atIxTObQaR.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0402.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0403.JPG









P.S
僕の眉ピアスの上の玉、どの辺で落ちたか知ってる人いたら教えてください。

実家にて。
姪たち来襲。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0177.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0178.HEIC
さすがに末っ子以外は小学生に上がってるんで、年一しか姿を見せない謎のオッサンにはあまり近づかなくなってきました笑

自分は子どもの頃、親が目を離してる隙に「…お父さんとお母さんに見つかるなよ…。渡さずに自分で使えよ…。」ってサッとお年玉渡してくる親戚が「粋」だなぁと子どもながらに感じていたので、小学生くらいならお年玉も親に没収されずそろそろ満額使いたいだろと思って、兄貴夫婦のいない時を見計らって「これはパパとママに言わずに自分の好きな物買ったり好きな事したり自分の為に使っていいんだよ。隠しときな。」って言ってそれぞれに現ナマ掴ませたんだけど、後から普通にお年玉どうもねって兄貴夫婦から連絡がきました…笑
そうか、女の子はけっこう冒険しないんだなと。何でも親に伝えて偉いなと。粗悪な悪ガキ出身の金髪おじさんは感心するのであった。






あまり滞在時間が無いといっても実家というのは落ち着く反面やはり暇なもので、親父の車を借りて札幌をドライブしたりしてました。
札幌ファクトリーは100年振りくらいだったけどあまり変わってなくて安心しました。
昔はなんて大きな商業施設なんだと思っていたけど、お台場とかレイクタウンとかそういう東京近郊の巨大モールから比べると「あれ?これで全部??昔はもっともっと広く感じてたのになぁ。」と拍子抜けしてしまった自分がどこか疎ましく哀しかったです。





これは北海道にしかない炭酸飲料リボンナポリンの自販機なのに肝心のリボンナポリンが入ってないという非常に北海道らしい一枚。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0190.HEIC






あとスープカレーとかラーメン屋とか、帰ったら食べたいなって思ってたお店全般が正月の為休みで、唯一開けていた豚丼いっぴんを食べました。うますぎてため息が出ました。豚丼のレベルを逸脱してます。なんてうまいんだ。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0198.JPG




実家のりょうの部屋、VHS棚。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0208.HEIC







北海道の人しか知らない、ロバパン
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0209.JPG









東京への戻りは個々で飛行機の年もあるんだけど、今回で最後という事でバンドを越えて地元連中と行動する青春ルートを選択した為戻りもフェリーでした。
去年も居たはずなのに、たくやくんがまるで初めてかのように「船イイっすね!!最高っすね!!」と興奮して何回も言ってきたのがフレッシュ感有り余ってすごく可愛いらしかったです。
真悠さんは良いルーキーを見つけたと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0232.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0227.HEIC




船内ではわじょうさんが実家からめちゃ辛いチャンジャを持ってきて皆に振る舞ってて、めちゃ辛かったです。
そんなわじょうさんは安定に酒に酔い、安定に変な寝方してました。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0222.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0224.JPG






茨城を経由して、およそ30時間の長旅を経て東京へと戻ってきたその足でなんと僕は札幌ラーメンの名店、一幻に行きました。現地では休みだったからね。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0246.JPG





以上、短い帰省でしたが青春の船旅や久々の札幌、久々の実家、そしてライブでは懐かしい顔や遠征組の心強さもあり、新年早々英気を養う事ができました。

だいぶ遅い挨拶となりますが、皆様本年も何卒シクヨロお願い致します。

おわり





前回はフェリーを紹介するだけの回になってしまったので改めまして2019大晦日の話を。



俺何故か今年は雪をすごく楽しみにしてて、帰ったらめちゃデカい雪だるま作っちゃうもんねと意気揚々だったんだけど、記録的な暖冬らしく全然雪が無い!こんな札幌は札幌らしくないぜベイビーって文句と驚きを垂れながら皆で会場に向かいました。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0149.HEIC





実は12月下旬はずっと体調崩してて、2〜3日前まで熱もあって具合すごく良くなくて(ただの風邪、インフルエンザではない)、病み上がりでフェリー移動した為か下船してから地上で静止しててもずっと身体が揺れちゃう、俗にいう「陸酔い」という状態がめっっっちゃくちゃ酷くて、基本的に他の皆も下船後数時間は「ちょっと揺れてる感じするなー」ってくらいなんだけど、俺だけ翌日も全然体揺れちゃって治らないというのが毎年のパターンなんですけど、↑の理由からなのかこの日は人生で一番陸酔いが酷くて、楽屋で座ってるだけなのに体揺れて椅子から落ちちゃうくらいフラフラでした。もうマジでコントでベロベロに酔って超チドリ足の人みたいな。




そんな中EMA SEAとじょっぴんの2つで出ました。


EMA SEA
メンバー
Vo.絵真村 隆一
Gt.WAJIZO
Gt.IZARAN
Ba.R
Dr.Taku矢

セットリスト
01.TONIGHT
02.G.
03.SLAVE
04.TIME IS DEAD
05.WISH



特にWAJIZOさんとRはLUNA SEAで育ったと言っても過言ではないほどの青春ド真ん中、ただのLUNA SEAキッズなので、とても楽しかったです。
味をしめて東京でもEMA SEAやりたいんだけど札幌在住メンバーがいるのでその辺の遠距離問題をどうしようかなという課題ができたくらいです。
 
小ネタ①:WAJIZOさんとRの二人は札幌時代に絵真村 隆一さんとex.FAZ現KU≒MOのMITSUZOさんがやってたバンドでけっこう長い期間サポートしてたことがある。

小ネタ②:絵真村 隆一さんは車がめちゃくちゃ好きで歴代の車カスタムしまくってて車の事なら大体知らない事は無いのでRが車の整備やカスタムで困った時はまず最初に札幌の絵真村 隆一さんに連絡を取っている。

小ネタ③:たぶんIZARANさんとTaku矢くんは俺達に付き合わされただけでLUNA SEAそんな詳しくない。


都内はLUNA SEAの完全再現コピーバンドが沢山いるので霞んでしまいそうだけどいつか東京でもやりたいです。





その後joppin:calとしても出ました。


puiubwY12U.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0111.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0295.JPG
ドラムにかえでくんが来てくれていたので、せっかくだしtest-No.の曲もやらせてもらいました。
「カウントダウンの前の出番」という事で、時間押しちゃったりしたら転換中に年が明けちゃうし、早く終わってもカウントダウン役の眞が時間余しちゃうし、って事もあって時間に気を使いました。
というより帳尻を合わせる為にいつもよりめちゃくちゃ長く喋らせてもらいました。
MCでも言ったけど、今は中々大きな動きができなくて、札幌は地元だってのに全然ライブに来れてなくて悔しい想いもいっぱいなんだけど、こうして大晦日という貴重な日に懐かしい顔が沢山見に来てくれていて本当に嬉しかったです。

あと遠征!!俺らは地元だから帰省も兼ねる事ができるライブだからアレとして、大晦日にわざわざ札幌まで飛んで来てくれた人がめちゃくちゃ多くて、マジ本当にみんな狂ってて大好きです。
これが自分達だったらどうだろう、縁もゆかりも無い県の知らないライブハウスで年越ししようって言われたらきっと躊躇するに違いない。
それなのに遠征してくれた人がけっこう多いではないか!
みんなクレイジーで最高にかっこいいと思いました。北海道の人も遠征の人も、全員にとって貴重な日だったはずです。
集まってくれて本当にありがとう!!!
2020年も止まらずに突き進まなくてはと感じる事ができました。そう感じられるというのはバンドマンとして非常に貴重で大切な事です。本当に感謝です、シェイシェイ。



写真を載せていくタイミングを見失ってしまったのでダイジェストでどうぞ。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0294.JPG
日は経ってしまったけど、気が向いたらまたツイッターにでも個別で上げていったりできたらと思います。




というわけで、


なんか知らんけど毎年のように呼ばれる地元札幌の年越しライブ。
なんか知らんけど毎年のように呼ばれるなぁ、と思っていたら、

L9cvAEs9Q7.jpg

なんか俺がいつかどこかで何気ない一言を放ったらしく、そこから具現化されていたイベントだったらしい事をつい最近知ったのであった。(本人何を言ったかマジで記憶無し)






というわけで、毎年札幌でやってるカウントダウンライブですが、僕個人としては過去5回中4回の参加となりました。
時には個人で、時にはシークレットマチュアで、時にはjoppin:calで、ライブしながら年を越してきたわけですが、なんとイベント自体が今回で最終回だったらしく、今年からは平凡な年越しになりそうで寂しいです。復活とかしないかな。





というわけで年越し!!!2019-2020 THE FINAL、どうもありがとうございました!!






最後になりますが、EMA SEAにて。
LUNA SEAをそんな通ってないのでTONIGHTのライブver.はケツが長いという事を忘れてしまい次の曲へ入ってしまうIZARANさん。
ここぞと言わんばかりに揚げ足を取りに取りまくる先輩2人。
不慮のストップをネタに変えつつ、かつ年越しライブなので時間を押す事は超厳禁な事も頭に入れつつ口頭の合わせも無しにスッと復帰する経験値高めの図。


↑このページのトップへ