ちゅす、俊です。今回はちょっと個人的に行ってきた旅行について書きたいな、と思っております。

今回アメリカ留学時代に同じ音楽学校で出会った台湾人ギターリストのGregに誘われて台湾にいってきました。

ちなみにコレがアメリカ時代のGreg

sally 129

いやーもう6年近く前になりますかね。オレより半年くらい先に台湾帰っちゃったし

んでこれが今のGreg

11062390_10206159990669054_1042419642177040943_n



そう、とりあえず半端ないいい奴なんで安心してください。




えー、と実は去年Gregが日本に遊びに来た時に「んじゃ、今度は俺がそっち遊びいくわ」的なノリで約束した話が今回の台湾上陸につながったわけです。




旅自体は5泊6日だったんだけど、着陸したその日にGregのプライベートスタジオでレコーディングをやっちゃいました!!




Gregは自分でプロダクションを経営してて自宅とオフィスとスタジオが合体してるカンジ


NORA SAYS PRODUCTION!!


17296_10206159989429023_5673448866656593560_n




これが一回のオフィスとゆうかリビングとゆうか 




ちゃんとしたベッドが地下にあるんだけど、この左にみえるベッドで毎日ヤツは寝てるらしい



あと犬はここにいるんだけど撮り忘れたわ 笑 とりあえずチョッパーが徘徊してます


11112937_10206159989629028_7458566517290205366_n



ちょっと練習して・・・台湾ビール3本くらいいれてからの













レコーディング!!





11133825_10206159989229018_4808701514936738540_n



ここで歌ったりましたわ!! 




事前に曲はGregが作って送ってきてくれてたものに俺がメロディーと歌詞をのっけて



出来た曲がその名も・・・・











Perfect White!!!








笑わないで下さい パーフェクトなホワイトなんですよ・・・






ぶっちゃけLYLA BOOPSの歌詞だったり作曲関係だったりで全然歌詞書いてなくて
行きの飛行機のなかで書いてて外の雲がクソ白かったから、


雲 白い 夢 風 無 完全な白



みたいなノリの連想から書いた歌詞になっております。






俺にとってもすごい挑戦だったわけですよ。
自分なりのGregの音楽性の解釈で作ったメロディーでもあるので・・・・・・
なんか色々


スタイルは全然違うけどなんかいいじゃないですか、こうゆうのって。


この曲が彼の次作のアルバムに収録されるみたいなんでまた報告するかもしないかも 笑

出来次第とゆう事で。けどすごい楽しみです





ふむ・・・まさか一日でこんなに長くなるとは思ってなかったもので、残りの4日間を後半戦と称し

後日

また書かせていただきたいと、思いました。




よかったらまた近日に書きますので遊びにきて下さい!!





11130629_10204714152508285_2042504156_n
















どうも皆さんはじめまして。こんばんわ!!LYLA BOOPSのBass担当、Makotoです。

東京にも桜がやってきましたね。

これから新生活が始まる方々が沢山。こんな僕もそのひとり。





なにを隠そう。




そう。





引っ越しました!







7年ぶりに。











どん。


yuya

俊くん in yuyaくん部屋。


音楽仲間で一軒家をシェアしているのですが、そこのルームメイトの一員になりました!

どきどきですねえ。

heya

荷解き中!!






この家から更なるMusicが生まれてくることでしょう!






そして、3月26日~3月28日に行われたフレスコボールワールドカップ メキシコ大会の記事がYahooニュースに掲載されておりました!

要チェックですこちら!!→Yahooニュース



今回、フレスコボール日本代表応援ソングとして『The Sunlight Comes』 が選ばれ、メキシコの地で流れたわけですが、なんだか感慨深いものがありますねぇ。


うむ。


新曲 『The Sunlight Comes』 はiTunes Storeにて絶賛配信中です!一緒にを感じましょう!
f63d01af-s


LYLA BOOPS 『The Sunlight Comes』(iTunes Store)




BassのMakotoでした

images


著名人の雑誌連載やブログ等で、
書き出しの挨拶が本人のイメージとズレていて、

「この人は普段もしかして無理をしていて、
実はこっちがありのままの姿なのかな?
でもちょっと引いちゃうな」

って思う事ありますよね。



unknown


こんな人がブログでは

「やっほ〜
この前実家に帰ったら小さい頃お姉ちゃんに
女装させられて妹として育てられてた時期の
写真が出てきて身悶えしているベンジャミンだよ!

って書き出しだったらちょっと今後の見方が変わっちゃいますよね

皆さんご機嫌いかがでしょうか?
LYLA BOOPSで後ろの方に居て
いつも写真に撮ってもらえないMASAです。


ファミリー(注1)の方々から送ってもらう写真にはほぼ僕は写っていません。
良いんですけどね。別に。全然。

さて、

最近の僕らのニュースと言ったら、
やはり新曲の"The Sunlight Comes"がiTunesで
ヨーロッパ諸国、北米、中米、南米を含めた、

計60ヶ国以上の国々で配信開始になった事でしょう。

f63d01af-s

LYLA BOOPS (iTunes) 
『The Sunlight Comes』

https://itunes.apple.com/jp/album/id977690995

勿論、日本でも購入出来ます。

この曲は今週26日にメキシコで行われる
フレスコボールと言うスポーツの
世界大会に出場する日本代表チームの公式応援ソングです。


ボーカルの俊がフレスコボールが盛んに行われている
三浦海岸出身って事もあり、

今回日本フレスコボール協会の方から直々にオファー頂きました。

ありがたやありがたや。

それに伴い、
今回のブログでは、
初担当のMASAが独自にバンド内に取材を行い、

メンバーそれぞれに新曲、
The Sunlight Comes ついて感想、聞き所、苦労話等々を聞き出してきたので

それを順番に発表してチャチャを入れていきたいと思います。

これを読めば、

The Sunlight Comesがより一層楽しめるかも!?


それでは早速行ってみましょう!

まずはバンドの顔、


unknown

ボーカルのコメントをど〜ぞ。


「曲自体のコンセプトは挑戦と希望」

南米でのワールドカップと言う事でラテンなどのリズムにバンドで挑戦しました」

逆にメロディは南米を意識せずいつも通りのアプローチで作ってみました」



(ほぼ無修正でお贈りしております。)

はい。俊のコメントでした。

タイトルや歌詞の中にもある通り、
まさに挑戦と希望が感じられる詩を彼は乗っけてくれました。

日本フレスコボール協会の公式ブログの方で歌詞全文が確認できます。
その歌詞を読みながら聞いてくれるとより曲が入ってくることでしょう!

さぁ続いては、


ライラブープスのピク◯ンこと、


unknown-2

ギターyuyaのコメントをど〜ぞ。


「やっぱり6/8のリズムで苦戦したってか、ラテン系グルーヴに挑戦した事ですかね」

「俺はそれでいっぱいいっぱいでした」



はいyuya のコメントでした。

軽いですね。
そして短い。

俊も言ってますが今回の新曲は、
南米の大会にアジアでは唯一日本が大会に挑戦する様に、
俺たちも南米のリズムに初挑戦しています。

そしてイントロの印象的なギターリフは
勿論yuya が持ってきました。

この曲はあのリフから始まったと言っても
過言ではない事も無いかもしれないですね!


さて3番手。
そろそろ飽きてきてるだろう読者を引き止めることは出来るのか?


unknown-3

ベースMakotoのコメントをど〜ぞ。


制作中は今までの曲の中でも一番色んな人の耳に触れる曲になるんだって事を考えてました」

「感想になっちゃいますがまずカッコいいなと」

あとライラの曲の中でも新しいベクトルでのエネルギー感のある曲だと思います」


おぉ。
一番ちゃんとしたコメント。
Makoto君でした。

彼も中々今回の新しいベクトルに苦戦していましたね。
ベクトルって言葉良いですよね。
使って行こう。
ベクトル。

さて4番手。

LYLA BOOPSの軍曹、


unknown-1

あ、間違えた

unknown-3

NAMM.LAのコメントをど〜ぞ。

とりあえず早く終わらせる事と時間間に合わなかったらどの楽器減らそうかなーとかかな」

「こだわりポイントはリズムのポケットを探すやね!」


との事です。
NAMM.LAからのコメントでした。

軍曹の冠は伊達ではなく、
NAMM.LAはバンドの進むべき方向がよく見えていて、

レコーディング時も曲のことだけでなく、
録る楽器の順番や"If"が起きた時のことまで考えていたのが伺えるコメントですね。


そして彼はバッチバチのパーカッションソロを曲中では披露しています。
彼が言う"ポケット"を意識して聞いてみるとまた曲の楽しみが増すかもですね!
ポケットの意味が分からない人はグー◯ルさんに聞いてみよう!

さてでは最後に私MASAもコメントしておきましょう。
(いつも撮ってもらえないので写真がありません)



「僕が一番気を使うのはやっぱり曲の"ノリ"ですね」

特に今回は前半と後半でガラッとノリがかわるので各セクションをどれだけ違和感なく繋いで1つの曲に仕上げるか、ってとこに気を付けたしそこを注意して聞いてみると面白いと思います」



はい。まだ色々ありますが他のメンバーのコメント量を加味してこれ位にしておきましょう。

今回このThe Sunlight Comesを作るに当たって、
これまでやった事のない新境地に挑み、
今の自分達に出来る"最高"を出し切ったと思ってます。

まだまだこの先、進化しっぱなしの確変状態ですが、
とりあえず今はこれが最新のLYLA BOOPSです。
こんな音楽もたまには良いんじゃないの?
皆聞いてみてね〜☆

んで、

遂に26日からフレスコボールワールドカップメキシコ大会が始まります!

日本代表チームにも勇気を持って挑戦して欲しいですね!
その時にこの曲がチームの背中を押せたならこんな嬉しい事はないぜ!

皆も何かに挑戦したい時はThe Sunlight Comesを聞いてくれい!



それが上手くいくかどうかは、
最終的には、
自分次第ですけどねぇ!!!∑(゚Д゚)



アディオスアミーゴ。
MASAでした。


(注1):良くバンドがファンの方々に付ける通称ってヤツがありまして、
LYLA BOOPSはコアなファンの方々をライラファミリー、ブープスファミリーなんて呼んでいます。

↑このページのトップへ