無限観客配信ツアー福岡編
我々LUNKHEAD、無事生還いたしました!
いやーヤヴァいセットリストでした…!!
そりゃ合田先生も「俺らってMだよね…」と思わず言ってしまうわけです。
速い激しい重い高い!
MCでも話してたけど
ひたすら内向的で
果たしてこれがロックなのだろうか…は…わからんけど
最近は楽しい曲も多いので
こういうLUNKHEADは久しぶりかも
でもこれぞLUNKHEADの真骨頂という気もしてる。
俺たちこういうバンドだったよな。
これが根幹にあるから
こういう俺らをみんなが好いてくれたから
俺らはカナリアボックスとかスモールワールドで笑いあえるんだと思ってる。
全部繋がってるんだ。
しかし大変でした…笑
でもこのツアーで一番リラックスしてできたし
心配していた声もなんとか最後まで持った。
3本目、ということもあるし
これはただ俺の事情なんですけども…
かなり体力が回復してきたのと
ライブの勘が戻ってきたってのがあると思う。

セットリストどん

LUNKHEAD
無限観客配信ツアー福岡編

闇を暴け
閃光
十六夜の月の道

ペルソナ
百日紅
WORLD IS MINE
空白
心音

密室
id
自分を愛すと決めたんだ
ヘヴンズドア

シンドローム
螺旋
SHIBUYA FOOT
ぐるぐる
何も怖くなどなかった
アルピニスタ

en
鼻歌とサイドアウェイ
はじまれ

たっけ~!!
頭3曲が山場だと思ってました。
結構頭で力入りすぎちゃって喉が死んじゃうパターンあるので
いかに体を柔らかく使えるか。
なのにこれ全部めっちゃたけーじゃん…
だけど前述したけども
不思議とリラックスして入れたのでうまくいった!
その後もほぼ全曲ピギャー系だったけど
大丈夫でしたね~
しんどかったけど…笑

ラジオかツイキャスで悟が言ってたけど
以外に仙台編よりもちょっとマニアックというか
久々の曲が多くて
それも楽しかった。
こういうコンセプトじゃないと
なかなかここまでぎゅっとはやれないから
いいコンセプトだったと思う。
空白とか密室とか螺旋とか久しぶりだったな~
久しぶりだったけど
練習しててもよくできてる曲だな~と思ったし
歌詞が鋭いな~と思ってた…笑
タイトルが二字熟語の曲は隠れた名曲が多い、という
LUNKHEAD伝説。

全然意識してなかったんだけど
プレイリストを作ってみると
なんと[vivo]からの曲が5曲もある。
[vivo]の曲の半分セットリストに選抜されている。
言われてみればなるほど…と思うところもあって。
[vivo]はLUNKHEAD史上最も重く激しいアルバムだからなあ。
なるほどなあ。

配信チームもどんどんまとまっていってる。
もはや俺たち、配信が落ちることなど墾田永久ないのでは…
と思ってしまうけど
それは当たり前のことじゃなく
本当に新井君たち配信チームとガレージチームが頑張ってくれてるおかげで
チャットでも
LUNKHEADは人に恵まれてるって書いてる人がいたけど
本当にそう思う。
ありがたいなあ。

新井君が言うには
ツアーだから、本当なら毎回会場が違うわけだから
それを演出するために毎回カメラのセッティングも変えていきたいと。
俺もアーカイブを見て
このカメラはもっとこうした方がいいとか色々アイデアを出して
じゃあ今日はこうしてみようって。
ガレージチームも毎回スタッフが変わるので
音響や照明が違う人になれば
それは当然全然違うものになるので
それもまたツアーっぽさを演出してると思う。
福岡編はPAつぼっちゃん、照明池ちゃんでした。
直毅の照明もすごかったけど
池ちゃんの照明もすごい綺麗だった!!
これは相当音資料を聴いて曲を覚えてプランを練ってないとできないことなので
ホントーにありがたい…!

次は新居浜編なので
このチームのまとまり感はすごくいいと思う。
まあホームだし、新居浜だし
そういうセットリストだし。
ただ、こういう雰囲気はともすれば緊張感をなくしてしまいかねないなー
とも思うのです。
ヌルくなっていくっていうか。
そういう意味でも11月28日の大阪編をフロアライブにしたのはよかった。
またフレッシュな緊張感で臨めるはず!
やっぱ予定調和じゃない予想もしてないハプニングが欲しいじゃない!?


とにもかくにも福岡編
やりきった!!
アーカイブ見てても
この人たちよくやるな、と思っちゃう。
例により
チケットまだまだ絶賛発売中!!
お待ちしております!!


そして次はいよいよ!
我らが故郷新居浜編!!
こちらも絶対にみんなに満足してもらえるセットリストになっております!
過剰に楽しみにしててください!!
またいっぱい練習していくぞー!!
MjLmwF6ZjL.jpg