月別アーカイブ / 2020年03月

ALL TIME SUPER TOURが終わった。
LUNKHEAD20周年の総決算
何度も言ってるけど
大変だったけど本当にいいツアーだった。
そしてファイナルの渋谷O-EAST
無限観客ライブ
本当にびっくりするくらい沢山の人が見てくれて
俺も家帰ってから今までに3回くらい見たけど笑
チャットのみんなの盛り上がりがすごくて
悟もブログに書いてたけど
これ本当に俺ら?みたいな。

なんだか不思議なライブだったなあ。
舞台監督のカズさんや
PAの平野さんからも
ライブの後に
お客さん誰もいないでやるってどんな感じなの?
って聞かれたんだけど
なんて言ったらいいのか
これもMCで言ったけど
多分、このツアーのこれまでの19本がなかったら
こういう風にはできなかったと思う。
見てくれた人は伝わったと思うんだけど
演奏してるのをただ配信するだけなら簡単です。
だけどそれじゃライブじゃないじゃん。
ライブってお客さんと一緒に作りあげるものだから
無限観客ライブなんて言っちゃった以上
俺らは本気でみんなと一緒にライブするつもりでやりました。
だけどやっぱ
音のしない無人のホールに向かって
そういう気持ちで本気でライブするって
正直に言うと相当メンタル持ってかれるっす。
特に、この日はいろんな意味のあるライブだったから余計に。
でも日本中のみんなで作り上げてきた19回の夜があったから
目の前に誰もいなくたって
俺らには本当にみんなが見えてる気がしたし
みんなの声が聞こえてる気がした。
壮と目があっても悟と目があっても桜井さんと目があっても
俺ら全員同じ気持ちだなって思えた。
だからこれは
日本中のLUNKHEAD’sと俺らで
一緒に作り上げたライブだったんだと思う。
二度と作れないこの日だけの夜
それこそ「ライブ」にできたんだと思う。
だから、もう一回やれと言われても自信はないです。
それくらい全身全霊だった。

そしてこの日は
PAの平野さん、照明の島田さん、舞台監督のカズさん
俺らの大事な勝負の時にいつも集まってくれる人達にサポートしてもらって
コーストもAXも野音も俺らの大事な時にはいつもいてくれて
(去年のリキッドは全然チケットが売れてなかったからビビって頼むのを断念した…)
3人ともボビーが引き合わせてくれた縁です。
みんなホールやアリーナやドームの現場ばっかやってるような凄い人達なのに
めちゃくちゃ俺らのこと好いてくれててありがたい…
照明も音響もいつものライブと全く変わらなくて
照明とかめっちゃ多くて
え…予算大丈夫…?と逆に思ってしまった…笑
もはや中止にしてる時点で予算もクソもないんだけど。
さらに生配信用の撮影チーム
リキッドでもやってくれた元徳間の新井君にお願いして
あとマイメンのカメラマンオオタ監督
さらにそこに5人新井君が連れてきてくれて計7人という大所帯でした。
チャットでカメラワークを褒めてくれて
特殊な訓練を受けたカメラマンって言ってくれてた人がいたけど
マジでみんな特殊な訓練を受けたプロ中のプロの人達です。
新井君よく呼べたな…
映像見返しててもカメラワークが凄い!!
EASTのスタッフの皆さんも沢山頑張ってくれて
直球の聖や小畑さんも
そして何より参加してくれた日本中のみんな
本当に沢山の人の尽力の元でこの日をやりきることができた。
この大博打ツアー最後にして最大のピンチを
まさに決戦を戦いきることができた。
ほんとうしおたちと白面の者の最後の戦いみたいだった。


あとね、やっぱ龍がね
5人でカナリアボックスと前進/僕/戦場へを一緒にやれたこと
結成20周年ってことで
Tシャツや歌詞集のしおりにも龍に登場してもらったけど
まさか最後に5人でやれるとは俺らも思ってなかった。
桜井さんがせっかく龍ちゃん来るなら5人でなんかやろうよって言ってくれて
本当に嬉しかった。
龍がやめたのが10年前で
あの時も結構いろいろ俺らを叩く人もいたし
龍を叩く人もいたし
動員は減るし、龍は責任感じちゃうし
ぐっちゃぐちゃしてたしみんなのことも不安にさせちゃって
俺らもクサクサしてたし
でもそこから10年お互い頑張ってきて
今こうやってこんな形でまた一緒にやれたことが
嬉しかったんだけど
スペシャルなことなんだけど
なんて言うか
びっくりするくらい、自然だった。
なんか全然特別なことだっていう感じがしなくて
いつも通りの当たり前のことみたいでただ楽しかった。
龍は今までで一番緊張したらしいけど。
結果、沢山の人に見てはもらえたけど
やっぱお客さんに目の前で見て欲しかったし
龍にもステージからの景色を見せたかったな、という気持ちは
しょうがないけどある。
でもまあ、生きて続けてたらまたこういう機会もあるのかもしれないから
これからも頑張っていきまっしょい!

渋谷O-EASTのアーカイブは3月15日いっぱいまで見れるので
まだ見てない人、すでに何度も見たって人も是非!
通りすがりで初めて見てくれた人も結構いたみたいで嬉しい。


そしていよいよ始まりました。
新しいLUNKHEADが。
結成21年目にして独立
そして音楽業界が瀕死の状況の中なんと会社設立
一体どうなってしまうんでしょうか俺たち。
出だしから前途多難すぎるんですが…笑
おまえらは崖っぷち以外は許さないよっていう
なんか神様のルールみたいのがあるんでしょうか。
歌詞で神様の悪口言いすぎたかなあ。
いいぜやってやろうじゃねえか。
その喧嘩買ったるわあ。

ただバンドを続けていくだけなら
個人事業主でもいいと思うんです。
いろいろリサーチしたけど
独立してそういう形をとってるバンドも多いし
けどまあ、どうせやるなら腹括りたいし
どうせやるならバンドデカくしたいし
っていう、これは俺らの覚悟です。
人生LUNKHEADに捧げるぞっていう。

なのでこれからも俺らしぶとく続いていくので
みんなも覚悟しててくださいね!!

まずは新生LUNKHEAD
4月5月6月自主企画!
21周年もよろしくね!東名阪二重人格ツアー
4月18日下北沢GARAGE

5月9日名古屋ell.SIZE

6月20日大阪2nd LINE

多種多様なLUNKHEADの楽曲達の魅力が存分に伝えられる
コンセプチュアルなワンマンツアー!!
王道の曲で攻めたALL TIME SUPER TOURの後だから
よりギャップを楽しんでもらえるんじゃないかと思います!
全部売りきりたい!!
よろしくお願いします!!
明日の3月15日よりチケット発売開始!!

さらに4月19日
渋谷7thFloor
小高芳太朗生誕40周年記念大感謝祭アコースティックワンマン~真昼の野内~
タイトルなが~!!
これ、俺のソロワンマンと勘違いしてる人がいましたが
LUNKHEADのアコースティックワンマンです!
久々のアコースティックワンマン
楽しみ!!
あの曲があんな風に化けちゃうの??って
思ってもらえると思います!!

※ちなみに豆知識ですが
俺が弾き語りでワンマンをする時は
アコースティックワンマンと謳わず
ソロリサイタルって一貫して言い続けてきてるので
(これは実はジャイアンへのリスペクト)
後学のためにひとつ頭の片隅に留めておいてくだされば

というわけでさあ!!
新しい旅が始まるぜ!!!

みんなこれからもどうぞよろしく!!
LUNKHEAD
「TOP」
lunkhead.site

合田です!

ALL TIME SUPER TOURが幕を閉じました。
3/12TSUTAYA O-EAST、紆余曲折あって、もうまじでいろんなことがありすぎて、結果、無観客配信ライブならぬ無限観客配信ライブという形になって。
感想としては、「最高のライブ」だった。
お客さんのいないライブってどんな感じなんだろう、とか、いつも通りのパフォーマンスができるだろうか、とか、しっかりと入り込めるだろうか、とか、いろんな不安があったんだけど、始まってみるとそれまでの不安はすぐに消えて。
今までのライブの中で一番一瞬で終わったライブ。
とても幸せな空間で、ステージの熱量もすごかったし、PAさん、照明さん、配信チームの熱量もどんどんあがっていってみんなで最高の空間を作れた。
ライブ中は当然どんな映像が映っているのかわからない、みんながチャットで何を発してくれているのかもわからない、でもすごくいい感じなんだろうなって確信してライブできて。
全国のみんなの想いが確実にステージまで届いてた。
幸せだった。
このツアーはものすごくいろんなことがあったし、大博打ツアーだったし、そもそも初日が台風で延期になったし、所属事務所である直球の卒業ライブだったし、いろんな要素が詰まっていたのもあってライブ中想いが溢れた。
気を許すと泣きそうだった。
まったくもってガラではないんだけど(笑)。
本番はあっという間に時間が進んでいって、メンバー、スタッフ、そして全国のファンのみんなへの愛しかなかったと思う。
アンコールで前のドラムの龍を含めた5人でLUNKHEADができたのも幸せだった。
曲中、桜井さんの前に行って弾くと「うん、これこれ!」って思ったし、龍の前に行って弾いても「うん、これだな!」って思ったし、LUNKHEADってなんかすごいなって思っちゃった。
本当はファンのみんなと同じ空間を共有したかったんだけど、でも共有できているような気がした。
終わって楽屋で配信の様子をチェックしたらものすごい数の人が見てくれてて。
チャットの数もすごかったし(流れのスピードがすごすぎて追えなかった)、多くの方が投げ銭してくれたし(本当にありがとうございます!)、自分たちことなんだけど、これまじで俺らの?!って感じになって。
本当に感謝しかありません。
心から、心から、ありがとうございます。
3/12という日があってよかった。
これからの自分たちの活動の礎になる気がする。
それくらいの一日だったしライブだった。
何度も言いますが、全国のみなさん、本当にありがとうございました!
36DPKa12bl.JPG

ライブのMCでも伝えましたが、直球から独立し、新たに会社を立ち上げました。
もちろん初めての経験です。
LUNKHEADを続けたい、というよりはLUNKHEADを大きくしたい、ファンのみんなの想いにこたえたいと思っての決断です。
まだまだわからないこととか、至らない部分が多いけれど、暖かい目で見ていただければ幸いです。
完全に腹を括りました。
LUNKHEAD、やります。
ホームページも新たしくなって、昨日ライブも解禁されました。

新HP↓

■4/18(土)下北沢GARAGE
■5/9(土)名古屋ell.SIZE
■6/20(土)大阪2nd Line

二重人格ツアーと銘打った昼夜のコンセプトライブツアーです。
ALL TIME SUPER TOURでできなかった曲達もやりたいと思ってます。
この3会場はLUNKHEADの原点のライブハウス。
このツアーを終えた今だからこそ、原点に帰って音を鳴らす、それがしたいと思って組んだツアーです。
あと4/19渋谷7th FLOORの小高生誕祭アコースティックワンマンや、5/3新宿レッドクロス、6/4のSound Stream sakuraなどもあります。
独立したからって縮こまるのではなく、ばんばんライブやっていきます。
これからもLUNKHEADをよろしくお願いします!!!

ちなみにO-EASTのアーカイブ、明日3/15(日)まで残すので是非見てやってください!
俺もフルで見ます!
ワクワク。


素敵な春よ、来い!



アスは
ほとんどオフィシャルのリリースコメントに
思いを綴っちゃったので
それを転載します。

――――――――――――――

LUNKHEAD ALL TINE SUPER TOURの一企画として
新曲作っちゃおうぜっていう軽いノリでこの曲は始まった。
その時はメロディの片鱗すらなかったけど
今まで出会ってくれた、俺らを好いてくれたみんなに
導かれるようにこの曲が生まれて
そして俺の無茶振りでツアーの中でこの曲のアレンジを
みんなの前で詰めていこうってなって
これまでのツアー19ヶ所
リハーサルでも合わせずみんなの前でだけってルールで
アンコールでみんなと一緒に演奏して
みんなに見守られながらこの曲は育っていった。
毎回緊張したしドキドキしたけど
こんな風に曲が育っていくなんて聞いたことがないし
みんなと一緒に曲が育っていく感じが
楽しかったし嬉しかった。
これは、ちゃんと恩返ししなきゃと
急遽レコーディングしたんだけど
出来上がった音源を聴いて
本当に作ってよかったと思った。
LUNKHEADをやってきて20年だけど
こんな風にファンと一緒に作りあげた曲は初めてです。
これはLUNKHEADの曲であり、あなたの曲です。
「俺ら」の「明日」っていうふたつの意味を込めた
この曲のタイトル「アス」
俺らは、いつも
君がいてくれるから頑張れてます。
君がいてくれるからしんどい事も頑張ろうと思える。
君が笑うから俺らは笑えるんです。
ほんとです。
いつもありがとう。
だからいつもいつも
君が健やかで
君の大切な人も健やかで
美味しいものを美味しく食べられて
綺麗な景色を綺麗だと思えて
夜よく眠れるように祈ってます。
そして
辛い時、理不尽な事に晒された時
穴を掘って叫びたいような時
何も信じられない時
この世の全てを呪いたいような時に
すぐそばに俺らがいる事を思い出して欲しい。
なんの役にも立たないかもしれないけれど
そこに俺らの音楽はあります。

君の明日が幸せでありますように
優しい恵みの光が降り注ぎますように

――――――――――――――

曲を作る時、歌詞を書く時
しんどくないと良い作品ができない
と思ってしまう呪いがあると以前書いたけど
アスは本当に、みんなからのプレゼントなんだと思う。
リボンを解いてワクワクしながら蓋をあけるみたいに
曲も歌詞も生まれていった。
本当にありがとう。

今日は3月12日
渋谷O-EAST
無限観客ライブ
考え方ひとつ、思い方ひとつ
コップに水が半分あって
もう半分しかない、と思うのか
まだ半分もある、と思うのか
これは無観客なのか無限観客なのか

今日はまた新しいLUNKHEADの歴史が生まれる日だ。
日本中で俺らの20周年のファイナルを祝ってもらえるなんて
最高じゃないか。
悔しくないかって言ったら
悔しいよ?そりゃ
本当に頑張ってなんとか取れた今日のEASTだから。
この日のために頑張ってきたから。
だけどもさ
日本中のみんなが本当に
俺らと一緒に悔しがってくれてて
それが俺は
俺らの悔しさなんか吹き飛ばしちゃうくらい嬉しかった!!
俺らは幸せものだなあ。
ありがとう!!
今日のEAST
無観客なんかじゃなく
無限観客なんだって思わせてくれたのは
まごう事なき
あなたです。
あなただ。
これを読んでる、そう、あなたですよ?
誰でもないあなたです。

さあ、始めようじゃないか。
俺たちの明日に向かって。


↑このページのトップへ