2014年の秋、俺らはデビュ-10周年のツアー
10NK YOU ALL LUNKHEAD’S!!!!!!!!!!ツアーをしながら
並行して「家」のレコーディングをしていた。
割とよくあるパターンだけど
ライブの熱をそのままレコーディングに持っていけるメリットはあるけども
頭の中のスイッチを切り替える作業が大変だったりする。
そしてとにかく時間がない。
貧乏バンドマンはツアーとなると
車移動の時間が生活のほとんどになるので
なかなか作業する時間が限られてくる。
俺ノートパソコン持ってないし。
で、いよいよツアーの最後、名古屋、大阪、高崎が終わったら
3日後に最後3曲のレコーディングを残すのみ
というところまで来た。
その時点で僕たちには時間がないのデモはできてて
懺悔室はまだだったかな?
歌詞はまったく書けてなかった。
玄関に至っては曲すらなかった。
なので間に名古屋、大阪、高崎と3本残した状態で
2週間後のレコーディングまでに
歌詞3曲分、アレンジ3曲分
そしてまっさらな状態から後1曲作らねば
という状態。
11月25日だった。
帰ったら早速デモを作らねばな…
と思いながら福岡帰りの月曜日
機材車でジャンプを読んでいた
山口県の美祢市あたり
まだ午前中
とても良い天気だった。
機材車が自損事故を起こした。
事故のこと自体はまあ
昔散々伝えたので割愛するけど
とにかく全員生きてたことと
他人を巻き込まなかったことが
不幸中の幸いだった。
で、結局俺らは
病院で検査を受けて
警察の聴取を受け終わることには
とっくに東京行きの電車はなく
一番大怪我をした悟が担ぎ込まれた山口一デカい病院のある
防府市のホテルに泊まることになった。
(そこまでたどり着くのもすげー大変だった…交通手段がなさすぎて)
そして次の日レッカーされた機材車の場所まで赴いて
置いてきた荷物をピックアップして東京に帰ったのだった。
俺のカーキ色の上着は悟の返り血で真っ赤に染まっていて
多分みんなギョッとしたと思う。
おかげで、ただでさえ全然時間がなかったのに
さらに時間がなくなってしまった。
ヤバい、ヤバヤバヤッバー!!
どどどどどどうしようー!!
時間がない!時間がない!!
僕たちには時間がなーい!!

ということで書けたのが
僕たちには時間がないだった。

俺も肋骨やったなと思ったくらい胸を打って
(結局折れてはなかったんだけど)
それでも本当にいちいち何をするにも胸が痛い忌々しい日々が
1ヶ月くらい続いた。

知ってる人ならば誰がどう見たって
これは事故のことを歌ってるなとわかると思うけど
悟も、これは本気で俺の気持ちを歌ってくれとる
と、すごく気に入ってくれてた。

辿り着きたい場所がある
譲れはしない思いがある
ときて
明日食べたいものがある
だから僕たちはまだ死ねない
と急に俗っぽくなるところが気に入ってて
ここにもはるなつあきふゆはるイズムだけど
生きていく理由なんてそんなことでいいんだと思う。
辿り着きたい場所はあるし
譲れない思いもある
それも確かに死ねない理由だけど
でもやっぱ明日食べたいものがあるって
生きてる中で物凄い救いというか、希望だと思う。
もう死んじゃおうかな…ってふらっとホームから飛び降りようとした時
あともう一回だけあのラーメン食べたいなって思って
踏みとどまるかもしれないじゃない。

やることがありすぎてテンパってる時にいつも心がけるのは
とにかくまずひとつ仕上げてみることで
そうすると少し視界が良くなる。
少し心に余裕ができる。
ひとつ仕上がったらまたひとつまたひとつ
そうするとどんどん視界が開けてどんどん余裕が出てくる。
当たり前のことかもしれないけど
クレバーになることが大事だなあといつも思う。
今度こそ絶対に間に合わない!と思った
この時のレコーディングも
最後のスタジオの時には歌詞もアレンジも3曲ともすべて仕上がっていて
悟だけじゃなくみんなが
事故のことや残りの大阪名古屋高崎のことや
アレンジのことでずっと張りつめていたので
間に…あっちゃったね…
っと4人で思わず呆けてしまった。
逆に張りつめていたことが良かったのかもしれないけど。
潤沢に時間があって良いものができた記憶がない。
‎LUNKHEADの"僕たちには時間がない"
‎曲・4:01分・2015年
music.apple.com

MAGIC SPELLはリフからできたと思う。
そこからAメロサビと作っていって
ただ、構成をスタジオでみんなでかなり練った。
徳間の新井くんがスタジオに顔を出しに来た時にちょうど
MAGIC SPELLを練ってて
イントロ聴いて新井くんは
「ええ~!??めちゃくちゃかっこいいじゃないすか!!」
と興奮していた。
で、こんなかっこいいリフなんだから
頭Aメロの後1回リフに戻ったらいいんじゃない?
みたいな話に新井くん含めてなり
それでやってみると今度はAメロが2回来るのが長い。
あれこれやってみて
うーん…あっちを立てればこっちが立たない…
と、だんだん収集がつかなくなっていった。
こういうことはよくある…
あんまり収集つかなくなるとボツになったりもする。
で、たどり着いたのが
最初のAメロ半分策。
あとは他にも色々と練ったなあ…
サビのコード進行も
基本
C→G→F→F
Am→G→F→F
なんだけど
2サビだけ
Am→G→F→F
Am→G→F→F
で、ちょっとヒリヒリ感が増す感じで。
間奏もスリリングな展開でかっこいい。
そして特筆すべきは
リズム隊のその音数
もうめちゃくちゃなことになってる。
1曲の中での音符の数なら
ダントツで一番なんじゃないだろうか…
よくここまで詰めこめるなあ…
疲れないのかなあ

家は高崎のTAGO STUDIOというスタジオで録ったんだけど
TAGO STUDIOは本当に素晴らしいスタジオで
その時はまだできたばかりだったんだけど
今では本当にたくさんのバンドがレコーディングしている。
そしてオーナーのタゴさんは
なんと桜井さんが高校の頃同じバンドを組んでいた桜井さんの旧友という
不思議なご縁で巡り合ったんだけど
なんか、高崎市の文化発展に貢献するとスタジオ代が格段に安くなる
という奇跡のようなシステムがあって
これはもう是非是非!ということで
レコーディング見学と銘打って参加者を募ったら
6割くらいはファンの方だったけど
4割くらいは地元でバンドをしたり宅録をしたりしてる
多分俺らのこと知らないんだろうなあという男性たちで
単純にプロのレコーディングに興味があったみたいで
カオスな空間だったなあ。
結構、50人とか60人とか集まってくれたのかな?
そこで実際にレコーディングしたのが
このMAGIC SPELLだった。
ファンがレコーディングの現場に立ち会うって
なかなかない機会だと思うので
こっちも面白かった。

歌詞は、なんかこう

逃げ出してしまえたら
ただ今みたいに笑えなくなるんだろうな
それだけは解ってんだ

とか
もう少年ジャンプ感が炸裂してると思うんだけど
俺にとっての呪文は
やっぱり日本橋ヨヲコ先生の漫画なんだなあ。

歌詞のまんまなんだけど
どこまで行っても
上を見て羨ましがってもキリがないし
下を見て安心してる暇はないし
前を見れば続く道はどこまでも果てしない
でも逃げ出してしまえたら
諦めてしまえたら
きっと今より苦しくなるし虚しくなるだけだ
それだけは解ってる。
それだけでここまできた気がする。


曲も音も歌詞も
これはもうめちゃくちゃかっこいい曲ができた!!
とその当時は思ったんだけど
気がつけば
ほとんどライブでやってない。
なんなら家のツアーファイナルの野音でもやってない?
あれ?家のツアー以降1回もやってないかも??
あれ??
‎LUNKHEADの"MAGIC SPELL"
‎曲・4:04分・2015年
music.apple.com

家、というアルバムタイトルが浮かんだ時
自分でも、い、家か…
と思ったし
メンバーに家ってタイトルにしたいと伝えた時も
い、家か…みたいな反応が返ってきた。
そりゃそうだろうな…
家ってなんじゃい。
でもどう考えてもこのアルバムのタイトルは
俺の中で「家」以外に無いと思ってしまった。
家って場所は
帰るべき場所だったり
羽を休める場所だったり
守ってくれる場所だったり
温かいイメージがあるけれど
でもそこは逆に
逃れられない場所であったり
縛られる場所であったり
呪いたい場所であったりもする。
家に収録されてる曲たちは
本当に小さい世界を歌っている曲が多い。
そしてその小さな世界の中の
嬉しいことも悲しいことも
文字通り悲喜こもごもを歌っていて
この世界観を一言で表すなら
これはもう「家」しかないと
猛烈にメンバーにプレゼンして
みんなに納得はしてもらったんだけど
でももうちょっと言いようがないか探そうって話になって
HOMEじゃちょっとLUNKHEADっぽくないし
ていうか沢山そのタイトルのアルバムあるし
HOUSEってんでもないしなあ、と
で、いろんな国の言葉で家を翻訳してみたら
ハイムだの、ハイツだの、メゾンだの、コーポだのってでてきて
そ、そういうことか~!!
と打ちひしがれ
でも…まあ…パンチがあるしいいんじゃない?家で
ってことになって。
で、また収録曲が出揃った時に
頭にSEをつけたいってことで
俺らの1stアルバムが「地図」で
10枚目のアルバムが「家」ってのも何かの縁だなと思って
それで思いついたのが
『地図→家』
のアプローチだったというわけです。
これは一応、地図から家へ
って読む、と自分の中では想定してるんだけど
あんまり明言はしてないかな?
聴いてもらう通り
地図の一曲目の「音」から始まり
白い声やシンドロームや体温やカナリアや闇を暴けや
俺らの代表曲のリフが走馬灯のようにフラッシュバックして
最後にチャイムが鳴るっていう。
これ作ってる時
いろんなチャイムの音を検証してみたんだけど
俺が検証したすべてのチャイムが
ラ#ーファ#ー
だったんですよね。
古いのから最近のまで。
意外とびっくりして。
何か理由があるのかな?
他の音階のチャイムあるのかな?

このチャイムから家というアルバムは始まります。
ようこそお越しくださいました。
さあさあいらっしゃい。

↑このページのトップへ