よく、LUNKHEADの木漏れ日って曲が好き…
みたいなの見かけるけど
木漏れ日じゃなくて木漏れ陽…すまぬ…

木漏れ陽も曲自体は合宿中に出来たんだけど
合宿のうちにギターアレンジを詰め切るまでに至らなかった。
合宿から戻ったらすぐツアー
月と手のひらのツアー
月とすっぴんツアー
そんでレコーディングが
ツアーファイナルの2日後とかからで
時間はかなりタイトだったにも関わらず
なんとツアー終了の安堵と疲れからか
あろうことか悟以外の3人が風邪を引いてしまったのだ。
俺なんかツアーファイナルのリキッドルームの日にすでに39度熱があって
真夏なのにガタガタ震えてて
個室の楽屋ひとつもらって
(リキッドルームは楽屋がいっぱいある)
暖房を入れてソファでグッタリしていた。
(だからといって中止にはしない貧乏根性…でもなんとか本番は声も出たし、言わなきゃバレないくらいいいライブだった)

そんなわけで
レコーディング当日
機材をセッティングして
それぞれ音出し始めて
椅子に座ってギターを弾く。
スタジオの中の立ち位置は

小                    悟



龍                    壮

みたいな感じで
俺と壮は対角にいた。
そして俺と壮はお互い恐る恐る
「どんなん弾く?」
と探り合い出した。
なんと、さあ今から録ろうかという段に至ってこの体たらく。
そこから、俺こんなん弾こうかな…
じゃあ俺はそれにハモる感じでこんなん弾こうかな…
とその場で決めてレコーディングしたのだった。
ものすごい突貫工事…
の割に、結構美しいアンサンブルに仕上がったのでよかった。
よくないけど…

Bメロが
主線に対してコーラスが追っかけで入ってくるところ
主線じゃなくコーラスに上ハモを当ててるのが
すごい気に入ってる。
最後の3声のファルセットのコーラス
ピッチを揃えるのがとても難しいので
ライブではギンギンにリバーヴをかけてもらってごまかしている…

だけどいつか忘れてくから
悲しいけれど生きていける

忘れる、とも、薄れる、とも、慣れる、とも違う
許される、とも、救われる、とも違う
なんとも言い難い感覚なんだけど
言葉にした時にいちばん近く感じたのが
だけどいつか忘れてくから
悲しいけれど生きていける
だった。

嬉しい事があれば笑い悲しい事があれば涙する
当たり前の生活を抱きしめて僕らは生きていく

この想いは俺の紡ぐ言葉、歌詞すべての根幹に今も昔も脈々と息づいている。
どんなに悲しくても苦しくても辛くても
当たり前に腹は減るしうんこは出る。
税金も年金も払わなきゃいけない。
働かなきゃいけない。
そんなにロマンティックには生きていけない。
残酷なぐらい
当たり前に、生活しなければいけない。
でも、それでいいんだ。
悲しみを抱えたままで笑ったっていいんだ。
美味しいものを食べて美味しいと思っていいんだ。
ささやかな幸せに胸があったかくなったっていいんだ。
突然涙が止まらなくなったっていいんだ。
それが生きていくってことじゃないか。
救われなくても
許されなくても。


木漏れ陽はすごくいいメロディだから
これは一発あるぞ、と思ってたけど
そんなことにはならなかった。
無念。
でも木漏れ陽が好きな人は多い。
多いんだけど
木漏れ陽が好きな人って総じて
なんていうの?
ひっそりと好きっていうか
自分の部屋に飾ってる
とても大切な写真みたいに
誰かと共有するものじゃなく
自分のためだけにある大事なものみたいな
そういう感じなのかな。
だから木漏れ陽好きな人って
ちょっと隠れキリシタン的なイメージある…
なぜか…
まあ、湿っぽい曲だからなあ
カナリアボックスとかみたいに
(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ウェーイ!!!!
とはならんよな…笑

プルケリマの曲作り合宿中にできた曲。
当時、曲にそれぞれ、ふざけた仮タイトルをつけていたんだけど
インディゴの仮タイトルはその名も
トウカイテイオー
だった。
大本命、ってことで…
なんだけど、リード曲にするにはなんとなく決め手に欠けて
二番手になってしまった。
したらばどっこい
気づけば、ツアーでも未だに多分いちばんよく演奏するぐらい
めちゃくちゃテッパンの曲に成長した。
トウカイテイオーの名は伊達じゃなかった…
どのくらいテッパンか、というと
頭のサビ前に俺が息を吸っただけで
みんなインディゴが始まるってわかって
拳が上がる、って言われるくらい。

あと、昔、新宿ロフトでワンマンの時に
酸欠かなんかでぶっ倒れた最前のお客さんがいて、グッタリしてしまって運ばれて
いちばん後ろの壁のところで横にして休ませていたら
インディゴが始まった途端に
ピョーン!!と跳ね起きて再び最前に戻っていった
って話を直球スタッフIから聞いたことがある。

あとインディゴは、間奏のギターソロのところで
主役の山下君そっちのけで
俺と悟でラブってる率がなぜか高い。

インディゴの良いところは
歌詞に意味がないところだと思う。
明るいことを歌ってるわけでもないし
ひたすら事象を並べてるだけなんだけど
それがすごく綺麗に描けたと思っていて。

世界中の青を集めて重ねたみたいな宵の空
って、すごい綺麗な表現だな〜と自画自賛するんだけどそのおかげで
途切れたいつかの夢や 諦め続けた色々や
それを繕う言い訳を 重ねたみたいな夜の闇
のどっぷり寂しい感じがなおさら鮮やかになる。

名残惜しそうに漂う幻みたいな白い月
おとぎの国のような街夢から覚めるにはまだ早い
ってところも
自分としてはパ〜とその風景が広がって
寂しくて綺麗で好きだなあ。
こういう詞を書く時はいつも
笹倉鉄平さんの絵画を思い返す。
中学の頃、新居浜のグランフジ(ショッピングモール的なデカいスーパー)で
リトグラフの展示即売会があって
明るくて楽しくて幸せな景色を
暗くて寂しい場所から独りで眺めているような画風に一目惚れした。
こういう表現を俺もしたいと思った。
笹倉鉄平さん
いちばん、というか
ぶっちぎりで最も好きな画家です。

絵を描くみたいに言葉で景色を描きたい
ということをいつも意識している。
インディゴはそれがとてもうまくいった。

そして、気づいてる人も多いと思うけど
くしゃみをしたのは…
谷川俊太郎さんのアレからです…はい…

タイトルは
歌詞を読んだ後で壮が考えた。
インディゴ
冴えないタイトルやな〜と思ったけど
冴えた。
バツグンに冴えた。結果。

2005年6月
月と手のひらが出たばかりで
そのための全国リリースツアー
月とすっぴんツアーが始まる直前だというのに
LUNKHEADはまたもや山中湖で
曲作り合宿をしていた。
曲作り合宿は正直言って楽しい。
音楽の事だけ考えられるし
ご飯美味しいし
ビリヤード台とかあるし
プレッシャーとかもあるけど
楽しいが勝ってたなあ
あの頃はそんな事ができる予算もあった…

で、合宿中に結構曲ができていた。
この合宿中にできた曲達が
ミニアルバム「プルケリマ」に収録されるわけだけど
本当はシングルを切るはずだったのが
曲がいっぱいできたのでじゃあミニアルバムにしちゃおうよ!と
ボビーとディレクターナベさんとアー担姉帯さんが盛り上がっちゃったのだった。
曲を作りためておくことを知らないLUNKHEAD首脳陣……

しかしこの時点で肝心のプルケリマはまだできてなかった。

合宿が終わって
家に帰ってきて
ふぅー…と一息ついてテレビをつけたら
ミュージックステーションやってて
椿屋四重奏が出てた。
おお〜すげ〜な〜と思って裕ちゃん達の勇姿を見て
そんでなんとなくギターをぽろんと弾いたら
するするするっと曲が降りてきて
ああ、これだな〜と。
それでできちゃったのだ。
みんなに聴かせたらやっぱり
ああ、これだね〜と。

歌詞は何回か書き直したなあ。
柳沼行さんのふたつのスピカが好きで
その中に連星のエピソードが何度も出てくる。
(遠すぎて、ひとつの星に見えるけど
実はふたつの星がお互いの重力で引かれあって
軌道運動している星の事を連星という
その様相から双子星とも呼ばれる)
それが素敵で、
連星をテーマに歌詞を書いた。

連星
互いの重力と遠心力のバランスが
何かの弾みでズレた瞬間
お互いの遠心力で
ふたつの星は永遠に離れ続けて
二度と巡り合うことはない。

プルケリマの僕と君は
多分きっともう
二度と巡り合うことはないんだろう
恋愛なのか、友情なのか、死別なのか
だけど、かけがえのない時間を共有した
その事実は
その思い出は
消えることはない。

最も敬愛する日本橋ヨヲコ先生の漫画は
過去作の主要な登場人物が今の作品で脇役として登場するんだけど
その世界感がとても好きで
LUNKHEADでもそれを描いてきた。
相変わらず煙草と僕と青い夜
は、影と煙草と僕と青
すれ違う親子 手を繋ぐ二人
は、月と手のひら

その後も、いろんな曲で登場することになる…

タイトルを考えてた時
やっぱり
ふたつのスピカから歌詞を書いたから
スピカがよかったんだけど
だがしかし、この宇宙にはすでに
スピッツ大先輩のスピカという偉大な曲が存在した。
スピカはマズい…
なんかいい感じの連星ないんか!!
と、みんなで調べたら
プルケリマ、が、見つかった。
ラテン語で
最も美しい物
という意味で
青の星と黄色の星の連星だそうだ。

プルケリマ
当時はあんまりしっくりきてなかった。実は。
けどもういつのまにか
すっかりプルケリマだね。
プルケリマ以外の何者でもないね。


中学の頃、数学の塾に通っていて
古閑君という友達といつも一緒に帰っていた。
めちゃくちゃ仲良しというほどでもないけど
普通に友達な古閑君
帰り道に通っていた小学校の横を通るんだけど
ある日校庭に忍び込んで二人で寝っ転がって空を見ていた。
ただ夜空をぼ〜っと見ていると
びっくりするほど流れ星が見えて
びっくりした。
歌詞を書きながら
あの日の夜空を思い出していた。

↑このページのトップへ