すみません
歌詞解説ブログすっかりサボり倒していました…
言い訳なんですけどね
実は本当に歌詞集を出そうと思って
ずっと空いた時間に歌詞を編集していたんですが
初期の曲は手元に歌詞がなかったり
あっても変わってたり
漢字が、今見返すと使い方として適当でなかったり
盤自体が手元になかったりで
いろいろ一からまとめるのが大変で
しかも膨大な量で
ひとつひとつ、ミスがないか
改行は?スペースは?とかやってたら
本当に果てしない…
歌詞集は基本的に、俺が作りたいだけなので
全部俺がやらないとなので
一応今全曲
美しい人から小さな反逆まで
まとめられた状態なんだけど
これ本当に売れんのか?と
作って大丈夫なのか?と
ちょっと心折れてます。
どっちにしてもツアー初日には間に合わないかも…

ってことでパラドクサル

これは、なんていうか
ヘンテコな曲を作りたくて
みんなでいかにヘンテコになるかを追求していって
頭のコードもヘンテコだし
壮のリフもめちゃくちゃナメきった感じだし
エンジニアの佐藤さんがこういう悪ノリが大好きだったので
めちゃくちゃ楽しんでくれて
レコーディングの時にみんなでワイワイ作っていったなあ。
リフの壮ギターをいかにヘボいナメきった音にするかをめちゃくちゃ研究したな。
ブラーのSong2みたいにしたくて
サビでドカーン!!とぶっ飛ぶ感じにするにはどうしよう?的な
どうしてもベースがリッチな音になっちゃう…
どうしたらベースがペラペラのアホみたいな音になるんだ…と悩んだ記憶。
本末転倒というか、ベースっていう低音担う楽器なんだから
それこそパラドックスじゃないかっていう。
パラドックスは矛盾って意味だけど
中原中也が詩の中でその矛盾を歌っていて
「パラドクサルな人生よ」
っていう一節があって
ただパラドックスってタイトルよりそっちの方がいいなと思って
パラドクサルになったのです。
多分「矛盾した」って感じの
パラドックスの形容詞的な
中也の造語だと思うんだけど。

2番のAメロの前半は俺の歌を1オクターブ上げたやつを重ねて
さらに重ねたやつが最後ヘタっていくっていう
素人ならとてもめんどくさい加工をしてくれて

そしてよく聴くとそのオクターブ上げたアホみたいな声で
パパパーパパパーパパパーパパパー
っていうコーラスがAメロ全体に入ってて
実はめちゃくちゃ凝ってます(佐藤さんが)

実はメロディも歌詞もすごく綺麗なんだよなあ。
やなせたかしさんの詩集
人間なんてさびしいね、の中で
人間の血がしょっぱいのは
海で生まれた生き物の名残で
その夕焼けの赤い海をかもめが飛んでいくみたいな
そんな詩があって
(現物をずいぶん前にちゃんぽんに貸してて手元にないから確認できない!)
それを思い出しながら歌詞を書いたんだけど

なので
実はこの曲のサビは生きることそのものを象徴してるのです。
夕焼けに染まる赤い海は俺らの体に流れる血液で
かもめは命の象徴で
しのごの悩んだり迷ったりせずに
自分とか他人とかどう思われてるとか
売れてるあいつが羨ましいだとか
そういうことに縛られずに
ただ、生きるためだけに生きられたらよかったなあ
っていうそういう意味を込めてるのです。

最後のアペアペは、なんていうか歌録りの時の完全なアドリブで
一発目でやったら佐藤さんが喜んじゃって
5テイクぐらい歌録ったのの全部でそれやって
まあ…使えそうだったら…って話ししてたら
ミックスの時に、全テイクを使っていたという。
意味はないです。
ちなみにこのアペアペはライブでは山下君が担当してました。
なぜか。

FORCEリリース後のカウントダウンジャパンで
年またぎのカウントダウンを任されたステージで
なぜかパラドクサルをやったな…
もっとやるべき曲あっただろうに…
あの時の、めちゃめちゃ野太い声で
アペー!!アペー!!と叫ぶ山下君を今も忘れられない。

あとこれ、アルバムだと夏の匂いの次なんだな。
それもカオスだなあ。

ALL TIME SUPER BEST発売!!
そして
ALL TIME SUPER TOUR
チケット一般発売開始!!
すべてが頓挫しかけていたこのベストとツアーも
みんなのおかげで
ようやっとここまで来れました…!!
ここからが始まり…!!

ほんと、すごいなあと思うんです。
くさのねフェスで声かけてくれた男の子達が(と言っても彼らもいいお年頃なのだろう)
10年ファンですけど、やめないでください!!
と言ってくれたり
9/1の最速即売会でも
ずっと応援してくれてる人もだし
途中離れてたけど戻ってきてくれた人や
決戦前夜から一家でファンになってくれた家族や
数ヶ月前から聴き始めたという男の子や
仲良い他のバンドのファンで、それがきっかけで聴くようになったという人や
いろんな人が来てくれて話してくれて
LUNKHEADってもう、俺らだけのものじゃないんだな。
ほんとに文字通り、俺らとファンとみんなでLUNKHEADなんだなと思うのです。

ほんとに何もなかった20年前からしたら
想像もつかん。

こんなにも重いものを持たしてくれて
人生に関わらせてくれて
みんなありがとう。
たまにしんどくなるけど
逃げたくもなるけど
みんなが俺らを俺らでいさせてくれてる。

リキッドも、本当に売り切れると思わなかったし
こないだのALL TIME SUPER BEST発売記念
ツイッタートレンド入り計画も
まあ、運が良ければ入るかもしれないな…ぐらいの気持ちで
でもリリース日だし
みんなでワイワイ盛り上げられればいいなと思っていたら
まさかの日本6位
世界でも28位
何より2時間足らずで6000以上のツイートをみんながしてくれて
本当に震えました。
ナメてました。
本気出すとすげえなLUNKHEADSは。

週刊少年ランクでも言ったけど
このツアー以降のことをまったく話してません。
これまでずっと、来年、再来年のことを話し続けてきたけど
(このベストとツアーのことも2018年に入った時から話してたのでツアーの後半はその当時は再来年の話だったわけです)
来年の春以降のことがまったく白紙の状態で。

話してないんじゃなくて、話せないんです。
ツアー後、俺らがどうなってるのかわからないから。

plusequalツアーの件のブログの時も
たくさんの人がめちゃくちゃ応援してくれたけど
中では通りすがりの人やファンや友達からでさえ
ダサい、甘ったれてる、事務所や車がなくても頑張ってるバンドはたくさんいる
事務所に守られてないで働け、身の丈にあった活動をしろ
いろいろ言われてて、全部ごもっともだけど
事務所や車がなきゃこないだの最速即売会みたいなことはできないし
今の規模のツアーもできないからいろんな街には行けなくなるし
だから、どっちかというと俺らが事務所を守るために結構必死で働いてきたと思うし
そういうものから全部離れて身の丈にあった活動をしようってなった時
メンバーだけでできることってとても限られてくるなあ、と。

なので、正直に言うとめちゃくちゃ不安です。

ただ
俺らには味方がいるんだ、ということを
綺麗事でもなんでもなく
現実や限界や諦めに飼い慣らされそうになってた俺らに
みんなが教えてくれて
なんだか
俺らなら、なんとかできんじゃないかって気持ちになってます。俺ら。
LUNKHEADとLUNKHEADSのみんな、俺らなら。

現実や限界や諦めが俺らを飼い慣らそうと襲ってきても
飢えた野良犬みたいな目で噛みついてやろうじゃないか。
君となら
僕らなら

ツアー、成功させたいです。
最後、3月12日、渋谷O-EAST
笑って次に始まりたいです。

LUNKHEAD
ALL TIME SUPER BEST
ALL TIME SUPER TOUR

よろしくお願いします!!
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0053.JPG


合田です!

本日9/4(水)、「ALL TIME SUPER BEST」発売日です!
よくやくこの日がっっ!
「plusequal」リリース以降、すごくいろんなことがあって、体ぐるぐる頭くるくるというような日々が続いていろーんなことを考えて動いて怒涛のような日々が続いて。
なんとか発売日を迎えることができました。
応援してくれるみんなのおかげで今日という日があります。
本当にありがとう!
「ALL TIME SUPER BEST」を小高が"おくりもの"という表現をしていたけどまさしくその通りで。
我々の力だけでは出せなかったし、20本に及ぶALL TIME SUPER TOURを切ることはできなかった。
決してほっとしているわけではないけれど、無事出せたということに関してはほっとしています。
もちろん、出すからには売れてほしい。
今回CDショップでの流通はなし。
今までずっと流通させてきたので(会場盤を除く)、不安なところは多分にある。
ベストアルバムって寄せ集めでは決してなくて、そのアーティストのすべてが収められたヒストリーのようなもの。
ファンのみんなには是非聴いてもらいたいし、今まで触れる機会がなかった人にこそ聴いてほしい18曲。
最高の「アルバム」です。
泣けちゃうくらい、いいから。
amazon,LUNKHEADオフィシャルストア、ライブ会場で買えます。
末永く愛されますように。
ツアーチケットも発売になりました。
全20本。
正直、楽しみと同時に怖さもあるんだけど、決めたからにはやり遂げる。
LUNKHEADの可能性を確認するツアーになる、かな。
まだいけんじゃん!って終わって思えるように、全力でやります!
チケット、売れてくれ!

〈2019年〉
10/12(土)TSUTAYA O-Crest
10/19(土)松本ALECX
10/22(火祝)仙台enn 2nd
11/3(日)新潟CLUB RIVERST
11/23(土)札幌COLONY
11/30(土)西川口Hearts
12/1(日)福島アウトライン
12/7(土)神戸VARIT.
12/8(日)京都MOJO
12/21(土)新横浜NEW SIDE BEACH!!
12/22(日)高崎club FLEEZ

〈2020年〉
1/12(日)千葉LOOK
1/18(土)静岡サナッシュ
1/25(土)水戸ライトハウス
2/8(土)福岡DRUM SON
2/9(日)新居浜ジャンドール
2/11(火祝)岡山CRAZYMAMA 2nd Room
2/15(土)大阪・梅田TRAD
2/16(日)名古屋ELL
3/12(木)TSUTAYA O-EAST
ランクヘッド LUNKHEAD | OFFICIAL WEBSITE
ランクヘッドlunkheadの公式サイト。リリース・LIVE・メディアなど最新情報を更新中。
lunkhead.jp
そして今日、LINE LIVEを21時からやります!
今日9/4の22時にTwitterトレンド入りを目指すっていう企画をやるんですが、それに向けて全国のファンのみんなと繋がっときたくてやることにしました。
22時前には終わるのでそこから各々準備してもらって、22時に

#LUNKHEAD

を入れてつぶやいてほしい。
リツイートはカウントされないようなので自身のアカウントでつぶやいてください。
急激なワード上昇があればトレンド入りするはずです。
正直、入るかどうかは運です。
そして何かが変わるっていう確証はない、が!なんかおもしろいよねっていう。
どうかみなさん、ご協力をお願いします!

とりあえず、後ほど、LINE LIVEで会いましょう!
20190901_200306.jpg


↑このページのトップへ