毎日どこかで歌っていたい。

できればお客さんと俺の目線がおんなじくらいのステージの高さで、一番後ろのお客さんの息遣いまで聞こえるくらい狭いところがいい。

みんなに360°囲まれるのもいい。

ドリンクメニューにはホットコーヒーがあるところがいい。

そんな場所がいい。

うたうために用意された場所じゃなくてもいい。

俺は歌うために生まれてきたと勘違いしてるから、どんな場所でもいい。

もっと言えばだれかが聴いていなくても、自分の部屋にひとりでもいい。 

CDのリリース方法や、ライブのツアーの組み方や、ミュージックビデオや、様々な施策に頭をたくさん使うことがDIYバンドたる所以だけれど、歌を歌うことに関してはいつも頭を空っぽで、心も必要なくて、体の反射神経だけでやってきた。

気づいたら今年で自分の曲を作り始めて、19年。来年は20周年だ。そりゃあ、こんだけやれば、だれに聞かれなくても、音楽がすばらしいことくらいわかるわな。

この文章を書いてる今。

外は雨が降り出しそうで、その風景を言葉にするなら、何百の例えが浮かぶ。

例えには何の意味もない。


金田康平

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7309.JPG

左は俳優の田中一平くん、真ん中はTHE TOKYOのアツシ。大切な仲間。

久しぶりのこの企画を

最近、昨日、食べたご飯を思い出せない

何を食べたかな〜〜????

と思ってしまう。。

ので今年はよりこの企画を復活させます。。

[バンド飯2018]

去年はたったの2回の紹介でしたので今年こそ!!

ってことで

2018年の初回に紹介したいごはん!

札幌の「布袋」

布袋

ザンギ
ザンギ
ザンギ

S__48250911.jpg


で有名なこのお店!とにかくボリュームもあるし、ごはんとこれが合います。

ザンギとは?唐揚げではない?まあいろいろありますが詳しくはこちら
http://www.hokkaidolikers.com/articles/3772

そうこの店の定番メニューは「ザンギ」なのですがこいつもいただきました!
これもまた良い。。

「マーボー麺」


札幌でしか食べられない「布袋」
今年も行きたい。。。


S__48250910.jpg





近年では未来化が進んでいて、カーナビに限らず洗濯機も冷蔵庫も喋る時代。

電源を入れると
「お洗濯、いつもお疲れ様ですっ」
なんて元気に言われるんです。

「お、おおう」

と最初はたじろいでいましたが、

「はいよ〜、そちらもお疲れ様」
こんなやりとりが最近はあったりなかったり。


かたや人間同士といえば、やれLINEやSkypeの普及で、文字に翻弄されているような気がしているのはぼくだけでしょうか。


職場で隣同士の人がチャットで会話なんてこともあるようです。

なんとも冷たい印象を受けますが、「言った言わない」を避けるにはデータに残すのが1番なんですよね。
いや、おっしゃる通りなんですがね。



もう、機械のほうが喋っているのではと思うくらいですねえ。






まあ、こうしてブログを書いている自分も例外なく翻弄されているのでしょう。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2316.JPG



写真は深夜のコンビニでの一枚。
乗ってる方は、良い大人になるはず。

富田

↑このページのトップへ