いつから読み始めたか覚えてませんが、ジャンプ読者であります。

ジャンプに限らず、マガジン、サンデーあたりもチラホラと読んではいますが




やはり単純に1番ワクワクするのはジャンプなのでございます。



ふと、思ったんです。






隣のページには違う世界の大冒険が詰まってると思うと、むちゃくちゃオモレーことなんではないかと。





HUNTER×HUNTERの世界観はブッとんでいますし。



冨樫さんも連載をトバしていますし。





毎週月曜日は憂鬱かもしれませんが、
やはりジャンプがあるだけですこし心はウキウキするものです。




_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2793.JPG


ジャンプは偉大だなあと思った次第です。




写真はとある友人カメラマンとの一枚。
撮られる側が撮ったんですが、なんか好きな写真。


富田





たまにTwitterやらブログやらで見かけますよね。


句読点の多い文章。





なんであんな事が起こるのかなあと考えていたんですが、

おそらく、自分の書いた文章をほぼ読み返さないんでしょうね。


読み返してみれば、読みづらいことはすぐわかる
はずですよね。



発信する際の責任感があまり無いような気もします。



自分のことを客観視する力って必要なんだなあと思いました。





ポジティブに捉えるならば、過去を振り返らない前だけ見ている人、ですかね。

それか、めっちゃ息継ぎする人か。



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2783.JPG


画像は、すこし、興味のある、展示。

行って、みたいですねえ。


富田








魚のエサの代表格といえば、ミミズですよね。





何故、魚は食いついてしまうのでしょうか。

本来ならば、海で泳いでいる魚と土の中で暮らすミミズは

生きているうちにお互い出会うわけがないのです。






これ、わりと人生の七不思議です。

余談ですが、ゴミ箱のビンとカン入り口分けてる問題も七不思議のひとつ。








話を戻して、

人に例えましょう。




好物によく挙げられるのはからあげでしょうか。

空をふわふわと飛んでたら

食いつきますかねえ、、?






や、けど気になって触りにはいくかもしれないですねえ。



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2757.JPG


写真は酷使しすぎたチューニングキー。

ショック!

富田

↑このページのトップへ